ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント、イサーク!ローン移籍先で大活躍!すでにロナルドを超えた!《ドイツの反応》

【Tオンライン】


ロナルドよりも良い!

BVBのタレント、ローン移籍先で大活躍!

isak4.jpg




ボルシア・ドルトムントでは長い間プレーできなかったが、現在のクラブでは凄くうまく行っている。それどころかこれまでのレジェンドを抜かしてしまったのだ。


ロナルドよりも優れている。そしてイブラヒモビッチよりも優れている。アレクサンダー・イサークはオランダリーグ後半戦の大スターだ。なぜならイサークはオランダのヴィレムⅡに移籍してから、12試合で12ゴールを記録しているのだ。


スポンサーリンク



そしてこの記録はロナルドがアイントホーフェン時代に記録した12試合で11ゴール、そしてイブラヒモビッチがアヤックスで記録した12試合で5ゴールを上回っている。


“テレグラフ”が報じたところによると、それどころかこの数字は1964/65年以来最高となるようだ。


“今すごくうまく行っている事は分かっています”とこのスウェーデン人は語っている。そして“メディアからの興味も大きくなりましたが、それは問題ありません。これからも次の試合に集中しています。”と続けている。


イサークは2017年の1月に860万ユーロでスウェーデンの一部AIKからドルトムントに移籍している。しかしドルトムントではブレイクすることが出来ず、オランダへと移籍していた。イサークのローンはこの夏で終了するためにドルトムントに戻る事になっている。しかし“サン”が報じたところによるとすでにチェルシーやレアル・マドリッドなども彼に興味を持ち始めたようだ・・・。






以上です。


12ゴール12アシストは凄いですね。ぜひとも来シーズンはドルトムントに戻ってきてほしいですね。彼にはチャンスを与えてほしい所ですが、ファヴレに使う気がなければそのまま他のクラブに移籍と言う事もありそうですね・・。




[ 2019/04/16 21:16 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(10)
とんでもなく凄いじゃないですか…
それともオランダリーグのレベルがそんなに低すぎるのか。
ブンデス4部でもゴールそんな取れてなかったですもんね。
堂安だってもうゴールもアシストもずっと出来てないですよ。
[ 2019/04/16 21:47 ] [ 編集 ]
ドルトムント全然追わなくなったなぁ
[ 2019/04/16 22:39 ] [ 編集 ]
ファブレが考えを変える気は無いと思います。
活躍しようがしまいが好みじゃ無い選手は眼中に無い。そんな悪癖が見え隠れしてます。
[ 2019/04/16 23:06 ] [ 編集 ]
ドルトムントではブレイクする事が出来ず、ではなくブレイクするチャンスを与えてもらえなかったですよね。
イサークはドルに戻りたいと思っているのでしょうか?監督が今のままなら戻る気にはならないのではないのかな。
[ 2019/04/16 23:34 ] [ 編集 ]
12得点4アシストですかね
ドルトムントのことだからそれなりの額で売れるのなら出すのでしょうね
[ 2019/04/17 02:34 ] [ 編集 ]
 元々可能性のあるプレーを見せていたのに、BVBはチャンスを与えなかった。主力のCFが怪我しても代わりがシュールレだったときは絶望したでしょうね。
[ 2019/04/17 08:38 ] [ 編集 ]
来シーズンこそ優勝したいなら戻すだろう普通だがあえて売るのがドルトムント
[ 2019/04/17 17:35 ] [ 編集 ]
ドルトムントはロイスより活躍する選手はいらないからね。
ロイスを輝かせるために必要な選手だけを集めてる。
[ 2019/04/19 06:27 ] [ 編集 ]
>ロイスを輝かせるために必要な選手だけを集めてる。

なるほど、そうでしたか。
今季ドルトムントの試合を見ても何か熱中できないまま逆に白けてしまうのは何故だろうと思ってたけど、自分が特にロイス好きってわけじゃないからかも。なのにロイスが活躍するかどうかしか見所もない。言い得ていて腑に落ちました。
[ 2019/04/19 22:45 ] [ 編集 ]
ロイスが別格でズバ抜けているから中心になるのは当たり前です。
[ 2019/04/20 22:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。