ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

元ドイツ代表マテウス!「バイエルンが唯一躓く可能性があるとしたらライプツィヒ戦!」《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

マテウス!

バイエルンが唯一躓く可能性があるのは?

mattaus.jpg



ローター・マテウスはブンデスリーガの終盤、バイエルンも、躓く可能性がある小石を取り除かなければならないとしている。


“シーズンの終わりもいよいよ近づいてきたが、ここ2試合の印象から言えば、バイエルンの方がより優勝に向かって集中しており、さらに自信もある。彼らはこれからのプレッシャーに対してもうまく付き合っていけるだろう。”とマテウスはスカイのコラムで語っている。

スポンサーリンク



彼によるとボルシア・ドルトムントは、“若く、経験が少ない”ようで、さらに“身体的にも疲れている。”とのことだ。彼はドルトムントについて“フィジカルでもメンタル面でも問題があるので考えすぎて難しくしてしまう可能性がある”と語っている。


しかしミュンヘンが躓く可能性もあるようだ。マテウスは、“バイエルンにはフライブルク戦の引き分けの後で、相手を過小評価する事もなくなったし、最後まで全力でプレーするだろう。もし仮にバイエルンが躓く可能性があるとすれば、それはライプツィヒ戦になるだろうね。ライプツィヒのチャンピオンズリーグ参加が決まれば、今度は大きなクラブを相手にも戦えることを示したいという気持ちで試合に臨むだろう。そしてバイエルンを倒しに来るだろうね。過去にも結構良いところまで行っていたよ。”と語っている。



それに加えてマテウスはバイエルンが最低でもサイドの選手をもう一人獲得すると見ている。“ティーモ・ヴェルナーがそこでプレーできるだろうね。それに彼が今パウルセンとプレーしているように2トップとしても行けるだろうね。ヴェルナーのバイエルン移籍は意味があるだろうね。”と語っている






以上です。

この前のドルトムント戦後にはドルトムントを批判していたマテウスですが、最近のプレーを見ればバイエルン優勝だと思うのも無理はないですね。


バイエルンは最後にライプツィヒとフランクフルトと対戦しますが、この2試合は決して簡単ではないですので、ポイントを落とす可能性は十分ありますね。



ドルトムントがそれまで持ちこたえてくれると良いのですが・・。



[ 2019/04/17 06:25 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(2)
ドルトムントはなんとも情けないことになってきたな。
勝ち点は1しか離れてないのに他力本願しか勝ち目ないみたいな話になってるな。
まぁこの時期に優勝争いの相手にボコボコにされたり、攻撃力は下から数えて3番目か4番目のクラブにいいようにボール追っかけさせられたりしてるんだからしょうがないか?
おエラいさんたちは反省してもらいたいですよ。
[ 2019/04/17 11:03 ] [ 編集 ]
みんな警戒してるみたいだが今のバイエルンにとってフランクフルトは脅威じゃないと思う、マテウスの言う通り脅威になるとしたらレッドブルだろうな
というか最近マテウスのコメントが的を射すぎてる気がするわ
[ 2019/04/17 17:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。