ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

神戸ポドルスキー!キャプテンではなくなる!新監督就任で!《ドイツの反応》

【Tオンライン】


ポドルスキー、ヴィッセル神戸のキャプテンではなくなる!新監督就任で!


poldi67.jpg



ルーカス・ポドルスキーは日本のクラブ、ヴィッセル神戸のキャプテンではなくなった。この元ドイツ代表が自身のツイッターで明かしている。


それと同じ日にスペイン人監督のフアン・マニュエル・リージョ監督が辞任となっている。その後任には日本人の吉田孝行が就任する。神戸はポドルスキーやヴィシャ、イニエスタ、そしてリージョ監督とスター達に巨額の資金を投入したが、今シーズンはこれまでがっかりする成績しか残せていない。現在神戸はリーグで10位に位置している。



スポンサーリンク



ポドルスキーによると、キャプテンを辞めることは“難しい決断だった”とのことだ。彼は自身のツイッターでそのように語っている。しかしそれでも彼はこれまでのようにチームを率いていくつもりのようだ。それは今後も変わらないようである。そしてファンのサポートに感謝している。


ポドルスキーは今年末まで神戸と契約している。しかしその後はすべてがオープンだ。彼自身はブンデスリーガでプレーするのにまだ十分な力があると考えているようである。しかし日本でさらにもう一年プレーする可能性もあるとされている。“もし条件が合えば、良いんじゃないかな。良いリーグだし、良いレベルでトレーニングしているよ。”とポドルスキーは語っている。




以上です。


どうしてポドルスキーがキャプテンを辞めることになったのかは分かりませんが、新監督就任という事ですから、新監督、もしくはクラブの意向でしょうね。ここら辺で新たに仕切り直ししたいという事でしょうか・・。ちょっと残念なニュースですね。



[ 2019/04/17 21:00 ] Jリーグ | TB(-) | CM(4)
あの3人の中じゃ一番活躍してんのポルディなのになぁ
[ 2019/04/18 01:41 ] [ 編集 ]
キャプテンは選手と監督の架け橋
監督と2人で話すことも多いでしょう
日本人監督との会話が十分にできないからキャプテンを交代したのでは?
[ 2019/04/18 09:16 ] [ 編集 ]
外国人助っ人があれだけ走らないじゃ周りきついだろうな
[ 2019/04/18 11:21 ] [ 編集 ]
 ポルディはチーム戦術の一部としては全く機能してないけど、チームが機能してないので結果的に強フィジカルのポルディ頼みになっていた。戦略的に考えるとポルディ中心のままでは進展はないので、変化をつけないといけないとクラブが判断したのでしょう。
[ 2019/04/18 12:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。