ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!アザールとすでに合意!!移籍交渉がまとまらなければ2020年にフリー獲得!《ドイツの反応》

【Sportbuzzer】

トルガン・アザール!BVBに移籍!遅くとも2020年までに!

hazar.jpg


キッカーが報じたところによると、グラートバッハはいずれにせよアザールをドルトムントに取られてしまうようだ。このサイドアタッカーはすでにBVB移籍で合意しているとみられており、交渉がまとまらなければ2020年にフリーで移籍するとのことである。



スポンサーリンク



すでに決まっている!トルガン・アザールはいずれにせよボルシア・ドルトムントに移籍するとのことだ。キッカーが木曜版でそれを報じている。それによるとアザールは遅くとも2020年までにはドルトムントに移籍するとの返事をしたとのことである。アザールのグラートバッハでの契約は2020年までとなっている。


しかしそれはどちらのクラブも望んでいない。BVBはプリシチの代わりを必要としているからだ。さらにグラートバッハもアザールの移籍金を確保したいところだ。


グラートバッハのスポーツディレクターは、アザールの移籍金を新たな選手に投資したいと語っている。スポーツディレクターは、“まずはクラブがオファーを出さなければならない。そして我々も誰が我々のクラブにやってくる可能性があるか待たなければならない。条件が整ったら話し合いをするだろう。”と語っている。


グラートバッハはアザールの移籍金として4000万ユーロを要求しているとされているが、アザールがフリーでの移籍でも合意したとされる今、ドルトムントがこれ以上の金額を払う事はまずないとみられている。キッカーが報じたところによると、この移籍金は“現実からかけ離れている”とのことだ。





以上です。


本人がフリーで移籍する事に合意したようですが、これはドルトムントにとっては交渉の良い材料になりますね。これでグラートバッハも移籍金を少し下げなければならなくなるでしょう。



[ 2019/04/18 21:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(8)
ラーメンに例えると、クロップが作ったモノがダメになってるのに、チャーシューやナルト買って来てどうするんだろう?まずはコトコトじっくりスープ煮込むことから始めないとダメなんでね?
[ 2019/04/18 21:46 ] [ 編集 ]
おや?
いつか契約が半年以上残ってる選手と密約交渉出来るようになったんだ?
[ 2019/04/18 23:28 ] [ 編集 ]
いくら約束したとは言え先のことはわかりませんね、フリーとなったらプレミアのもっと魅力的なチームからオファーが来るかもしれません
[ 2019/04/18 23:51 ] [ 編集 ]
流石に残り一年で4000万はぼり過ぎ
[ 2019/04/19 00:29 ] [ 編集 ]
ここ最近のドルトムントへの移籍は、ステップアップとは言えないのでは?トルガンアザールならプレミアなどのいいチームも狙ってるはず。ドルトムントでは勿体ないですね。
[ 2019/04/19 05:17 ] [ 編集 ]
移籍が実現しなかったとしても、こんな交渉やってるならゴレカツをシャルケからぶっこ抜いたバイエルンを批判出来ないな
こんなことが許されるならバイエルンOBがブンデスリーガの各所で笛を吹きまくるだろう
[ 2019/04/19 06:57 ] [ 編集 ]
プレミアでスタメン張れるか?というのは分からないですからね。
どのクラブのどの選手を押しのけられるか?を考えれば。

ドルトムントで正解でしょう。
[ 2019/04/20 22:40 ] [ 編集 ]
行く前からプレミアではポジションない、こんな風に考えてしまう選手とファンがいるのが今のブンデス
W杯やCLでの結果とリーグランキングにそれが反映されてますね
[ 2019/04/22 04:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。