ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ハノーファー原口!!「もちろん僕にも責任があります!」現在のチーム状況について語る!《ドイツの反応》

【Sportuzzer】

原口元気!ハノーファーのひどい状況について・・

“もちろん僕にも責任があります。”

haraguchi71.jpg


原口元気はプレーメーカーとして450万ユーロでヘルタからハノーファーに移籍した。しかしこの日本人がハノーファーで説得力のあるプレーを見せた事はほとんどない。Sportbuzzerのインタビューにおいて、この27歳は自己批判的な答えをしている。


ハノーファーは現在14ポイントで最下位ですね。さすがに移籍前はそれについては考えていなかったのではないでしょうか?



もちろんそのようには想像してはいませんでした。チームにも自分自身にも大きな期待をもってここに来ましたからね。今のチームがここにいるのは(最下位にいるのは)当然僕にも責任があると感じています。でもまだ終わりではありません。


会長のキントはチームが“失敗に終わった”、“チーム作りが悪い”と語っていますが、この批判はどれだけ的を射ているでしょうか?

スポンサーリンク



チームとしてはいくつかの試合では良くありませんでしたから、批判されるのはしょうがないですね。個人的にはその責任をだれか特定の選手に擦り付けることはしないですね。チームとして必要なパフォーマンスが発揮できませんでした。別な表現をすることはできないですね。


もちろんこのような批判を聞くのは好きではないですが、今はそれをモチベーションに変えたいと思っています。まだ5試合ありますし、まだできることはたくさんあります。まだ変わる可能性はあると思います。


降格の可能性は高いですが、どのぐらい希望を残していますか?


次の試合が決め手だと思います。次の試合で3ポイント獲得しなければすごく難しくなるでしょう。


今の状況もすでに十分難しいですが、希望があるとすれば?


これまでの5試合を振り返ってみれば、それほど多くの物が欠けていたわけではない事が分かります。そこからつなげていきたいですね。もちろん次の試合が決定的となります。ベルリン戦の後でどうなるか、今はそれについては言えませんね。


来シーズンはどうなりますか?2部リーガに行きますか?


将来どうなるかは、結果がどうであれ、今はまだ考えていません。たとえチャンスが低いとは言え、まだ何かを獲得するチャンスがあるのであれば、それに向かって全力を出したいです。将来についてはその後で考えます。



ハノーファーが90分に渡って良いプレーするためには何が足り何のでしょうか?



それはすべての選手に責任がありますね。躊躇せずに、最後までしっかりプレーしなければなりません。僕もそうしなければなりません。ヴォルフスブルク戦ではチャンスを決めることが出来ませんでした、チームの一員としてその責任は僕にあります。


不安や自信のなさからくるものでしょうか?それともクオリティーが欠けているのでしょうか?


多くの事が関係していると思います。自信に関して言えばそうかもしれないですね。0:0の時点ででは、チームはまだポイントを獲得できると自信を持っています。しかし失点してしまうと自信がなくなってしまうのは、チームメートの顔を見ていても分かりますね。だからまずは失点しない事に集中しなければならないかもしれません。仮に失点してしまっても、そこで折れてしまってはいけないですね。


あなたはヘルタで3年半プレーしました。ベルリンとのつながりは?



素晴らしいクラブで素晴らしい時間を過ごしました。僕にとってはたくさんの思い出と結びついた試合となるでしょう。監督は午前中のトレーニングで僕が何年ヘルタでプレーしていたのか質問しました。彼は僕を信頼しても良いかと聞いてくれましたが、ゴールする事を約束しました!





以上です。


ハノーファーは14ポイントとすごく苦労していますね。仮に次の試合から2連勝すれば、状況は一気に変わる可能性もあるので、まだ分かりませんね。原口選手の活躍に期待したいですね。








[ 2019/04/18 19:00 ] 細貝、原口 | TB(-) | CM(1)
残り全試合勝ったとしても勝ち点29しかないのは厳しいですね
シュツットガルトとニュルンベルク次第ですが入れ替え戦に行く16位に入ることすら厳しく見えてしまいます
今季の原口選手はサイドバックをやらされたりしていて中々結果が出せる環境にないですが、なんとか少ないチャンスをものにしてほしいですね
[ 2019/04/18 19:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。