ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント監督ファヴレ!CLでマンチェスター・シティが準決勝に進出したと思い込んでいた!《ドイツの反応》

【ビルト】

ファヴレ!グアルディオラが勝ち進んだと思っていた!

favre13.jpg


昨日の夜のマンチェスターでのアディショナルタイムの出来事はサッカーの歴史に残るものだった。しかし一人だけ、それを見ていなかった人物がいる!BVB監督のルシアン・ファヴレだ。



マンチェスター・シティは昨日の試合93分の段階で4:3とリードしていた。そしてその後スターリングが5:3となるゴールを決めたが、どうやらファヴレはこれで試合が決まったと思ってしまったらしい。このスイス人はテレビを消し、その後のドラマチックな68秒の出来事を見ることがなかったのだ。

スポンサーリンク



ファヴレ:“5:3になった時点でベッドに行ったんだよ。”


しかし試合ではその後トルコ人のシャキル監督が、ビデオ審判の介入により、このゴールを取り消したのだ。


その結果グアルディオラのチームではなくて、トッテナムが準決勝進出を決めている。この試合では3:4で敗れていたが、ファーストレグで1:0で勝利していたためだ。


ファヴレ:“ゴールが取り消されたのは知らなかった。今日の朝になってから知ったんだ。でも開始10分で2:2になる素晴らしい試合だったね。本当にエンターテイメント性のある試合だったよ。”




以上です。


アディショナルタイムでのビデオ判定は本当にドキドキしますよね。シティにしてみたら本当に残念でしょうが、トッテナムからしたらビデオ判定は非常にありがたいものでしょうね。


PSGも最後の最後でビデオ判定によりPKが与えられてマンチェスター・ユナイテッドに負けてしまいましたが、ビデオ判定というのも慣れてくればいろいろなドラマがあって面白いですね。

しかしファヴレは最後まで見なかったようですが、自分が監督している試合でも見切りをつけるのが早いのでしょうかね・・。

[ 2019/04/19 06:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(5)
今まで不当な判定で利益を感受してきた連中が居たってこと
しかしながらCLはVARが有るので正義は守られたが、ELはVARが無いので正義はなされなかった
[ 2019/04/19 06:55 ] [ 編集 ]
こんなプロ意識の低い人が、年何億もの報酬を受け取るのがスポーツ業界の理不尽なところ。ペップやクロップのような優秀な監督がいるのはたしかだけれど、一方でこういうたまたま勝って、負け始めると修正できないで、そのまま辞めるのを繰り返す人もいる。最近すっかり聞かれなくなったけど、ひと昔前に南米サッカーファンや関係者が合言葉にしていた「サッカーは選手がやるもの」と云うフレーズが頭の中に蘇ってくる。
[ 2019/04/19 18:19 ] [ 編集 ]
シティはまさに天国から地獄へ、という感じでしたね。

シティが勝つと思ったのですが、スパーズも持ってるなと思いました。

ドルトムントを負かした事を考えるとスパーズが勝ってくれたのはよかったです。
次はバルサでしたっけ?ちょっと相手が悪すぎる気がします。
[ 2019/04/20 16:05 ] [ 編集 ]
次はアヤックスですよ。決勝進む可能性高いですね。
[ 2019/04/20 22:28 ] [ 編集 ]
ポチェッティーノのサッカーは好きだが、今のスパーズは微妙だからアヤックスに勝ってほしいわ
[ 2019/04/22 04:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。