ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!ロイスの2アシスト1ゴールの活躍でフライブルクに勝利!《ドイツの反応》

【ビルト】

2アシスト1ゴール

ロイスのおかげ!ドルトムント、引き続き優勝を夢見る!

bvb.jpg


BVBは得意とするフライブルクを相手に4:0で勝利した。これによって再びバイエルンと1ポイント差となっている


スポンサーリンク



フライブルクは9年間もドルトムントに勝っていない。フライブルクのスタンドにはヨアヒム・レーヴも観戦に訪れていたが、それも助けとなる事はなかった。


ドルトムントは非常に効果的なプレーを見せたが、その中でも二人の選手が光っていた。


サンチョとロイスがドルトムントを勝利へ導いたのだ。


先週のマインツ戦に引き続き、この19歳は1:0となる重要なゴールを決めている。これはシーズン11ゴール目となったが、ティキ・タカゴールだった。


ゲッツェ、ゲレイロ、そしてロイスが素早くボールを交換し、ペナルティエリア内のサンチョを見つけたのだ。


ドルトムントは先制した後で、勢いを失い、さらにフライブルクが圧倒するも、後半56分にロイスがシーズン16ゴール目となるゴールを決めて、わずかな疑問を拭い去っている。その後79分にはゲッツェがゴールしているが、これもロイスのアシストだ。さらに途中出場のアルカセルが85分にハンドによるPKを決めている。



ロイスはスカイに対して、“早い時間に1:0としたことは重要だった。ちょっと不安定になっていたからね。もしかしたらちょっと点差がつきすぎたかもしれないね。これからも優勝を信じるよ。”





以上です。

わずか2試合活躍できなかっただけで、ロイス不調論が出始めたところですが、また活躍してくれて嬉しい限りです。残りも簡単な相手ではありませんが、なんとかバイエルンに食らいついて欲しいです。

[ 2019/04/22 05:16 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(3)
楽勝ゲーム。
フライバーグがロイスを簡単にフリーにしてくれて、それを的確に点にしてくれたロイスは流石だね。50分過ぎには失点も防いでくれたし。
あとはビュルキが点取られてもおかしくなかったところを2本セーブ。
ありがとうございました笑
とはいえ、ここからは胸突き八丁に入る。ダービーは意識過剰にならずにやれば問題ないけど、その後のブレーメンは超厄介。強敵。バイエルンと互角にやりあった。レッドもらわなければドローでもおかしくなかった。特にシャヒンをリベロみたいに使い始めて自分から崩れなくなったし、クルーゼのボールキープからボランチの飛び出しは要注意。立ち上がりからバイエルンの守備網の裏を簡単に取っていた。ドルトムントの右は今日もヴォルフとユリアンの専門外のコンビ。いわば絆創膏貼っただけだから対戦前までに十分対策してもらいたいです。ここを乗り切ってバイエルンにしっかりついていけば最終戦で長谷部たちがなんとかしてくれるかもな?
[ 2019/04/22 06:06 ] [ 編集 ]
ドイツ人選手がスタメン11人中10人のフライブルクが、11人中4人のドルトムントに勝てる訳が無いのだ
[ 2019/04/22 07:10 ] [ 編集 ]
 怪我明けは体が重かったかもしれないが、コンディションに問題のないロイスが不調というのは観た事がない。チームが機能していない時に力を発揮できない事があるだけ。今のBVBはロイスで成立している。ロイスが契約延長していなかったらどうなっていたか想像すると、悪夢だね。
[ 2019/04/22 13:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。