ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ベシクタシュ香川!最終トレーニングではリャイッチと同じ先発組で練習!《ドイツの反応》

【Fanatik】

ベシクタシュ香川!起用法が決まった!

kagawa4.jpg


ベシクタシュのセニョル・ギュネス監督は最終トレーニングで香川とリャイッチをスタメン組で練習させている。アドリアのとカネルが欠場するが、リャイッチをサイドで、そして香川をトップ下で起用するとみられている。

スポンサーリンク



ベシクタシュは次の試合でシヴァススポルと対戦するが、セニョル・ギュネス監督は最終テストで香川真司とアデム・リャイッチを同時に先発組で起用している。この二人の選手はシヴァススポル戦では同時に先発する可能性が高いとみられているが、最終テストでもそのテストをクリアしたようだ。なおアドリアーノとカネルはこの試合を欠場することになっている。


またスタメンのチャンスはギュヴェン・ヤルチンにもある。彼は最近調子を上げており、さらにトレーニングでも熱心にアピールしていた。


アドリアーノとカネルが不在の試合において、セニョル・ギュネス監督はリャイッチを左サイドで、さらに香川真司をトップ下で起用するとみられている。さらに左サイドバックではゲイリー・メデルがプレーする可能性が高いとみられている。それによってシヴァサスポールの右サイド、ドゥグラスに対処するとみられている。メデルはバシャクシェヒルとのダービーではエディン・ヴィスカに対応するために左サイドバックでプレーしていたが、その後中央に移っていた。





以上です。


香川選手とリャイッチが最終トレーニングで(たぶんミニゲームだと思いますが)で同じチームでプレーしたようですね。


今日こそは先発でのプレーに期待したいですね。それにしてもベシクタシュの試合は月曜日になる事が結構多いですね。月曜の試合には中々慣れないです・・。




[ 2019/04/22 19:20 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(9)
コンディション上げて数字上げる事を頑張ってほしいですね
[ 2019/04/22 20:13 ] [ 編集 ]
この二人が融合すると、リーグでは無双ですけどね。
[ 2019/04/22 20:16 ] [ 編集 ]
リャイッチと香川は同時起用しないはずじゃなかったんですかね?
まぁスタメン・途中出場でも移籍のために結果残して欲しいですね
[ 2019/04/22 20:38 ] [ 編集 ]
まぁ先発でも途中からでもいいけど、このクラブで一番シュートがうまいのは香川だよ。それなのになんでトップ下起用にこだわるのかね?
いっそのことセンターフォワードやらせればいいのに。点いらないのかな?
もったいないなー
[ 2019/04/22 21:04 ] [ 編集 ]
やっと同時起用するのか…楽しみだ
[ 2019/04/22 21:49 ] [ 編集 ]
んーどうだろうね
あの監督は頑固で考え変えないって感じだけど
[ 2019/04/22 22:29 ] [ 編集 ]
相変わらずリャイッチとの同時起用は反対ですね、前後半に分けたほうが香川個人のスコアが望めるのはこれまでの試合でも明らかだし
上の人の言うようにCF等の最前線で使ってもらいたいもんです
[ 2019/04/24 00:03 ] [ 編集 ]
同時起用は望まない方がいい
実際シヴァス戦でも香川は下がって組み立てやら守備やる時間が増える一方だったしな
旨味あるのは前に居られるリャイッチだけだよ
リーガチャレンジだろうがプレミアリベンジだろうがスコア増やさないと上位は無理だからね
[ 2019/04/24 23:38 ] [ 編集 ]
いつも香川って割を食うよね。。
従順だからなんだろうけどさ。
求められることをやってるのに、何も知らない周りからは違うことを要求されるうえに批判もされて本当に酷いと思う。
不当な批判には辟易。
[ 2019/04/25 18:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。