ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

香川先発ベシクタシュ!シヴァススポルに2:1で勝利!《ドイツの反応》

【リーガブラット】

ブラクの試合終了間際のゴールでベシクタシュが勝利!


kagawa80.jpg


ベシクタシュはリーガ第29節のシヴァス戦においてヴィダとブラク・ユルマズの信じられないフリーキックゴールで2:1で勝利している。


ベシクタシュのセニョル・ギュネス監督はバシャクシェヒル戦から一つのポジションだけ変更して試合に臨んでいる。カネル・エルキンに代わってメデルが左サイドバックでプレーし、それによって空いた中盤のポジションで香川真司がプレーしたのだ。

スポンサーリンク



現在3位のベシクタシュはシヴァスを相手に攻撃的に試合に臨んだ。しかし最初にチャンスを得たのはシヴァスだ。13分にはヴィダがシフィチの攻撃を最後の最後で防ぎ、さらに22分にはカリウスがこの左サイドバックのシュートをセーブしている。ベシクタシュがチャンスを得たのは25分になってからで、潰しやのアティバが相手の脅威となっている。しかしそれは相手キーパーに阻まれている。


その数分後にはベシクタシュが先制している。アティバトライから宙に浮いたボールにセンターバックのヴィダが素早く反応して、ゴールとなったのだ。しかしハーフタイムになる直前に相手フォワードのディアバテが素早いカウンターから同点ゴールを決めている。このマリ人は右サイドを駆け上がり、さらにキーパー、カリウスの前では冷静さを失わなかったのだ。


ブラクが夢のフリーキックを決める。


ギュネス監督は後半からメデルに代えて若いギュヴェンを投入し、より攻撃に力を入れる。しかしそれは机上の理論に過ぎなかった。フィールド上でのベシクタシュは試合終了間際までほとんどうまく行かなかったのだ。相手ゴールにむけてシュートが放たれることがほとんどなかったのだ。82分になってからようやくブラクがシュートを放たことが、この後半を良く表している。しかしそれと同時にこのシュートがベシクタシュに勝利が必要な事を思い出させる事となった。


その後ブラクがロナルドのように25メートルからフリーキックを直接決めている。これは月間最優秀ゴールだ!







以上です。

香川選手がリャイッチと共に先発しましたが、68分にヤルチンと交代していますね。それにしても87分のブラクのフリーキックは素晴らしかったですね。その得点シーンはこちらです。

それにしても月曜日だと忙しくてなかなか試合がみれないのが困りますね・・・。



[ 2019/04/23 06:00 ] 香川18/19 | TB(-) | CM(21)
FKは気合一発でねじ込んだという感じだったけど、ゲームはなんつかマッタリ進んでいたな。ゲームが点入ったとこ以外ぜんぜん動かなかったよ笑
だけど首位にいるイスタンブールとは5試合残して勝ち点差は6。イスタンブールはちょこっと調べた限りでいうと、総失点16のうちここ5試合で5失点なんだよね。これ堅守が崩れかけてることだからまだまだ分からんよね?ブンデスのようにたった6試合で勝ち点差9がひっくり返った例もあるから、ぜひ優勝目指してやってもらいたいですね。
[ 2019/04/23 07:35 ] [ 編集 ]
久々のスタメンに胸がときめきましたが、全く機能していませんでしたね。リャイッチがポジかぶってきてるってのもあるし、香川が消極的にも見えたし。。
香川はまだまだほんちょうしじゃないのかなぁ。
次もスタメンで使ってくれますように(祈)
[ 2019/04/23 07:46 ] [ 編集 ]
チームとしてなにひとつ改善されていない
スタメンだとバランスを作るのに無駄に苦労するだけだから、香川には途中出場からでも個人の結果だけに執着して欲しいですわもう
[ 2019/04/23 07:53 ] [ 編集 ]
正直レベルが低すぎてみるの苦痛二度と見ることはないな
香川は残るべきではない、こういうレベルのサッカーでいい選手じゃないだろ
[ 2019/04/23 10:39 ] [ 編集 ]
だいぶ調子が戻ってきたな、まあ踵がおもわしくない時も別格の巧さはあったが
けど来季の移籍に向けてアピールしたいならスコアがないのはまずい、もっと狙ってくれても良いんだけど、チーム勝たせるためには下がった位置にいないといけないジレンマ
[ 2019/04/23 19:19 ] [ 編集 ]
もしかして香川が出場した試合は今のところ無敗なのでは?
[ 2019/04/23 19:25 ] [ 編集 ]
冬にユルマズが加入してから負け無し。
エースの中のエースですね。
[ 2019/04/23 20:43 ] [ 編集 ]
たぶん香川への指示は、守備時は一番前からのファーストディフェンス、攻撃時(最終ラインからの)は一番後(センターバック前)からのビルドアップ。
だから交代時にはそこ迄で一番の走行距離。
香川は本来バイタルエリアでの狭い所での仕事が持ち味だけど、クアレスマ離脱してから連帯出来る選手がリャイッチだけ、それも合う時とそうでない時が有るから、バイタルで受けることも少ないし、サポートも無い。それで今は、後からのロングパスでのカウンター、起点としてのパスを期待されてる感じ。
それは確実に出来ていたし、悪くは無かったけど、本人はもっと前でやりたいだろうな…。
まぁ、勝てた事は大きい。優勝の期待も出てきた。個人的にはドルトムント優勝とベシクタシュ優勝の可能性は同じ位だと思ってる。ドルトムントが有利だけど、バイエルンは負けない気がするし、イスタンブールBBは負けそうだからね。ガラタサライに勝てばかなり可能性上がるよ。
[ 2019/04/23 22:50 ] [ 編集 ]
かなりの時間帯、ボランチでCBのビルドアップ助けてましたね。あれじゃ、なかなか得点には絡めないよ。でも、香川が下がらないと組み立てられないし、やっぱ足元の技術が全体的に低い。崩そうとする意志もなさそう。
[ 2019/04/23 23:13 ] [ 編集 ]
ユルマズだけじゃなく香川もね冬に移籍してきたのは
エース中のエースって 笑
今どこぞで流行っているんでしょうか?
香川さんは怪我しっかり治して欲しいな。今は結果欲しいだろうけども騙し騙しやってもずっとトルコでいいなら別だけど
そうではないでしょ
[ 2019/04/24 00:10 ] [ 編集 ]
ユルマズ加入後は無敗の方がしっくりきますね
[ 2019/04/24 08:27 ] [ 編集 ]
ユルマズや香川が加入してから負けなしと言われてるが、この2人が交代、出停、怪我等でいなくても負けはない。ギュネシュが言っていた様に、この2人の加入により他の選手が練習に真剣に取り組む様になり、チーム全員の士気が高まったことが大きいと思う。後半戦に入りリャイッチ、ヤルチンら選手の状態が上向きになり、チームとして前半戦より連動性・効率性が上がったことも好調の要因。
[ 2019/04/24 09:09 ] [ 編集 ]
ユルマズは本当に凄いですね。
11試合9ゴール1アシスト。
冬加入のまぎれもない救世主です。
彼がいなかったら、かなり勝ち点を落としていますよね。
[ 2019/04/25 07:35 ] [ 編集 ]
で、香川いる試合いない試合でユルマズのスコア差はどんなもんな?
なんか必死にユルマズ上げ香川下げしようとしてるのがいるみたいだけど
マンユの時と同じでビルドアップのタスク軽視しすぎなんじゃない?
香川一人にだけ厳しかったり軽視したりする人って過剰な期待をし過ぎだよ
[ 2019/04/25 16:30 ] [ 編集 ]
いつものことながらシンジ関連だと必ずゴールアシストしか重視しないのが湧きますな、他の役割を蔑ろにするファンが多いってのはサッカー後進国って感じ。
あと欠場と交代は別物、欠場なら試合への影響はゼロだが途中交代や途中出場なら影響力があったってことなんだから。
そして後半戦2人の片方でも欠場していたのは2試合くらいだったはず、つまり前半戦より明らかに勝率が上がった今の善因は冬加入の選手でしょ。
[ 2019/04/25 16:50 ] [ 編集 ]
元々ベシクタシュはコンパクトに守るシヴァススポルは苦手でアウェイの環境(高地、芝等)に弱い。ホームでも前半戦は負けており、この試合は寒さで選手の動きが悪い上、3月の代表後から戦術練習をし始めた可変3-4-3を起用。中盤でリャイッチ、ドークハンと香川が流動的に動きサイドへ展開し、レンスとギョニュルがクロスを入れるというプランだったと思う。あまり機能しなかった為15分で4-2-3-1に戻したが、前半戦の対戦時と同様に、パスの出処のCBとボランチ(この試合はミリンとアティバ)を封じる対策をされており予想通りの苦戦。左SBのメデルの守備が不安定で途中でリャイッチを右、レンスを左にしたりしたが上手く行かず、後半ネジプが入り香川やリャイッチから前線やサイドにパスが通る様になった。しかし相手が慣れると交代をしても効果がないのは前半戦と同じ。
組み立てについてはオジャクプ以外のボランチが不得手な為、リャイッチやオジャクプもトップ下で香川と同様に組み立てに降りてる。ギュネシュも認めておりそうでない時は指示を出す。リャイッチと香川については被ることもあったが、連携から幾つかチャンスも生まれ前より合う様になった。香川は後半の入りに左鼠蹊部を触ってたので交代は決まっていたと思う。回復途上の負傷持ちの選手にはあの寒さはきつかった。ギョニュルは古傷の痛みが出、メデルは前節痛めた右足首の靭帯を損傷した。
[ 2019/04/25 18:16 ] [ 編集 ]
香川3G2A1SP辺り77分
ユルマズ11G1A1SP辺り84分
たしかにゴール数は凄いがどちらが救世主でチームを勝たせてるか?となるとなあ
[ 2019/04/29 12:54 ] [ 編集 ]
むしろ数字以外の面が微妙なんだけどな
[ 2019/04/30 18:02 ] [ 編集 ]
>ユルマズや香川が加入してから負けなしと言われてるが、この2人が交代、出停、怪我等でいなくても負けはない。
>ギュネシュが言っていた様に、この2人の加入により他の選手が練習に真剣に取り組む様になり、

後者で前者を否定してる矛盾文、結局のところ冬加入の二人が個人結果も出すし組織機能要素になってチーム救ってるって事だよね?
あ、カガワのことはスコア残しても認めたくない人が居るみたいだけどさ
[ 2019/05/02 11:34 ] [ 編集 ]
スコアの確立で上なのがわかると、どちらが勝たせてるか~とかもうどんな理由をつけてでも認めたくないのがわかるよね
どんなプレー、スコア残しても文句つけたいんでしょ

どちらがじゃなくて、両方が救世主
得失点差も絡んでくるから得点は多いに越したことはないよ
スポーツ面以外でも、香川はユニやグッズ売り上げでチームに貢献してるしね
香川がユニ売り上げ1位らしい
[ 2019/05/05 15:05 ] [ 編集 ]
>結局のところ冬加入の二人が個人結果も出すし組織機能要素になってチーム救ってるって事だよね?

その通り。『ユルマズや香川が加入してから負けなしと言われてるが、この2人が交代、出停、怪我等でいなくても負けはない。』はユルマズや香川の功績を否定しているのではなく、単純にユルマズまたは香川がいなくても後半戦で負けはないという事実を書いた。運も脆さもあるが、この2人の加入によりチーム全体の士気が高まったことが大きいと思う。
[ 2019/05/05 15:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。