ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!アジアツアー中止で今年もアメリカツアーへ!リヴァプールとも対戦!《ドイツの反応》

【Sportbuzzer】

ボルシア・ドルトムント!元監督クロップのリヴァプールとも対戦!

bvb3.jpg


ボルシア・ドルトムントは今年の夏再びアメリカでキャンプを行う。そこでこのドイツのクラブは元監督、ユルゲン・クロップが率いるリヴァプールと対戦する。


ボルシア・ドルトムントは2019/2020シーズンに向けて再びアメリカツアーを行う。現在リーガ2位のドルトムントは火曜日に7月の15日から20日までのアメリカツアーを発表し、さらに二つのクラブと対戦することを明かしている。7月17日はシアトルで2016年のアメリカチャンピオン、シアトル・サンダーズと対戦し、さらにその二日後に、元BVBのユルゲン・クロップが率いるリヴァプールと対戦する。


スポンサーリンク



ドルトムントはドイツ時間の2時にノートルダム・スタジアム(7万7千人収容)でリヴァプールと対戦するが、ユルゲン・クロップは“仮に二つのチームが優勝チームとして対戦することになったら素晴らしいだろうね。”と語っている。





ドルトムントは本来この夏はアジアツアーを計画していた。“今回長年の友人であるリヴァプールやアメリカのトップクラブと魅力的な場所で対戦することができる事になり、それによって考えを変える事となった。”とBVBのカールステン・クラマーは語る。



ボルシア・ドルトムントはすでに昨年もアメリカツアーを行い、そこでもリヴァプールと対戦していた。“いずれにせよ、2年続けて市場開拓をするのが我々の哲学でもある。ファンや現地スポンサーとの友好関係を深めるためにもね。”とクラマーは語っている。






以上です。

今年は日本にもやってくると噂になっていたが、どうやらまたアメリカに決まったようですね。最近はブンデスリーガでプレーしている日本人選手もめっきり減りましたし、関心も下がってきていますから、逆に日本に来てこれまで掴んだファンをしっかりつなぎ留めて欲しかったところですが・・・。



[ 2019/04/24 17:24 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(20)
もうスターはロイスしかいないしサンチョは引き抜きの噂絶えないし
[ 2019/04/24 17:40 ] [ 編集 ]
考えを変えたとかもうプライドが凄すぎて笑えますね
ヴァイデンフェラーもアジアツアーに向け来日もしてましたが
結局香川がいなくなって、いつものようにJリーグのクラブと対戦しても客が入らないからでしょう
リバプールなら日本人選手いなくてもかなり客入りがあると思いますが
伝統が違いすぎる!
そのリバプールと対戦できるのは素晴らしいですね
[ 2019/04/24 17:45 ] [ 編集 ]
アジアで人気の香川がいないから当然
いるいないじゃ集客も全然違うし
ドルのアジアでの人気落ちていくんだろうね
でもアメリカで人気になるように頑張ればいいと思うよ
[ 2019/04/24 17:49 ] [ 編集 ]
今年はバルサやチェルシーが日本に来るので止めたのでしょう。
バイエルンは中国に来るんですかね?
[ 2019/04/24 18:44 ] [ 編集 ]
香川居なくなったし、香川の扱いに怒っている日本人は多いから…来てもね…どうかなと、思ってました。
私も、川崎に来た時は凄く嬉しくて見に行きましたけど。浦和の時は迷ったけど怪我してたし、遠いので行かなかった。
もしも、近くに来ても今回は行かなかったと思う。アメリカ正解!さようならドルトムント。
ベシクタシュなら、香川居なくても近くなら行くと思う。それ位ドルトムントは遠い気持ち…
[ 2019/04/24 18:52 ] [ 編集 ]
香川いなくなったから来たって集客できんでしょ。スターももうロイスくらいしか残ってないしな。それにバルサ来るから客はあっちに取られるよ。メッシ対イニエスタだもんね。
それよりアメリカ行ってクロップとやった方が現実的。リバプールはアメリカでも有名だからあそこにひっついて行った方がいいよ。勝てば名前売れるしな。
日本には来年か再来年に来る計画があるそうだけど、まぁどうなることやらね。香川を戻すのならそれもアリかな?
[ 2019/04/24 18:53 ] [ 編集 ]
ファブレもいろんな意味で日本には来にくいし仕方ない
[ 2019/04/24 19:07 ] [ 編集 ]
今年の夏の日本に来日するクラブが多いですからね。
バルサ、チェルシー、シティーと来日決定してるので、香川がいないのであればドルトムントはクラブとしても目立たないと思います。

プリシッチがいないのが残念ですがリバプールとセットにしてアメリカ行きの方が賢明ですね。
[ 2019/04/24 20:38 ] [ 編集 ]
香川の今の状況考えたら当然ですね。個人的にどこかでほっとしています。今さら香川を出しにして欲しくはないし、
アメリカで正解じゃないでしょうか?メンバーも変わってしまっていますしね。
[ 2019/04/24 20:44 ] [ 編集 ]
日本に来ても 香川選手に対する酷い扱いを知る日本人は、監督がファブレのままでは、どうでもいいツアーになりそうですしね。
自分もまったく行く気になりません。
[ 2019/04/24 21:49 ] [ 編集 ]
川崎は行きました。
楽しかったですよ、本当に。
でも今回は来ていたら黄色いユニ着た観客は100人も居ないんじゃないでしょうか。
香川を綺麗にセビージャに出してくれてれば。
もしくは、功労者に対するリスペクトを少しでも持っていて完全に干したり練習参加させなかったりしなければ違ってたかもしれないですね。
怒りを通り越してる日本人サッカーファンはかなり多いと思います。
アメリカで正解、さよならドルトムント。
[ 2019/04/25 07:45 ] [ 編集 ]
まあ今年日本に来ても観客動員は期待できないだろうし。リバプールは
7/19ドルトムント
7/21セビージャ
7/24スポルティング
と試合ですか。ドルトムントの来年以降のアジアツアーは中国とかタイに行くのかな?
[ 2019/04/25 08:28 ] [ 編集 ]
正直もう日本での人気は期待できないでしょう。熱心なファンでなければロイスでも知名度はギリギリじゃ無いでしょうか?ましてやその熱心なファンも香川いなくては離れたでしょうし 。
[ 2019/04/25 11:13 ] [ 編集 ]
リヴァプールと試合してもリヴァプールのファンが増えるだけでしょうけどね。
あくまで周囲の話になりますがサッカーに興味ある友人達はロイスのことも名前くらいしか知らない人が多い&ドルトムントほぼ見ない。しかしそれでも香川が干されたり会議に参加させてもらえなかったクラブだという認識は持ってる。一般の日本人はそんなもんじゃないのかな。
で、それによって香川の価値は落とされたわけだから香川ファンの中にはアンチドルトムントになった人も多いだろうしね。
つまり今季は、関心ない層の上にアンチ層が上積みされただけでしょう。アジアは忘れない民族だから人気を上げるのはもう無理。
[ 2019/04/25 12:42 ] [ 編集 ]
CEOが行き先をアメリカに変更した理由をそれっぽい理由をつけてますが
現地のドルトムントサポは「シンジがいないから」って普通にわかってるでしょ
[ 2019/04/25 14:43 ] [ 編集 ]
香川の飼い殺しで印象悪いぜ
[ 2019/04/26 01:14 ] [ 編集 ]
日本市場は香川と一緒に捨てたのかもな、そこら辺はドルってシビアだよな
[ 2019/04/26 10:50 ] [ 編集 ]
サッカーファンはロイスを知っているけど、それ以外は知らないでしょう。
香川なしでサポーターが集まるとは思えません。集客も厳しい。スポーツも興業とアッピールの側面があります。

実際のところはわからないけれど、香川を干したクラブ、嫌がらせのようなことをしたかもしれないクラブ、と言うようなイメージがサッカーファンにある以上、笑顔で迎えることができないかもしれない。
もう落ち着きましたが、少し前は怒り心頭だった自分自身を思い出します。
ドルの決断は間違っていません。その背景には、ドルもある程度自覚があるのでしょう。
[ 2019/04/27 09:52 ] [ 編集 ]
日本向けは香川ガン干しして道を閉ざすし、米国市場もプリシッチ売ったから閉店セール前じゃないの
攻撃的で魅力的なサッカーでも無いし、どんな層を取り込めると思ってるんだ
[ 2019/04/28 17:46 ] [ 編集 ]
香川って数年連続で世界ユニ売上トップ20に入る人気だし
日本人気云々より中国含めたアジア市場的に痛い
ドルトムントはスポーツ面だけじゃなく経済面でも大きな損失したね
[ 2019/04/29 12:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。