ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

【ポカール準決勝】ブレーメン大迫!バイエルン相手にゴールを決めるも2:3で敗れる!《ドイツの反応》

【ビルト】

クルーゼ!バイエルンのPKに激怒!

“ほんとうにくだらない!”

pokal.jpg


バイエルンが23度目のポカール決勝進出を決めた!

ブレーメンとのポカール準決勝では疑惑のPKが試合を決めることとなったのだ。




スポンサーリンク




ヴェルダーのキャプテン、マックス・クルーゼは3:2の試合後、本当にまいっていた。このストライカーは、ARD放送において、“本当に馬鹿げているね。これがPKなんてね。ほんの少し接触があっただけだよ。なんてこった。”と語っている。


事が起こったのは78分の事だった。ブレーメンのゼラシーがバイエルンのコマンをすこしだけ押したのだ。ほんの一押しだったが、大きな影響を与えている。なぜなら審判がPKの判決を下したからだ。ビルト日曜版の審判、キンヘーファーは“PKには少なすぎるよ。審判がこのPKを取らなかったら、ビデオ審判もそのまま介入しなかっただろうね。”と語っている。


しかしレヴァンドフスキーにとってはどうでも良いことだ。彼はPKを決めて3:2で決勝進出だ。



クルーゼは騙されたの感じているかという質問に対して、“騙されたとかそういう問題ではない。今はビデオ審判がいる。ビデオ審判がこういうのを見極められないのであれば、今後必要ないよ。”と答えている。


バイエルンの監督はこの件に関して、“後ろから押されているのは確かだね。これがPKに値するかどうかについては、僕にはわからないね。”と答えている。



ウリ・ヘーネスはこれとは違った意見だ。“PKは100%正当なものだ。議論の余地もないよ。キングスリーとも話をしたけれど、彼が抜かした後で、肘があたったと話している。”とヘーネスは語った。




さらに試合終了後にはボアテンとクルーゼの間でもひと騒動あった。クルーゼは“彼はバイエルンが明らかに優れており、本来であれば前半で4点は取らなければならなかったと思っているみたいだね。僕に対してそんなことを言う暇があるんだったら、ファンとお祝いするべきだね。”と語っている。


ポカールの流れはこうだ。


▶36分:ボアテンが素晴らしいロングボールをミュラーに送る。ミュラーが放ったヘディングはポストに当たり、それをレヴァンドフスキーが決めている。これでこのポーランド人にとってはポカール4ゴール目となっている。


これはボアテンにとっては良い宣伝だ。ビルトの情報によると、ボアテンはイタリア、スペイン、フランスのトップクラブへの移籍を考えているようだ。“Tuttosport”が報じたところによると、ユベントスが本格的に獲得に乗り出すとされている。



▶63分:途中から出場したゴレツカがPエリア内のミュラーにパスを送る。それをミュラーが決めて2:0だ。


しかしその後喜んだのはブレーメンだ。


▶74分:ラシカのパスからPエリア内でフリーとなった大迫が決めて1:2だ!


▶75分:ラシカがギアを上げると一人でスプリントし、そのままゴール左に決めて2:2だ。


しかしその後ジーベルト審判がヴェルダーの夢を打ち砕いだ!







以上です。



大迫選手がバイエルンを相手に反撃のゴールを決めましたが、最後は疑惑の判定でバイエルンに敗れてしまい残念です。


管理人は昨日病院に行ったんですが、そこのドクターにいきなり“ユウヤ・オオサコって知ってるか?”と聞かれました。どうやらブレーメンファンだったようで、ポカールでブレーメン応援してねって言われました。


この間のリーガ戦では一人退場していなければ引き分けには持ち込められそうだったので、今日に期待していたんですが・・。


それでも今シーズンのブレーメンは明らかにここ数年前よりも良くなっていますので、まあそれをポジティブにとらえたいと思います。



それから管理人は明日から日本で休暇をとる事にしましたので、しばらく更新をお休みすると思います。よりによってリーガ終盤の重要な試合を全部見逃すことになりそうですが・・、飛行機を予約した時はそんなことは全く考えていませんでした・・。今は早くおいしい魚を食べたいです。




[ 2019/04/25 06:52 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(11)
ブレーメンは今日も1人少ないゲームしたな。バイエルンは途中12人でやってたよ。いいゲームしてただけにあのジャッジはないよな。コマンは普通ならシュミレーションでカード出さないとおかしい。腕が触れてただけ。
それにしてもブレーメンはバイエルン相手に立て続けにいいゲームした。負けたけど、守っても、打ち合っても互角にやりあった。チーム力がついたな。
今日はシャヒンを引っ込めて最初から打ち合い覚悟のスタメンで前半はダメかな?と思ったけど後半はペース取り返してあわやだった。点の取り方が最高。サイド崩して大迫フリーにしたし、ラシカはドリブル突破でねじ込んだ。
素晴らしい。
今シーズンはフランクフルトがヨーロッパでブレイクしてるけど来季はブレーメンがそうなってもらいたいです。
[ 2019/04/25 07:47 ] [ 編集 ]
お疲れさまでした
香川がいなくてもブンデスの情報は気になるものです。その時は、いつもお世話になるのはこのコーナーで有り難いです。トルコ情報も頻繁に掲載していただき、重要な情報源となっています。日本で美味しいもの一杯食べて鋭気を養ってください。
[ 2019/04/25 07:50 ] [ 編集 ]
管理人さん、具合が悪いんですか?大丈夫でしょうか?日本で 美味しいもの食べて ゆっくり休養されてください。また更新 楽しみにしています。
[ 2019/04/25 08:14 ] [ 編集 ]
日本に居る間だけスカパーに加入するのはいかが?
[ 2019/04/25 08:27 ] [ 編集 ]
バイエルンの嘘くさいPK久々にみたよね
残念。。
[ 2019/04/25 09:03 ] [ 編集 ]
管理人さんおかえりなさい。いつも翻訳をありがとう。

ブログの事は忘れてもいいので、日本で美味しいもの食べてゆっくり休養してください
[ 2019/04/25 12:32 ] [ 編集 ]
ブレーメンが強くなったというよりバイエルンが弱くなった気がする
ここまでスカッド差があるのにこのザマ、正直言ってブンデスの先行きは真っ暗
[ 2019/04/25 16:19 ] [ 編集 ]
あのPK妥当じゃないでしょうか…
解説、実況の方もそろって倒してると言ってました。マスコミもそこまで騒いでませんね。
[ 2019/04/25 18:04 ] [ 編集 ]
そうなんですか。お大事にして、また元気になって戻ってきてください。

しかし、大迫とラシカが立て続けに決めた時は、希望を持ちましたが、本当に
勿体ないPKでしたね。
[ 2019/04/25 22:52 ] [ 編集 ]
大迫ここで勝てていれば立役者の一人だったんですがなかなかそうはいかないですね
やはりビッグクラブと戦うときは審判も敵になることがなかなか大変ですね
スペインとかだともっと顕著ですが

普段からブログ更新お疲れ様です
休暇中は是非おいしい魚を食べて有意義な時間を過ごしてください
[ 2019/04/26 13:07 ] [ 編集 ]
お帰りー
旨い魚を満喫するのだー
[ 2019/04/26 21:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。