ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!デュッセルドルフに勝利し優勝に望みをつなぐ!《ドイツの反応》

【ビルト】


ドルトムント!ディレイニーのおかげで優勝に望みをつなぐ!


BO.jpg


ドルトムントはあまりぱっとしないパフォーマンスにも関わらず、デュッセルドルフに3:2で勝利した。その結果最終戦を残した時点でバイエルンに2ポイント差と迫っている。


ディレイニーがドルトムントに希望を与えてくれた!


53分:ディレイニーが放ったシュートは一度はブロックされたものの、2度目のトライがゴール左下に決まって2:1だ。


スポンサーリンク



さらにディレイニーは41分の1:0となるゴールもアシストしている。ゲレイロがフリーのディレイニーにクロスを送ると、ディレイニーがヘディングでプリシチにボールをつなぐ。そしてそれをプリシチが決めている。プリシチのお別れとなるゴールだ。プリシチは試合前に南ブロック前で正式にお別れをしている。


そしてアディショナルタイムにゲッツェがゴールを決めて勝利を確実なものとしている。


しかしドルトムントはもう少しで自爆してしまうところだった。先週と同様にキーパーが再びミスをしたのだ。



47分:ゲッツェのパスミスからフォルトゥーナがカウンターを仕掛ける。そしてシュットナーのクロスからフィンクが何という事もないヘディングシュートを放つ。しかしビュルキの代わりに出場したヒッツがそのボールを取りこぼし、ボールは足の間を転がって1:1とされてしまう。

そしてその2分後に、またしてもヒッツのミスだ。

57分:このスイス人はルケバキオにファールをしPKを与えてしまう。しかしルケバキオはこのPKをゴール右に外してしまった。


ロイスが出場停止となっていたドルトムントは、特に前半、まるで優勝したくはないかのようなプレーを見せていた。それにはファヴレもまるで為す術がなかった。タイトルを獲得したいとはまるで感じられない!フォルトゥーナのファンたちは、“お前たちはそれで優勝したいのか?”とコールし、ドルトムントはボールをロストすると、自分たちのファンからもブーイングを浴びる事となってしまったのだ。


82分にはフォルトゥーナのキャプテン、ボジェクがサンチョをスライディングし、退場となった。しかしそれでも明らかにフォルトゥーナが優勢だ!


93分にはゲッツェが3:1となるゴールを決めるものの、95分にはコヴナツキに1点を返されてしまう。フォルトゥーナは一人少ないものの、ドルトムントが優勝するチャンスを奪うかに見えたのだ。しかしドルトムントはどうにかしてこの点差を守り、優勝に望みをつないだのだ!



ドルトムントのおかげで、ブンデスリーガでは最終節に優勝が決まる事になった。これは2009年以来のことだ。





以上です。

2ポイント差ですから、ドルトムントが優勝する可能性は極めて低いですが、それでもよく最終節まで持ってくれました。久しぶりに面白い優勝争いとなりましたね。それぞれの対戦相手であるフランクフルトとグラートバッハにもチャンピオンズリーグ入りの可能性が残されていますからそちらも目が離せません。いずれにせよバイエルン、ドルトムントにとっては簡単な相手ではありませんから、来週は目を離せませんね。管理人も来週にはドイツに戻るので、最終戦はライブで見ることができそうです。



[ 2019/05/12 11:26 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(6)
今季はやはりバイエルンも取りこぼしますね。
フランクフルトとバイエルンはCL出場圏とリーグ優勝が絡みあった注目の一戦、ここまで面白くなるとは思いませんでした。
[ 2019/05/12 11:47 ] [ 編集 ]
フランクフルトに望みを託したいけど、あそこは四月の半ばに中2日で4ゲームつのをやって明らかに調子崩してるからな。流動性が売りなのに足が止まっちゃったしね。クラブ的には意地でも4位になりたいんでしょうけど。これはメングラもかわらんでしょ。来季のCLは勝ちが絶対条件なんだから。
試合は良くも悪くもゲッツェだった。
優勝したいのはこいつだけに見えた。点取られたとこも取ったとこもほとんど孤軍奮闘だった。後のプレーヤーたちの大半はやる気があんのかないのかわからなかったし、誰とは言わんけど足引っ張ってるのもいた。チームもこの前のゲームの後半から自陣に引いてやって、今日もカウンターしか狙ってない相手にたびたび押し込まれて2失点。ルケバキオには遊ばれてたよ。勝ったのもたまたま13番がレッドもらって慌てたから勝てたんだし。
まだ優勝の可能性残してるとはいえこれでは勝たんほうがいいかもな。これでヘタに勝つと、今度は勘違いが出てくるよ。長い目で見るとこれはまったくよろしくないです。数字を追っかけてるぶんには楽しいけど中身はメタメタなんだよね、、、
[ 2019/05/12 13:51 ] [ 編集 ]
SB不足になってロイスが消えたら、SBにゲレイロ、両翼にプリシッチ、サンチョってのが実現して笑う
PK取られたシーンはヒッツはブロックするしかなかっし、相手はキーパー居るのに飛んできてるからPK判定はちょっと厳し過ぎる気がする
ヒッツの不思議な踊りと相手が下手なPKで外してくれたから爆笑だったけど
[ 2019/05/12 15:31 ] [ 編集 ]
面白い優勝争いというより本来独走しなきゃおかしいスカッドのバイエルンが勝手にこけてただけで、来年よりブンデス全体のレベルは低かったような…
ゲッツェに対してもだけどブンデスファンは身内に甘い気がするよ
[ 2019/05/12 23:44 ] [ 編集 ]
シティはこけずに最後までやりきれましたが、バイエルンはできますかね。
[ 2019/05/13 12:40 ] [ 編集 ]
優勝争いがあるってだけで去年よりつまらないシーズンだったと思う、どうせ今季ブレイクしたサンチョも売っちゃうんだろうしさ
[ 2019/05/14 23:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。