ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》ギュンドガンは恩知らず?ドイツで投票【ドイツ人の反応】

2016年まで契約を残しているドルトムントのギュンドガンですが、現在ビルトのインターネット上で“ギュンドガンは恩知らずだと思うか?”という題で投票が行われています。まだ投票結果は出ていませんが、その記事に寄せられたドイツ人のコメントを紹介したいと思います。




20150502043738b77.jpg


イルカイ・ギュンドガンはドルトムントを去ることになった。遅くとも2016年には。


このドイツ代表の選手は2019年までとされる新たな契約の延長(推定年俸650万ユーロ)を断った。彼がこの夏にチームを去ることはほぼ確実だと見られている。そのようにしてのみBVBは移籍金を獲得できるからだ。


回想:ギュンドガンが背中の怪我で一年間試合に出れなかった間、ドルトムントは彼との契約を1年延長している。(注:怪我をしているにもかかわらずドルトムントは延長のオファーを出したという事)


ドルトムントはその事に対してもっと多くの期待をするに相応しいだろうか?投票してください!





この記事に対するコメント


・彼が去年一年延長したのは、チームに移籍金を残すためだと思う。そうじゃなければ今年フリーだったわけだからね。恩知らずと言うのは場違いだと思うよ。


・↑ロイスの延長もそんな感じかな・・。


・恩知らずってのとは違うと思う。ただ契約を延長しなかっただけだし、彼にはその権利がある。チームが契約を延長したくないって事だって十分にあり得たわけだしね。


・でも“本物の愛”(ドルトムントのスローガン)っていったい・・。


・でも去年の彼は誰も欲しがらなかっただろうしなあ・・・・。


・ビルトの読者の大半は恩知らずに“はい”をクリックするんだろうなあ・・。僕は“いいえ”をクリックしたけどね。


・↑僕もそうしたよ。


・僕は彼は過剰評価されていると思うんだ。バイエルンが彼を取らない事を願っているよ。


・もしBVBが去年延長をしていなければ彼は今頃フリーだよ。これはどうみてもドルトムントに利があるね。


・↑ドルトムントは彼の負傷中に契約の延長し、彼を支えたんだよ。そして給料も払ったんだ。試合に出てないのにね。彼はその当時に移籍することだってできたんだよ。やっと状態が良くなって、たいして貢献もしないで出て行くのは恩知らずだとおもうな。

スポンサーリンク


・まあこれがビジネスだよね。しょうがない。選手はやってくるし、出て行くものだ。


・ギュンドガンは出て行ってもそれ程痛手ではないね。


・でもドルトムントが怪我している彼にしたことは本当に素晴らしいことだったと思うよ。一年以上も怪我していたし、そんな彼をだれも欲しがらなかったんだから。それにもかかわらず新しい契約を提示したんだからね。彼がやることは人間的ではないな。


・昨日までは僕らの“ギュンドガン”だったけど、もう批判?


・ギュンドガンは恩知らずなだけではなく、愚かだ。彼はまだ全然普通の状態ですらない。新しいチームに行っても状態が悪い間は試合に出れないだろうね。ベンチかベンチ外だよ。bvbが買い戻さない事を願っているよ。


・トルコに行ったら喜ばれるんじゃないか?


・シャヒンのようになりたいのだろうか?


・またイングランドに行って敗れる奴が一人・・・。それでもマリオ・ゲッツェの去り方よりはずっといいけどね。


・このご時世選手を信じるほうが間違っているんだ。ギュンドガンにしても、フンメルスにしてもレヴァにしてもね。いずれにせよ買戻しは反対。



・バイエルンはいつも買い荒らしてブンデスリーガを破壊する。そして優勝するんだ。もうこういうのはやめるべきだね。


・ドルトムントにも契約があるとは知らなかった。“本物の愛”と言うぐらいだから、握手してほっぺにキスして終わりだと思っていたよ。


・ビジネスに感謝は必要ない。だからこれはok。


・これは恩知らずだと思うね。


・選手が出て行くのはいつものことだ。ファンもいい加減にそれを学ばなければならないね。新しい選手もやって来るわけだし。


・彼を批判するファンこそ恩知らずでは?



・まだ一度もスタジアムに行ったことがないような人がこのテーマについてコメントするなんてナンセンスだ。


・まあ彼はただのサッカー選手だからね。


・彼らはサッカー選手であった家族や友人ではないんだ。まったくもって普通のビジネスだよ。


・↑みんなバイエルンみたいになりたくないからね。bvbは特別でありたいんだ。


・確かに彼のテクニックは素晴らしいけど、シュヴァインスタイガーやクロース、アロンゾと比べたらまるで平均的な選手だ。


・bvbは特別なチームだ。こんなに良い条件でチームを去るなんてただ信じられない。僕はバイエルンファンだけどそう思う。


・ドルトムントのファンたちよ。現実の世界へようこそ。


・まあ怪我してなきゃとっくに出て行っていただろうね。


・プロ選手に感謝を求めるってのはおかしいね。


・じゃあ、みんな給料の良い仕事に転職したらそれは恩知らずになるのかな?


・もしbvbが3000万ユーロの移籍金をもらえるんだったら、それでいいじゃないか!





以上です。


投票の結果はまだ見れないのでなんとも言えませんが、コメントを見る感じでは、まあビジネスだからという意見が多数だったように思います。


ファンとしてはギュンドガンが去ってしまうのは残念ですが、もし今シーズンの彼の出来で3000万ユーロの移籍金を獲得するチャンスがあるのであれば、決して悪くはない話だと思います。

トランスファーマルクトという移籍サイトの情報では、現在の彼の市場価格が2000万ユーロとなっています。

そして移籍先は1位がマンチェスター・ユナイテッドで53%、2位がアトレチコ・マドリーで27%、以下3位アーセナル26%、4位バイエルン13%と続いています。

そうなるとやっぱりユナイテッド当たりが有力でしょうか?


それにしても本当にプレミリーガで成功したドイツ人の選手って少ないですよね。ポドルスキーもシュルレも代表ではまだ活躍出来るんですが、やっぱりスタイルっていうのがあるんでしょうか・・。


さてどうなるか今度も注目して行きたいと思います。

【おまけ今日のドイツ】

IMG_0009.jpg

白アスパラの美味しい季節です。付け合せはシュニッツェル(ドイツ風とんかつ)や生ハム、グリルした魚などがあります。
知り合いのドイツ人宅では溶かしバターと塩だけをかけて食べるのが伝統的だと教えてもらいました。


ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball

[ 2015/05/02 07:35 ] ギュンドガン | TB(-) | CM(8)
No title
怪我しないでくれたら何でもいいや
元気にやってください
[ 2015/05/02 08:18 ] [ 編集 ]
No title
ビジネスとは言え寂しいですね
前にクロップが言ってたように慣れないといけないんでしょうけど。
プレミアはディ・マリアやファルカオですらまさかのベンチ生活
相性みたいなものがあるんでしょうか
[ 2015/05/02 09:13 ] [ 編集 ]
ここは管理人のホワイトアスパラへのEchte Leibeが溢れ出ているブログですね
[ 2015/05/02 09:15 ] [ 編集 ]
いつも楽しんで読ませていただいてます。
ギュンの移籍は仕方ないし管理人さんと同じく3000ユーロを残してくれるなら良いと思います。
残念ですけど、本心は。
今さっき、ビルトの記事で香川も移籍か?みたいなのも見たので信憑性はないとは思いますが何かドイツで情報あればアップしていただけたら嬉しいです!
ドルトムントも残り5戦、クロップに有終の美を飾らせてあげたいですね!
[ 2015/05/02 09:19 ] [ 編集 ]
No title
以前からプレミア志向だったもんね
行けるチャンスがあるならそうしたいだろ。残念だけどね。
[ 2015/05/02 10:30 ] [ 編集 ]
No title
仕方ないですよねぇ。
でもバイエルンだけはやめて欲しいですね。いくらなんでも・・・
[ 2015/05/02 12:04 ] [ 編集 ]
No title
ギュンはエジル、ケディラと同じで移民系だから移籍したいと思ってもしょうがないな、とずっと思っていました。
次のレベルに行くためには違う環境でやった方がよさそうでしたし。レーブがクラブの格とか重視してるので、代表でスタメンを勝ち取りたいのかも?と
ドルにいても代表スタメンになるのはフンメルスとロイス位ですし。

ビジネスとしたらユナイテッドが一番お金出してくれるでしょうが、オールドトラフォードはドイツ軍に爆撃をうけたとかあるので、クラブにいる特権階級が本当にOKだすのかなあ?とは見てますが、どうなんでしょうね。トルコ系だからOKをもらえたのかもしれませんが。

キャリックの替わりとか言われててますが、イングランド代表でキャリックにスポットライトが当たってきてるので、
同ポジションだとイングランド代表有利、特に来年はユーロ前の1年になるので実力での競争さえさせてもらえない理不尽な経験をするかもしれません。
キャリックアンカー、エレーラ、ギュンで433かもしれませんが、そうなるとオランダ代表のブリントが左SBとなり、イングランド代表の左SBルークショーがあまるので、自動的にドイツ代表がはじかれる可能性もあるんですよね。
試合に出さない=敵の戦力低下目的の補強も普通にありますし。

アディダスがギュンのバックについてくる事を期待していますが、プレミアならイングランド代表とポジションが被らない所に行く方が幸せになれるのではないかと思います。
[ 2015/05/02 12:42 ] [ 編集 ]
残念だけど仕方ないという気持ちですね。怪我で離脱するとシャヒンのように苦労するので怪我のないようにということだけです。
香川は残ると思うんですがドイツではどう思われているのか気になりますね。
[ 2015/05/02 18:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。