ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント監督ファヴレ!優勝できなかった理由を明かす!《ドイツの反応》

【西ドイツアルゲマイネ】

ボルシア・ドルトムント監督ファヴレ!優勝できなかった理由を明かす!

bvb-dortmund-borussia.jpg


ボルシア・ドルトムントは力強いシーズンを過ごしたが、最後の最後で惜しくも優勝を逃してしまった。BVBのルシアン・ファヴレ監督は最終節のグラートバッハ戦後に優勝できなかった理由を明かしている。


監督はグラートバッハに2:0で勝利した後で、“もちろんこの結果にはがっかりしている。最後までそうなる事を期待していたからね。”と語っている。

スポンサーリンク



そして、監督は、“少し足りなかったね。でも今シーズンは満足いくものだったと思う。誰も76ポイントも獲得するなんて思ってもいなかったんだから。”と続けている。


ファヴレはその際ボルシア・ドルトムントの最も大きな問題についても言及している。“後半戦ではまったく不要な失点をしてしまった。そしてそれが高くついてしまったね。”と語っている。




さらにファヴレは前半戦はポイントを獲得することができたにもかかわらず、プレー内容が良くはなかった事に気が付いているようだ。“前半戦はほんとうに最高にラッキーだった。私は常にやらなければならない事は沢山あると言っていたよ。”と語っている。



BVBでタイトルが獲得できなかった事に関しては、ファヴレは非常に腹を立てているようだ。“我々はもう少しのところまで来ていた。タイトルは非常に重要だ。永遠に残るからね。”とファヴレは語ったがそれと同時に、“FCバイエルンと同僚のニコ・コヴァチを祝福したい。”と語っている。




BVB選手のコメント


ビュルキ:“今シーズン、チームが達成した事に関しては誇りに思う事が出来ると思う。優勝するには経験が少し欠けていたのかもしれない。”


ヴィッツェル:“最後は良い感じでファンとお別れしたかった。がっかりsもしているけれど、優勝を逃したのは今日というわけではないからね。”


ロイス:“僕たちにとっては今シーズンは2位以上の物だった。両チームとも最後の最後まで競り合ったからね。優勝をものにするチャンスをシャルケ戦とブレーメン戦で失ってしまった。”






以上です。


ファヴレが試合後に優勝できなかったことに関して言及していました。もう少し時間が経てば冷静な分析が出てくるかと思いますが、タイトルの重要性に関する発言は今更という感じがしますね。そんなに重要ならもっと早く目標としてはっきりさせるべきだったと思います。


後半戦の途中になって優勝を目標に掲げたかと思えば、一時4ポイント差を付けられると白旗宣言、その後バイエルンが勝ち星を落として点差が縮まると、再び優勝への希望を口にするなど、態度が一貫していませんでしたね。


一方バイエルンは9ポイント差をつけられていても、優勝をあきらめないと態度が一貫していましたね。


まあ惜しいシーズンだったので、ぜひともそこから何か学んでもらいたいものですね。



※昨日3週間の休暇を経て再び日本からドイツに戻ってきました。シーズン終盤の試合を見逃す結果になりましたが、久しぶりの日本は良かったです。また移籍の情報などを中心に更新を再開したいと思いますのでよろしくお願いします。
[ 2019/05/19 14:06 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(21)
あれ?家にまだドイツ土産が届いてませんよ!
[ 2019/05/19 14:23 ] [ 編集 ]
昨季から勝ち点が21も伸びましたね
来季に期待します
[ 2019/05/19 15:09 ] [ 編集 ]
いつになっても優勝の2文字を公言出来なかったドルと最初から最後まで優勝だけを目指したバイエルンですね
[ 2019/05/19 15:36 ] [ 編集 ]
優勝は譲ってくれるものでもなく勝ち取る意思があるものに転がってくるものなんですから、その気がなかったら優勝できませんよね


CL目標のチームが2位という目標を達成したんだから、チームとしては胸を誇るべきです。あとはゲッツェの契約更新を発表すればケーキにイチゴが乗りますね

2位という目標を達成したんだからフロントにはおめでとうございます、と言いたいです
[ 2019/05/19 15:43 ] [ 編集 ]
バイエルンは勝ち点差がついていても優勝しか目にないという発言しかしてませんでしたね
普通なら強がりの発言に取られるのですが
[ 2019/05/19 15:45 ] [ 編集 ]
今のドルトムントには難しいと思います、フロントや監督は元よりファンもゲッツェ等の一部の選手に固執し他を蔑ろにしてるから
連覇した時代はファンもクロップもレヴァや香川、ギュンやフン誰か一人に過度な期待や要求をするわけじゃなく全ての選手を平等に見ていましたからね
このまま幅が狭い戦術と一部の選手にだけ頼るようなサッカーをし続けるだけでなく、その過ちに自ら気がつかない限り来シーズンも同様の結果になるでしょう
[ 2019/05/19 16:19 ] [ 編集 ]
管理人さんの意見に同感です。ファブレ監督も幹部も、優勝を目標に定める一貫性を持つ勇気がありませんでした。状況によってコロコロ発言を変えていては、勝利の女神は微笑まないということでしょうね。
[ 2019/05/19 16:31 ] [ 編集 ]
ありがたいです。よろしくお願いします
[ 2019/05/19 16:33 ] [ 編集 ]
更新お疲れ様です。
香川選手が干された事も有り、今季ドルトムントの試合は殆ど見ませんでした。
来季香川選手は恐らく移籍すると思いますが、ドルトムントの情報は追って行くつもりです。
今後もよろしくお願いします。
[ 2019/05/19 16:35 ] [ 編集 ]
長年のこのクラブの姿勢が差に如実に出たからね。ユナイテッドですら今やあの状態だしフロントが本気で優勝目指す常勝軍団を目指さない限り変わらないと思うよ。
[ 2019/05/19 17:30 ] [ 編集 ]
カメラの前で優勝宣言すれば勝てるのか?
リーグタイトルはそんなに甘くないと思うけど。
運に助けられたこともあれば、ミスやセットプレーなんかで躓くこともあった。
1年の積み重ねの結果なんだから、監督もチームも足りない点があった。
でもそれは、新聞の報道やプレスカンファレンスの言葉一つで左右される点とは違うところにあると思うけど。

来シーズンも楽しみです。移籍もビッグニュースを待ってます!よろしくお願いします。
[ 2019/05/19 17:46 ] [ 編集 ]
ファブレのコメはここでずっと言ってきたことと同じだけど、1つ肝心なことを忘れている。いくつもあった自分のミス。特に、勝ち点差がたった1なのに白旗あげたのは、指揮官としてはもうね。
選手のミスばかりあげつらって、自分のこういうことに言及できないなら、ここが限界でしょ?監督の器じゃないじゃないよな。
個人的には考え方が似てるのでもったいない気もしますけど、まぁ替え時だわな。コヴァチも2つ勝って辞めさせられるとかいわれてんだから、ドルトムントも厳しくやるとこは厳しくやんないと、差はますます広がるでしょ。
[ 2019/05/19 17:51 ] [ 編集 ]
リーグの他のチームがだらしないなか
ここまで善戦したドルトムントを叩くとはあきれますなあ…
他のクラブが優勝争いにかすりもしない状況じゃドルトムントがどんだけ頑張ってもなにも変わらないでしょ
[ 2019/05/19 20:34 ] [ 編集 ]
世の中に優勝する気があることを伝えるだけで、クラブ内もファンも意識が変わってくるもの。
伝えることって、分からない人が思ってるよりも大事なもの。
いい意味でプレッシャーをかけることもできるしね。
ただ勇気がないとできないこと。
クロップが辞めてから、このクラブのフロントは勇気がない。
オーバや香川など、去っていく選手くらいだよね、持っているのは。
[ 2019/05/19 20:53 ] [ 編集 ]
カメラの前で優勝宣言をすれば勝てるのではなく、カメラの前で優勝宣言すら出来ないから負けるのです。
最近のサポの悪いところは何でもかんでも擁護することですね、いくら勝ち点が前回より高かったからとはいえ、それは王者バイエルンが躓き、今までのブンデスにはあまり無い戦術、ロイスサンチョパコなどの個人頼りの戦い方をしたからですから。
現に後半戦は他チームから対策を取られ勝負所で負けてしまいました、スカッド自体が違うバイエルンだけではなく今季は下位に低迷したシャルケにすら負けたのがいい例です。
その辺りを指摘せずプラスファクターだけで喜び続ける限り来季も今季のリプレイになるだけでしょう。
[ 2019/05/19 21:26 ] [ 編集 ]
他のチームがだらしないからドルが善戦できたんでしょ?
本当に自分たちの実力で善戦したならば負けちゃいけない場面で14位シャルケ15位アウクスブルクに負けるわけがない
ましてや優勝バイヤン相手には5-0だし勝点差ほど実力差がないわけじゃないのは誰でも分かること
優勝争いしたからって昨季より実力を上げたと勘違いするのは怠慢だよ
それに叩かれてる部分は今年に限った話じゃないからね
[ 2019/05/20 00:06 ] [ 編集 ]
運はともかく前半戦の結果に驕らず、対策を練られた後半戦に向けての戦略、個々の力ではなく特定の選手に重きを置くやり方を変える
そういった事をしてこなかった部分に大きな問題があると思う。
独走状態であったのにも関わらず優勝出来なかった事を善戦したと言うのは少し違う気がするね
まあ追われる側に長い事いなかった影響かな。

[ 2019/05/20 00:41 ] [ 編集 ]
追われる側とか関係ないよ
実際長く二位だった時のメンバーは殆どいなくなったし
同じなのはフロントくらいなもんだからた
単に今季のメンバーが優勝に値しなかっただけだよ
[ 2019/05/20 17:36 ] [ 編集 ]
2019/05/19 17:46の人に同感です
まあ今季のドルトムントが仮に優勝してたとしても「バイエルンが弱かっただけ」ってここのコメ欄の人は言うでしょう
ちなみに今季のドルトムントの勝ち点なら2010-11と2011-12シーズンどちらも優勝です
[ 2019/05/20 23:31 ] [ 編集 ]
連覇時を例に挙げて今と比較して下げてる時点で魂胆は見え見えですが
あえて乗ってあげるならば連覇時のドルはバイエルンに勝ち越していますし、バイエルンだけでなくシャルケもCLでそれなりの結果を残しています
しかし今季はどうでしょう?大差で負けてしまいましたよね?しかも下位に沈むシャルケにすらね
仮に連覇時に今のドルが居ても優勝は不可能だと思いますよ?
勝ち点を傘にクロップ時代を批判したいなら対戦相手である他クラブも考慮して下さいね、サッカーの試合は11人でやれるもんじゃないんで
[ 2019/05/21 23:31 ] [ 編集 ]
そらロスタイムやVARにすら優遇されていたしね
最終戦もゴールラインを割ってる様に見えたのに、割ってないって判定されてて笑った
ただドイツ人選手自体がコンフェデ以降まったく駄目になり、W杯GL敗退で顕著になってたから、落ち目のドイツ人を殆ど使わなかった点は唯一ファブレの勝ちだったかもね
他のチームも昨シーズンより強く当たってこなかったし、ポカールで対戦したブンデスリーガ2のチームの方がガンガン削って来た感じだし、ブンデスリーガのチームより善戦してたな
CLのブルージュなんかもそんな感じだったし
しかしあんだけパス回しされてるのにハイプレスを仕掛けたり、ヴィツェルを削りに行くチームが皆無だったのが笑える
ドイツサッカー自体が上品になりすぎてるんじゃない?だからこそ代表もリーグBに降格しちゃったんだろうな
[ 2019/05/22 04:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。