ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ベシクタシュ!香川ゴールにもかかわらずトラブゾンに敗れ優勝争いから脱落!《ドイツの反応》

【Onefootball】

トラブゾンで敗れる!ベシクタシュ!優勝争いから脱落!

kk24.jpg



ベシクタシュは、わずかに優勝する可能性を残していたが、トラブゾンに敗れたために、その可能性がなくなってしまった。


スポンサーリンク



トラブゾンは後半の53分にフィリップ・ノヴァクのゴールで先制すると、74分に元ドルトムントの香川真司がゴールを決めて同点に追いついていた。しかしイスタンブールの喜びも長くは続かなかった。なぜなら時計の針がたった3回回った後で、ユスフ・ヤジチが勝ち越し点を挙げたためだ。


トラブゾンはこの点差を守り切り、それによってベシクタシュに2ポイント差に迫っている。一方ベシクタシュは首位から4ポイント差を付けられることになり、あと一試合を残し、優勝の可能性を失ってしまった。





以上です。


香川選手はこのゴールで記録を4ゴール2アシストと伸ばしましたが、チームの優勝の可能性が無くなったこともあり、ドイツでもニュースとなっていました。これまでのプレー時間は468分なので、90分に換算した得点率は良いですが、やはり先発が少ないのはファンとしては残念ですね・・・・。とにかくシーズンを無事に終えて、移籍に向けて代表でのアピールにも期待したいです。





[ 2019/05/20 06:00 ] 香川18/19 | TB(-) | CM(17)
ガラタサライとの直接ダービーで落としたことで可能性がほとんどなくなりましたし
香川選手も前節のアランやスポル戦で選手全員のモチベーションもいまいちだったようなこと言ってましたね
それとアランやスポル戦前に何で調子がいいのにスタメンじゃないのかと直接監督に聞いたらしいですよ
答えは予想通りだったみたいです
トルコの記者、メディア曰く
ギュネシュ監督はトルコ代表のことで頭が一杯で買取OPのない香川選手が割りを食っているとか
代表は考えてないのではないですか?「スタメンじゃないし・・」とか言ってましたので
[ 2019/05/20 06:14 ] [ 編集 ]
代表は移籍のアピールにならんだろ
それよりまず内転筋の怪我のケアだな
先週の練習でも気にしてたがまだ下半身が安定してない
波があって治りにくい怪我だから癖にならないようにしないと
メディカルで引っかかったなんてなったらシャレにならん


[ 2019/05/20 06:43 ] [ 編集 ]
優勝争いしてない時に加入したんだから、優勝できなかったとか言われてもピンときませんね。それはチームの問題です
ただ、個人スコアを伸ばせたのはよかったですね。

お人よし&スコアがでなくても誰かが見てくれてる、と
チームの扱いに耐えていい子でいようとするより、あんな扱いされてるんだから
遠慮せず自分のスコアを伸ばすことだけを目標にしてほしいです
[ 2019/05/20 09:38 ] [ 編集 ]
まあ優勝の可能性はもともと低かったのですがガラタサライとのダービーで負けた時点で終わってましたけどね。それでも前半戦より順位を上げてるので悪くないんじゃないですか。 戦術もなさそうな監督なのでこんなものでしょう。香川も出場時間の割には数字は悪くない。もちろん本人は不満だろうけど冬の移籍は簡単じゃないです。もっとスタメンで出られたらコンディションも上がって結果も出ただろうけど怪我する確率も上がる訳でこんな荒いリーグで怪我する方がよほど移籍に響く。代表も怪我のリスクを考えるとよし悪しです。やはり次のクラブでは早めに合宿に参加してコンディションを上げて行く方が良いと思います。30歳を過ぎたらコンディションがサッカー人生を左右すると思います。その為にも早めに移籍が決まって欲しいですね。
[ 2019/05/20 10:21 ] [ 編集 ]
優勝争いしてるチームに加入してたんでしたっけ?
まあ、外野から決めつけられるレッテルより、個人成績第一でいいと思います
インタビューはうまくかわして、個人成績第一を狙うしたたかさを持つことが
今の香川さんに一番必要なことなんじゃないでしょうか
[ 2019/05/20 10:32 ] [ 編集 ]
ガラタサライとのダービーに出られていたら、または 話題になってるように審判問題がなければ、優勝もあったかもと思います。
出場機会に関しては 監督がトルコ代表監督になったことも 少なからず影響があるのかなぁと 長友選手の発言からも伺えますよね。
そして何より これからという時に鼠径部を怪我したのが痛かったですね。いまだにハーフパンツの下に何か履いてるのは治りきってないか、予防の為ではないですかね。
[ 2019/05/20 14:46 ] [ 編集 ]
正直数字を残してるのはいいが今の香川を先発で使ってくれる監督はそういないと思います。次のクラブでも積極性、個人技重視の監督ならば間違いなく今と同じ扱いになると思います。そろそろ消極的な姿勢をなくし殻を破ってほしい。
[ 2019/05/20 15:51 ] [ 編集 ]
05/20 15:51さん

全く同意です。
ドルトムントはもちろん、ベシクタシュでもスタメンで使われない理由はそれに尽きます。
[ 2019/05/21 00:17 ] [ 編集 ]
消極的な殻を破るも何も鼠蹊部の怪我が完治していないでしょう。成績残すの前に怪我しっかり治さないとメディカル通らないなんて事にならないように、コンディションさえ戻れば殻を破らなくてもまだまだいけますよ
[ 2019/05/21 01:08 ] [ 編集 ]
香川が加入して調子良く勝ってただけで、やってるサッカーが未熟だからガラタサライやトラブゾンに負けたんだろう
明らかにやってるサッカーの質が違うし、本来ベシクタシュは中位の下くらいの実力しかないよね
監督は香川の獲得は望んでなかったのかの如く、いつまで経ってもスタメンに固定しなかったし、そいつの首を繋げ続けたのが香川というのが皮肉
[ 2019/05/21 04:31 ] [ 編集 ]
積極性ない選手が一番得点率高いとかなんのギャグなんだろうか
[ 2019/05/21 07:33 ] [ 編集 ]
ドルトムントはもちろん ベシクタシュでもスタメンに使われない理由はそれにつきます?
いかにも事実のような書き方は やめて欲しいです。香川選手や長友選手のインタビューは どう捉えるんですか?
スペイン移籍希望の話も なかったことにしてますね。
[ 2019/05/21 17:19 ] [ 編集 ]
消極的とかスタメンにする監督はいないとか根拠もないし説得力に欠けますね
世界中の監督にアンケートでも取ったのでしょうか?
香川の出場時間すら知らないんでしょう
6試合にも満たない時間で、消極的な選手がなぜチーム得点率トップになれるのか教えてほしいです
ドルでもそもそも今期始まる前から移籍志願しています
このことは香川のことをよく取材するミムラさんが雑誌で断言しています
しかも前期も怪我無ければほぼスタメンな上に、シュテーガーの時もスコアかなり上げてましたね
印象だけで語ってるのか、わざとなのかわかりませんが嘘や矛盾に満ちたコメントには悪意しか感じません
[ 2019/05/21 19:18 ] [ 編集 ]
スタメン3試合で1アシストですからね。
スタメンで出た時の内容が問題なのでしょう。
[ 2019/05/22 03:40 ] [ 編集 ]
いやいや、たった3試合
しかも、冬移籍でコンディションの問題もあった
使われ方やその他もろもろ本当に何もしらないんですね
しかも1アシストちゃんとしてますし、もしかして毎試合スコアを香川だけあげないといけないんでしょうか?
他のスタメン固定の選手達はできているのですか?
誰一人できていませんよね。
こんな重箱の隅をつつくようなことをよく平気で言えるなと思います
なら、前半の6位に甘んじていた選手達なんてどんだけ酷いものなんでしょうか
ダブスタもいい加減にしてください
結論から無理やり理由付けしているので整合性が全くありませんね
香川を批判したいだけなら、そういう方達が集まる場所ですればいいと思います
少なくともここはそういう場所じゃないです
[ 2019/05/22 08:44 ] [ 編集 ]
消極的云々はいつもの意図的なネガキャンですよ
2つのコメは赤の他人ではなく案外連動しているかもですね
[ 2019/05/23 18:21 ] [ 編集 ]
消極的とかスタメン云々とか所詮素人の色眼鏡だからね
素人の色眼鏡かスコア効率チームトップか
夏の市場が開かれたときプロのスカウトがどちらを注視して見えていたかはっきりするだろうよ
[ 2019/05/24 00:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。