ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ムバッペの移籍発言の裏にあるものは?トゥヘル監督とのいざこざが原因が?《ドイツの反応》

【フスバールビルト】


トゥヘルと争いか?

ムバッペの移籍発言の裏にあるものは?

mba2.jpg


“PSGとキリアン・ムバッペはここ2年間非常に密接な関係であり、その関係を来シーズンも続けるだろう。”とPSGはムバッペの移籍の噂に対して発言している。

しかしPSGでは実際に問題があるようだ。“Le Parisien”が報じたところによると、ムバッペはトーマス・トゥヘルが原因で移籍に関する発言をしたようである。


スポンサーリンク



それによるとこのフランス人はストラスブール戦でスタメンで出場しなかった事に腹を立てているとのことだ。それによってヨーロッパの得点王になるチャンスが少なくなったと考えているようだ。



得点王は36ゴールのリオネル・メッシでムバッペは最後のレンヌ戦で4ゴールしなければならない。


このワールドカップ優勝者とトーマス・トゥヘルの関係はまずまず良好だという事であるが、ネイマールと監督の関係程良いわけではないようだ。



さらにムバッペはクラブ幹部に、チャンピオンズリーグで優勝できるチーム作りを要求しているようだ。



このストライカーは最近移籍の可能性について発言していたが、それはクラブに圧力をかけるためだともみられている。



ムバッペの受け入れ先としてはレアル・マドリッドが挙げられる。すでにウナイ・エメリの時代にもムバッペはレアルからオファーを受けている。


“彼はレアルに行きたがっていた。それどころかバルセロナに移籍する事も出来た。でも本人はレアル行を望んでいたね。”と現在アーセナルで監督を務めるエメリは語る。そして、“彼と彼の父と話をした結果、彼はPSG残留を選んだ。このプロジェクトがフランスにとって重要であるという事が説得につながったのだ。”とエメリは続けている。





以上です。


まあそれほど、いざこざがあったようには感じられませんが、ムバッペとしてもクラブにプレッシャーをかけているのは分かるような気がしますね。



[ 2019/05/22 21:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(1)
PSGは国内タイトルこそ取り尽くす一方、CLを制覇する見込みが全く無いクラブですから、ムバッペが移籍したい気持ちは十分わかります。
ただ来年はユーロが控えてますし、憧れのレアル行きはそれからでも遅くはないと思います。
[ 2019/05/22 22:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。