ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!アザールに続きドイツ代表ブラントの獲得も発表!《ドイツの反応》

【ビルト】
1週間で3人の新加入!

ブラントも正式にボルッセに!


bvr.jpg


新たなスターの加入も完ぺきだ。


ボルシア・ドルトムントはレヴァークーゼンでドイツ代表のユリアン・ブラントの獲得を発表している。すでに先週からビルトが報じているように、BVBは水曜日にクラブホームページ上でブラントの獲得を発表している。

スポンサーリンク



“ユリアン・ブラントはすでに長い間ブンデスリーガでプレーしており、国内外でも多くの経験を積んでいる。彼はまだ23歳と若い選手で成長するポテンシャルを備えている。”とスポーツディレクターのミヒャエル・ツォルクは語っている。そして“彼は複数のポジションをこなすことができ、その創造性においてチームを助けてくれるだろう。”と続けている。

ホッフェンハイムのニコ・シュルツ、グラートバッハのトルガン・アザールに次いで、今週ドルトムントが獲得した3人目の選手となる。

このドイツ代表選手はドルトムントで2024までの契約にサインしたようだ。移籍金は2500万ユーロとなっている。





“僕は腹から決断する人間だ。僕にとっては良い感覚が大事なんだ。”とブラントはクラブのビデオで語っている。“ボルシア・ドルトムントに関しては非常に良い感じだったんだ。”とブラントは続けている。


このドイツ代表選手はさらに、“個人的に成長したいと思っており、それが移籍の理由だ。BVBはおしくもタイトルを逃してしまったが、向上の余地がある。達成したいことが沢山あるし、非常に楽天的でやる気に満ちている。個人的な成長においても、チームの成長においても。”と語っている。





以上です。


これで3人の移籍が決まりましたね。あとはとにかくストライカーの補強をして来シーズンバイエルンと戦えるようにしてほしいですね。ゲッツェを気にして補強に動かない事が心配ですが・・・。





[ 2019/05/23 06:05 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(5)
>>ゲッツェを気にして補強に動かない事が心配ですが・・・。

ほんとその通りです!
この補強を見ると残り1年になるゲッツェは売りに出されるのではと思いますが、生え抜き大好きなフロントですからね…
契約延長ならただでさえ高い年俸がさらに高くなりますしフロントも慎重だとは思いますが。
ロイスの0トップも考えてるかもしれませんし、ゲッツェは控えにするには高すぎなので、今年の活躍を見てオファーがあれば良いと思います
[ 2019/05/23 06:24 ] [ 編集 ]
今回獲った3人はいずれもいい選手だけど、多分、バイエルンが獲得スルーした選手でもあるな。サイドバックに150億かけられる資金力があるから、その気があればドルトムントが今回かけた以上の資金を持って獲りに行ったでしょ。
選手獲るのも競争だから香川やレヴァの時のようにバイエルンが大慌てする掘り出しモンみっけてきてもらいたいですよ。
[ 2019/05/23 07:17 ] [ 編集 ]
水を差すようですが毎年他クラブから有望株を連れてきますが2年くらいでドルを出て行く選手が多くチームとして蓄積して行かないように思います。もっと育てればという選手も放出し入れ替えてもチームの経験値は上がらない。
[ 2019/05/23 08:44 ] [ 編集 ]
いいね!
ドルは本気でシャーレ取りにきてるな
あとはデンベレマネーを使ってFWとCB、GKも補強できれば完璧。
[ 2019/05/23 14:38 ] [ 編集 ]
この値段でブラント取れるのはいいですね。
あとはcfとgkかなスタメンクラス連れてきて欲しい。
あと国内から引き抜いてるとコメントで多く見ますけど、ドルトムントは毎シーズン引き抜きまくってるので今更な感じだと思ってたんですが違うんですかね。
[ 2019/05/23 18:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。