ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ファン・ハール!「バイエルンはOBが口を出しすぎ!」さらにリベリーやルカ・トーニを批判!《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

ファン・ハール!ウリ・ヘーネスとの関係について語る!

リベリーやルカ・トーニを批判!

van gaal


ルイ・ファン・ハールはバイエルンでの2年間について、“非常にハードな仕事だった。”と語っている。“他のクラブとの大きな違いはそこに元選手達が大きく関わっていることだ。みんな口を出したがっており、影響を持ちたがっていた。”と“11Freunde”のインタビューで語っている。


スポンサーリンク



何よりもウリ・ヘーネス会長との関係は難しかったようだ。“ウリ・ヘーネスとファン・ハールという二人の人間が一つの扉を一緒に通る事が出来ないというのが問題だったね。”とファン・ハールは語っている。ファン・ハールは2010年にダブルを達成したが、2011年に解雇となっている。

ファン・ハールはその仕事ぶりから、独裁者とも呼ばれている。その事に関しては、“昔はたしかに兵隊長みたいだったかもしれないね。でも目標を達成するためには一つの哲学が必要だ。”と彼は考えている。


そのため、彼はリベリーやトーニについて質問されると、アレルギーのような反応を示している。“彼らは私の哲学を受け入れる用意が出来ていなかった。”とファン・ハールは語っている。彼らは自分たちが特別な権利を持っているかのように考えていたとのことだ。“フランク・ライカールトやフィーゴたちもそのようなステイタスを持っていたが、彼らにとってはそれは問題とならなかったよ。”とファン・ハールは語る。


ファン・ハールは1992年にアヤックスでUEFAカップに勝利し、さらに1995年にはチャンピオンズリーグで優勝している。さらに彼はバルセロナやアルクマール、そしてマンチェスター・ユナイテッドでも成功を収めている。またオランダ代表を率いて、オランダを3位にも導いている。





以上です。


ユナイテッドが成功だったがどうかは微妙なところですが、FAカップで優勝していますから、彼は監督を務めたすべてのクラブでなんらかのタイトルを獲得していることになりますね。経験豊かなファン・ハールではありますが、その中でもバイエルンの体質は非常に難しかったようですね。

まあ、ファン・ハールも気難しいですから、これはお互い様でしょう。


[ 2019/05/23 19:00 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(6)
他のビッグクラブに比べたらバイエルンはかわいい方だと思いますけどね
[ 2019/05/23 19:12 ] [ 編集 ]
ファンハール時代よりその後の方が大成功して本人はその後クラブは失敗してる時点で説得力なし
[ 2019/05/23 19:42 ] [ 編集 ]
オレンジ色に染め上げるしか能が無い、能無しってイメージしかないな
失敗する事もあるが成功する事もあるってただの博打でしかないし
ファンハールのオレンジ染めもファブレのBMG染めも結局は自分が指導した選手だったり、出身国の選手だったりするの以外を信じられないんでしょ
[ 2019/05/23 20:26 ] [ 編集 ]
リベリと上手くいかなかった噂は本当だったのですね…
当時のリベリとファン・ハールなら、クラブとしてはリベリを優先しても仕方ない。
[ 2019/05/23 20:46 ] [ 編集 ]
 ファンハールよりもハインケスの方がバイエルンの本来の強さを引き出していましたので、リベリらのファンハール批判は結果が証明している。UTDではオランダ人を補強して重用した以外の印象が何もない。
[ 2019/05/23 21:05 ] [ 編集 ]
ユースからミュラー、バドシュツゥーバー、アラバを引き上げた事、ロッベンを呼んだ事が今のバイエルンを築き上げた
シュバイニーをボランチにコンバートさせたのも大きい
[ 2019/05/24 07:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。