ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

長谷部所属フランクフルトSD!「ヨヴィッチ、レビッチ、アレ―ルの3人が出ていく可能性はある!」《ドイツの反応》

【ビルト】

ボビッチ、3人の移籍の可能性について語る!

レビッチ、ヨヴィッチ、アレ―ルはどうなるか?


eint.jpg


彼ら3人はフランクフルトの素晴らしいシーズンの立役者だった。フランクフルトはヨーロッパリーグで準決勝に進み、さらにリーガでも7位となっている。


しかしヨヴィッチ、レビッチ、そしてアレ―ルの3人がフランクフルトに残るかどうかは微妙なところだ。SDのフレディ・ボビッチは“経済的な理由で彼らを放出しなければいけない、という事はない。しかし理性的に考えれば、彼らを3人とも失ってしまうという事は考えられる。”と語っている。

スポンサーリンク



そして、“彼ら3人には、アイントラハトでプレーすれば大きな喜びが待っていることは約束できる。ファンからの愛は大きな違いとなるだろう。これは重要な要因だね。しかし、いつかは別な力がやってくるだろう。そうなったとしても彼らがフランクフルトに反する決断をしたという事にはならないよ。”と続けている。


彼らが移籍した場合の損失は数字を見れば明らかだ。リーガではヨヴィッチが17ゴール、アレ―ルが15ゴール、そしてレビッチが9ゴールを挙げている。合計で41ゴールだ。これはフランクフルトの全ゴールの3分の2以上になるのだ。


ボビッチはフランクフルトがこの3人を売ってしまう事に対して理解を求めている。“ファンもこのことを理解しなければならない。時には移籍金以外が重要となる。もちろん巨額の移籍金を貰えることはフランクフルトにとっては良いことだけれどね。そしたら将来に対して投資できるからね。”とボビッチは語った。



しかし現在ではヨヴィッチの移籍だけが現実的とみられている。レアルはこのセルビア人を獲得従っているが、フランクフルトは最低で6000万ユーロを要求している。





以上です。

フランクフルトとしては6000万ユーロを支払うクラブがあれば放出する意思があるようですね。まあ現実的に、フランクフルトのようなクラブがさらに上を目指す選手を長く引きとどめることはできないでしょうが、選手のステップアップの意志を尊重しているかのような発言には好感が持てます。

今シーズンはリーガ最後の6試合で勝つことができず、残念ながら昨シーズンに続いて失速してしまいましたが、やはりイングリッシュウィークの疲れが出てしまいましたね。それでも今シーズンのフランクフルトは面白いチームだったので来シーズンにも期待したいです。


[ 2019/05/23 21:00 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(1)
ポカール優勝してELもベスト4入って、結果は着実に上向き。フォワードの3人残して、ローデが大怪我したからここにいい補強すれば、来季は優勝争いするでしょ。
[ 2019/05/24 08:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。