ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!コロンビアの大型ストライカーの補強に動く!?《ドイツの反応》

【Sportbuzzer】

BVBの補強が続く!

アタランタ・ベルガモのドゥバン・サパタもドルトムントにやってくるか?



bbb.jpg


ドルトムントは来シーズンもタイトル争いを繰り広げたいようだ。そのためにクラブはすでに3人の補強を発表している。そしてどうやらドルトムントはイタリアのリーグで活躍する選手にも注目しているようだ。

スポンサーリンク



ボルシア・ドルトムントはすでにシュルツ、アザール、ブラントと3人の補強を発表したが、それでもまだ十分ではないようだ。イタリアのジャーナリスト、アルフレード・ペドゥッラが報じたところによるとBVBはこのコロンビア人のドゥバン・サパタに興味を持っているようだ。現在アタランタ・ベルガモでプレーする彼はすでに2013年と2018年にドルトムント移籍が噂されていた。しかし移籍は当時実現しなかった。


サパタはドルトムントのトップの位置で必要な勢いを与えることができるとされている。身長は189センチで、得点率も高い、今シーズンはリーガ36試合に出場し22ゴールを挙げており、これはロナルドよりも1点多い。それに加えて7アシストを記録している。サパタは2020年までジェノバからベルガモへローン移籍しており、ベルガモに買取権がある。そのため彼の獲得は安くはならないとみられている。この選手の市場価格は3500万ユーロとされている。



BVB会長ヴァツケの発言を聞く限り、ドルトムントはまだ補強に動くとみられている。“我々はより野心的に振る舞うだろう。ドイツのサッカー界では我々以外には第2の勢力はない。”と語っている。そしてさらに、“来シーズンは言い訳なしに、優勝争いをするつもりだ。”と語っている。


今シーズンはリーガ最終節でバイエルンが7年連続の優勝を決めた。しかしドルトムントはすでに将来に向けて補強に動いている。それでもまだスカッドには変更があるだろう。ドルトムントはさらにユベントスのマリオ・マンジュキッチの獲得にも動いているとされている。




以上です。


さらに大型のストライカーの名前が挙がってきましたね。どうやら幹部もそこのポジションの重要性は分かっているようで少し安心しました。続報に期待したいですね。

[ 2019/05/24 21:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(4)
言い訳なしに優勝争いする?
そうじゃなくて、言い訳なしなら優勝するだろが笑
相変わらずはじめに逃げ道ありきじゃな。もう勘弁してくださいよ笑
[ 2019/05/24 21:26 ] [ 編集 ]
本気度が伝わって来ますね
しかしファブレは過去のチーム見るとスタートダッシュ良くて後は尻すぼみの傾向があるのでそこは不安です
[ 2019/05/25 10:11 ] [ 編集 ]
サパタ取れるなら凄いけど、ドイツはラテン系を迎え入れられるの?
[ 2019/05/25 13:39 ] [ 編集 ]
05/24 21:26さんが最初に全て言ってくれた
盲目的にドルトムントを見ているファンばかりじゃないのが分かって捨てたもんじゃないなと思ったね
[ 2019/05/26 20:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。