ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

レアル・マドリッドに警鐘!セルジオ・ラモス、レアルからの移籍を考える!?《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

マドリッドに警鐘!

セルジョ・ラモスがレアルを去るつもり!

ramos.jpg


彼は世界で最も容赦ないディフェンダーだ。そしてそのため彼はレアル・マドリッドのファンの間では最も愛されているスターでもある。マドリッドのスポーツ新聞“AS”のアンケートによると、84%のファンが彼の残留を望んでいる。これより良い数字を残しているのはカルバハルとヴィニシウスだけだ。


スポンサーリンク



しかしラモス自身は、レアル残留はもうあまり考えていないようだ。スペインの“El Chiringuito”が報じたところによると、このセンターバックは移籍を希望しているようだ。


ラモスは2005年に2700万ユーロでセビリアからレアルに移籍している。彼はレアルでチャンピオンズリーグで4回優勝、リーガで4回優勝、そしてポカール優勝を2回経験している。


ラモスはチャンピオンズリーグでアヤックスに敗れた際に、クラブボスのペレスと激しい言い争いを繰り広げたとされている。試合後に会長が選手控室を訪れ、選手たちのプレー態度を批判したのだ。ラモスはその場でチームメートたちを擁護したが、逆にペレスに休みが多すぎると突っ込まれたようだ。ラモスはそれに対して、“出て行ってほしければ金を払えば出ていく!”と言い返したとされている。彼ら二人はそれ以来どうやら接触はないようだ。


ラモスのレアルでの契約は2021年までとなっている。彼の年俸は1250万ユーロとみられており、契約解除金は8億ユーロに設定されている。どのクラブもこの金額を払う事は出来ない。しかしレアルはクリスティアーノ・ロナルドの契約解除金が10億ユーロに設定されていたにも関わらず、1億ユーロで放出している。


スペインの“AS”が報じたところによると、マンチェスター・ユナイテッドが彼の獲得に興味を持っているとのことだ。さらにリヴァプールも興味を持っているとされている。その他中国のクラブやユベントスも動くとみられている。




以上です。


今シーズンは散々な結果でしたが、レアルは来シーズンどうなるか非常に興味深いですね。ラモスはこれまでクロップと言い合っているようなイメージがありますが、リヴァプールが獲得に動いたら面白いですね。


[ 2019/05/25 06:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(6)
ヴァツケは金に糸目はつけないといってるので是非とも狙ってもらいたいよね。
シュルツとブラント獲ったということは、左サイドからドリブルでガンガン仕掛けたいつことだろから、ラモスにそのバックをやらせるのは最も適している。マドリーはマルセロが空けたスペースをほぼこの人1人でカヴァーしてたからな。まぁたまにはプロレスもやってたけど笑、味方からすればこれほど有り難いものはないよ。守備2人分やっちゃって、ここぞでヘッドで点も取るんだから。
ツオルクが言うような優勝争い狙うんじゃなくて、優勝狙ってもらいたいですよ。
[ 2019/05/25 06:51 ] [ 編集 ]
リバプールが獲得に動くことはありませんね。リバプールの年棒体制は厳格です。一番高い選手はサラーで週給20万ポンド、次がファンダイクで18万ポンド、マネーとフィルミーノが17.5万ポンドといわれています。しかもラモスは現在33歳。こんな選手を取ることはありません。取ったら、リバプールも終わりですね。
[ 2019/05/25 09:41 ] [ 編集 ]
リバポファンだけどデリフトのが欲しいわ
でもラモスが来てくれたら場外戦含め色々楽しくなりそうなんで
リバポでもマンUでもいいんでプレミアには是非来てほしい
[ 2019/05/25 11:08 ] [ 編集 ]
リバポファンだが昨シーズンのCL決勝考えたら来るわけないし来るなよ絶対
[ 2019/05/26 20:52 ] [ 編集 ]
同じくリヴァプールファンだけどクラッシャーラモスなんか要らね(笑)
[ 2019/05/27 09:28 ] [ 編集 ]
リバポの補強所はCBじゃなくWGだ
サラーが怪我してからシャキリ使ったものの本来中央の選手だからそこまでハマってなかったしな
マネは右も出来るしシティから放出されそうなサネ取っちゃえば良いのにね、クロップが育てれば化けるだろうしドイツ代表にもプラスだろうし
[ 2019/05/28 18:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。