ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

PSG監督トゥヘル「非常に幸せで誇りに思う!」!PSGと2021年まで契約を延長!《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

トゥヘル!PSGとの契約を2021年まで延長!



tuchel.jpg


金曜の夜、トーマス・トゥヘルは自分の将来がまだ決まっていない事に関して冗談を言っていたが、土曜日にはもうはっきりしている。PSGはトゥヘルとの契約を2021年まで延長したのだ。


“私は非常に幸せだし、PSGで契約が延長でき、仕事できることを誇りに思う。”とトゥヘルは語っている。そして“この延長は、このチームをトップにするという私の目標をサポートしてくれる。さらにファンからのサポートにも感激している。我々のクラブにとってのベストはこれからやってくると確信している。”と続けた。



スポンサーリンク



トゥヘルは金曜に行われたリーガ最終試合の後で将来について質問されると、“正直に言って、心配している。私がまだ知らない事をみんな知っているんじゃないかと思ってしまう。”と答えていた。しかし実際には契約を延長したことを知っていたのは他でもなくトゥヘル自身だったのだ。


またトゥヘルはPSGの会長からも賛辞を得ている。“トーマスは最初の1年間、毎日素晴らしいエネルギーをもたらしてくれた。選手だけでなくクラブみんなにとってね。トーマスは熱心なサッカーファンでありながら、非常に要求の高い監督だ。トーマスは才能豊かな監督であり、彼のクオリティーを長期にわたってサポートできることは我々にとっても喜びだ。”と会長は語っている。


トゥヘルはPSGでの最初のシーズンは、リーガ優勝1つしかタイトルを獲得できなかった。ポカール決勝ではPKの末に敗れ、さらにチャンピオンズリーグではマンチェスター・ユナイテッドに敗れている。


来シーズンはそうならないように、トゥヘルはより厳しく選手に接するつもりだ。そしてクラブにはさらなる補強を要求している。“我々は目標に向かって団結しなければならない。我々はより厳しくなければならないし、自分たちの精神とモラルを見つけなければならない。自分たちの決断を徹底して守らなければならない。さらに選手を補強する事も決定的な要因となる。”と彼は語っている。


それに加えて、彼はキーパーのポジションでのローテーションを無くすことを明かしている。金曜日の試合ではブッフォンが2度のミスをし敗戦に大きく関わっている。“来シーズンはもう変えたくないね。ナンバー1を起用しなければならない。来シーズンが始まる前に決めなければならない。”とトゥヘルは語っている。







以上です。


トゥヘルが延長になったようで良かったですね。来シーズンは厳しくするつもりのようですが、徐々にトゥヘルの本性が出てきて逆にチームが混乱しないと良いですが・・。まあ彼ならドルトムントでの経験を活かすことができるでしょう・・。



[ 2019/05/26 12:10 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(4)
モウあたりが売り込んで来てる気がしたのですが、よかったですね。
[ 2019/05/26 14:56 ] [ 編集 ]
プライドの高い選手たちとここまで良好な関係を築けたのは正直意外でした
猫を被っていただけなのかドルトムントを経て変わったのか…
来シーズンのPSGがどうなるか楽しみですね
[ 2019/05/26 16:19 ] [ 編集 ]
まあドルトムントを経て少しはやり方を覚えたということですね、それにPSGにしても1シーズンで解雇は過去の監督遍歴を見ても有り得ないですし、来シーズンこそがトゥヘルにとっての正念場になるでしょう
[ 2019/05/26 20:34 ] [ 編集 ]
ヴァツケのインタビュー読んでから感じたのは、トゥヘルがゲッツェを冷遇し続けた(初めは優遇も、アッサリ見切りつけて香川に切り替えた)事が、ドルトムントを首になった原因の一つかも…って事。
トゥヘルに対して、ある事無い事印象操作されてたのかもしれないし、まぁ終わった事だけど…
パリでは永く活躍して欲しいですね。
[ 2019/05/27 16:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。