ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ紙「宇佐美貴史の静かな別れ!」宇佐美!デュッセルドルフを去る!《ドイツの反応》

【RPオンライン】

宇佐美貴史の静かな別れ

fortuna-duesseldorf-usami-wieder-da.jpg


宇佐美貴史がアウグスブルクに帰るという事は、フォルトゥーナにはもう日本人がいなくなるという事だ。しかしこの状況は変わる可能性がある。


昨年の11月の事だ。試合開始49分の事だった。ボジェクが完璧なダイアゴナルなパスを右から左に送った。そしてそのボールをニコ・ギーセルマンが受け取ると直接宇佐美貴史に送ったのだ。この日本人はそのボールをおそらく苦手とみられている左足で力強くシュートしゴールを決めたのだ。この先制点がきっかけとなり、デュッセルドルフは4:1でヘルタに勝利している。これが連敗中だったデュッセルドルフの転換点となっている。フンケル監督は、この先制点に関して、“これは今シーズンで最も重要な瞬間だったと思う。”と語っている。しかし宇佐美にとってはフォルトゥーナで最後のゴールとなってしまった。彼は後半戦忘れられた存在となり、デュッセルドルフを去る事になる。彼のキャラクターのように非常に静かに。



スポンサーリンク



宇佐美は今シーズン、前半戦においても控えの役割以上の働きが出来なかった。それでも残留するにおいて決定的となるゴールを決めている。さらにその数週間後のフライブルク戦ではカーン・アイハンが宇佐美のコーナーからゴールを決めている。これらの試合でフォルトゥーナが負けていればフンケル監督は解任となっていただろう。


後半戦に入ってから宇佐美が先発でプレーしたのは最初の2試合だけだった。ライプツィヒに0:4で敗れて以来、宇佐美がプレーしたのはたった69分だけだ。そして彼のフォルトゥーナでの時代はこの夏に終わる事となった。


もちろんフォルトゥーナの要求が高くなってきた事もあるだろう。宇佐美は昨シーズンもデュッセルドルフでプレーしたが、昇格に大きく貢献している。彼は28試合で8ゴール3アシストをしているのだ。そのうち6ゴール3アシストが後半戦になってからだ。宇佐美のパフォーマンスは同郷の原口元気がやって来てから爆発的に向上していた。



しかし原口がフォルトゥーナを去り、ハノーファーに戻る事になる。フォルトゥーナは宇佐美の獲得を熱望し、その結果もう1年アウグスブルクからローンで移籍する事となったのだ。宇佐美のパフォーマンスが原口と関係するのかどうかは、もちろん憶測にすぎないが、宇佐美のフォルトゥーナでの時間が終わったのは確かだ。


これによってフォルトゥーナからは一人も日本人がいなくなってしまった。しかしデュッセルドルフは多くの日本人が住んでいるため、クラブ幹部はその状況を変えたがっている。“日本人選手はフォルトゥーナでは常にテーマとなっている。もちろんそれにふさわしいクオリティーが必要だが。”とSDのプファンネンシュティールは語っている。“我々は日本の市場を集中的に見ているし、日本人選手を扱っている代理人とも連絡を取っている。”と彼は続けた。




以上です。


宇佐美選手の退団に関する記事が出ていました。フォルトゥーナとしてはやはり日本のスポンサーを獲得したいようで、今後も日本人選手の獲得には興味を持っているようですね。ちなみにデュッセルドルフには約500の日本企業があり、さらに6000人の日本人が住んでいるとされています。蕎麦屋や寿司屋もそこそこおいしい店がありますが、値段は高いです。割と手ごろな値段で食べれるラーメン屋(と言っても12ユーロぐらいする)はドイツ人もたくさん行列を作っています。





[ 2019/05/27 19:09 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(2)
フォルトゥナはなんやかんやで真ん中くらいの順位でフィニッシュしたな。これは昇格組としては大健闘でないの?戦術的にはど単純な引いてカウンター一本槍みたいだったけど、ドルトムントは大苦戦した。宇佐美的には合わないことやらされて気の毒に見えたけど、まぁとりあえず元クラブに戻って巻き返してもらえればいいんじゃないですかね。
[ 2019/05/27 23:38 ] [ 編集 ]
日本ではラーメンに1000円出せる出せないでネット上でネタ討論みたいなのありますが、12ユーロって普通に高すぎる
そもしも外食の平均単価が高いんですかね?
[ 2019/05/28 06:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。