ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》キッカー 香川は平均点!31節日本人採点まとめ!

少々遅くなりましたが、ブンデスリーガ第31節の日本人選手の採点まとめになります。前々回の記事でドルトムントの地元紙の採点が最近おかしいという話をしましたが(こちらです。)、ぜひとも比べていただければと思います。
またポカール準決勝のバイエルン対ドルトムント戦の採点も参考のためにのせました。




20150505041902bc5.jpg


【キッカー 日本人採点まとめ】


原口 4
岡崎 4
酒井 3.5 ハノーファー
清武 4
香川 3.5
大迫 5
長谷部 3.5
乾 5
山田 4

【キッカー ホッフェンハイム対ドルトムント採点】



ドルトムント

ランゲラック 2.5
シュメルツァー 4
フンメルス 2 キッカーのベストイレブン
ズボティッチ 3
ドゥルム 4.5
ケール 2.5
ギュンドガン 3
ミキタリアン 3.5
香川 3.5
ブラシコフスキー 4
オバメヤン 2.5
カンプル 3.5


ホッフェンハイム

バウマン 1.5
トルジャン 3.5
アブラハム 2.5
ビカクチッチ 2.5
ベック 3.5
シュヴェーグラー 3
ポランスキー 2.5
フォルラント 2
フィルミーノ 3.5
モデスタ 3
スザライ 4.5


【審判】4.5

個人へのファウルに対して曖昧な判断。同点の場面ではバウマンの視界を遮っていたオバメヤンのオフサイドを見逃した。



【試合】2

とても早いテンポ、共に多くのチャンス。とても緊張感のある試合。




スポンサーリンク


【キッカー バイエルン対ドルトムント戦】




ドルトムント

ランゲラック 1
シュメルツァー 4
フンメルス 4
ソクラティス 4.5
ドゥルム 4.5
ギュンドガン 4.5
ベンダー 3.5
ブラシコフスキー 3
ロイス 4
香川 4.5
オバメヤン 2.5
ミキタリアン 2
カンプル 5
ケール 3



バイエルン

ノイアー 2.5
ベナティア 2
ボアテング 3
ラフィニア 3
アロンゾ 3
ヴァイザー 3.5
ラーム 4
ティアゴ 3.5
ベルナート2.5
レヴァンドフスキー2.5
ミュラー 3
シュヴァインシュタイガー 2.5
ゲッツェ、 4.5


【審判】 6 ガーゲルマン

開始1分のベナティアのハンドに対してPKを出さなかったことはまだ分かるとして、この難しい試合で、55分のシュメルツァーのハンドに対してはPKが与えられなければならなかった。また111分のランゲラックのレヴァンドフスキーに対する場面もPKに値した。いずれにせよこのポーランド人はわずかにオフサイドの位置にいた。また90分のシャビ・アロンゾのミキタリアンに対するファウルではこのスペイン人はイエロー2枚でレッドカードをもらわなければならなかった。



【試合】2

長い時間バイエルンのみが彼らのレベルを示しており、70分までドルトムントはとても受け身だった。でも非常に劇的で最終的にはとても楽しめる試合だった。






以上になります。


ここ2試合地元から非常に低い評価をうけた香川選手ですが、キッカーではどちらの試合でも地元紙よりも良い採点をしています。(だからと言って特に点が良いわけではありませんが、このぐらいが妥当な評価ではないかと思います。)

キッカーの採点にもたまに首をかしげたくなる時もありますが、シーズンを通してみるとやはり基準がある程度明確で、一番信頼できるの採点ではないかと思います。

ビルトは、得点に絡むとかならず点が高くなる、という分かりやすい基準があるようです。一方で活躍できなかった場合は容赦なく悪い点がつきますが・・。


それからドイツ人は採点をどのように捉えているのかというような質問がありましたが、良いか悪いかは基本的に試合をみて自分で判断していると思いますよ。あまり他人がどう思っているかはドイツ人は興味が無いんです。だから地元紙の採点が話題になる事事態があんまりないのではないかと思います。

ただキッカーだけは選手一人一人のデータが分かるようになっていますから、データ収集が好きなサッカーファンなどは毎回採点をチェックしていると思います。中には自分のチームだけでなく、ブンデスリーガの試合をまんべんなくチェックしたいというサッカー好きも多くいますからね。採点はむしろそういう人のためのような気がします。そいういうのも結構楽しいですからね。

さてブンデスリーガも残り3試合になってしまいました。ヨーロッパ圏争いと残留争い、最後まで見逃せませんね。



【おまけ今日のドイツ】

IMG_1398.jpg

モーリッツブルク城 入り口にある像
ザクセン大公モーリッツが狩猟用に建てさせたお城の前にあります。池に囲まれたきれいなお城でSLに乗ってこの街へ行くのが有名です。


ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball
No title
キッカーを除いて試合後即点数が出ますが、キッカー紙は数人がしっかり協議して点数を決めるらしいですね
一試合一試合しっかりデーターを出しているのならやはり採点に関しては一番信頼できるのかなと思います
リーグ戦では現在のところロイスに続いて2番目に平均採点が高いですね、今期もあと数試合ですが恩師のためにもがんばって欲しいものです
[ 2015/05/05 21:23 ] [ 編集 ]
やはりキッカーの採点は気になりますね。香川の採点に関しては妥当なところか。管理人さんはドルメンバーだけでなく相手チームの採点も載せてくれたり審判や試合の採点を載せてくれてるのが嬉しいです。
[ 2015/05/06 08:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。