ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ファン・ペルシーが明かす!「キャリアで最も素晴らしい賛辞をくれたのはクロップ!」《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

オランダのスター!ファン・ペルシーが明かす!


“僕のキャリアで最も素晴らしい賛辞をくれたのはクロップ”

persie.jpg


ロビン・ファン・ペルシーは少し前に引退している。オランダの得点記録保持者(50ゴール)はこれまでフェイエ―ノール、アーセナル、マンチェスター・ユナイテッド、フェネルバフチェでプレーしていた。ファン・ペルシーはこれまで多くの事を経験してきたが、その中でも一つの事が特別な記憶として残っているようだ。



スポンサーリンク



“これまでのキャリアにおいて最も素晴らしい賛辞をくれたのはユルゲン・クロップだね。”とファン・ペルシーは“Voetbal International”において明かす。“彼は僕に対して、‘1試合で3つのポジションを同時にこなす選手は見たことがない’って言ったんだ。”


ファン・ペルシーは2011年のチャンピオンズリーグでクロップが率いるボルシア・ドルトムントと対戦し、アーセナルで素晴らしいパフォーマンスを見せている。その試合で先制点をあげたファン・ペルシーだが、“僕はその試合では少し下がってプレーし、そしてサイドでもプレーし、また最前線でもプレーしたんだ。”と語っている。“だからその試合ではゴールが出来たんだ。そして素晴らしいパフォーマンスを発揮することが出来たんだ。なぜならチームが僕のプレースタイルに合わせてくれたからね。”とファン・ペルシーは語ったが、試合後クロップは彼を呼び寄せ、特別な賛辞を贈ったようだ。



ファン・ペルシーはユルゲン・クロップのリヴァプールでの仕事ぶりに感激している。“リヴァプールのプレッシング、インテンシティを見るのは本当に喜びだね。クロップにとってもチームが彼の哲学を受け入れていく様子を見るのは楽しいだろうね。”と彼は語っている。そして、“リヴァプールでは4バックの前に3人いるが、その3人が常に互いに補い合っているね。本当に素晴らしいね。こうなるには沢山練習しているに違いないね。それ以外ではこんなことはできないよ。”と続けている。




以上です。


この年のドルトムントはチャンピオンズリーグでは1勝しかできずにグループ4位に終わっていますね。ファン・ペルシーもフェネルバフチェの後はフェイエノールトに戻っていましたが約二週間ほど前に引退を発表していました。今シーズンもリーガ25試合で16ゴール5アシストもしていましたから、まだやれそうな気がするだけに残念ですね・・。




[ 2019/05/28 06:00 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(3)
ペルシはオランダリーグで16ゴールしてるんですか。フェネルバフチェでは3年ぐらいいたはずですがそんなにゴールしている記憶がないのですが。ゴール数で一概にリーグのレベルは推し量れないのかも。ゴール数を稼ぎやすいリーグとそうでないリーグがあるんですね。
[ 2019/05/28 12:41 ] [ 編集 ]
まだ五大上位で通用したと思う、意外とドルトムントとかハマったかも知れない
というかペルシニキって元同僚の香川とか同じ代表のファンダイクとかクロップと結構共通の縁があるよね
[ 2019/05/28 18:14 ] [ 編集 ]
ペルシに対してクロップもこう言ってる
やっぱり複数ポジションこなすのは簡単ではないということだ
ファンは軽々しくポリバレント性を求めるけどね
[ 2019/05/29 04:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。