ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

シュトゥットガルトが2部降格!ビデオ審判がゴールを取り消したため!《ドイツの反応》

【ビルト】

シュトゥットガルトが2部降格!


ビデオ審判がゴールを取り消したためにシュトゥットガルトが降格!


bil.jpg





ベルリンがブンデスリーガに!これでベルリンではヘルタとウニオンの二つが1部リーガでプレーする事になった。


スポンサーリンク



この日行われた入れ替え戦においてウニオンはシュトゥットガルトと0:0の引き分けに終わったがファーストレグで2:2だったために昇格を決めている。シュトゥットガルトは今シーズンクラブ最低となる28ポイントで入れ替え戦に臨んだが最終的に降格する事となっている。


ニコ・ヴィリッヒ監督は、“このシーズンはホラーだ。シュトゥットガルトの歴史において最低のシーズンだ。本当に申し訳なく思う。”


シュトゥットガルトの予算はこれで4000万ユーロ少なくなるとみられている。スポーツ部長のヒッツェルスペルガーはユーロ・スポーツにおいて、“本当にがっかりしている。今シーズン、我々は一度も自分たちを見つる事が出来なかった。多くのミスを犯してしまった。”と語っている。



そしてこの試合が、ビデオ審判が結果を決めた最初の降格劇となっている。



開始9分にアオゴが19メートル離れたところからフリーキックを直接決めている。しかし愚かなことにチームメートのゴンザレスがオフサイドのポジションにいたのだ。審判はビデオを見た結果、このゴールを取り消している。



ヴィリッヒ監督はこのオフサイドのポジショニングについて、“この映像を見てはいないし、もう見るつもりもない・・・。”と語っている。


ウニオンはこのまま0点を守りきり、56年ぶりに一部昇格を果たしている。


クラブに10年間在籍するパレンセンは“今シーズン我々が成し遂げたこと、そして今日成し遂げたことは本当にすごいことだ。夢がかなったよ。”と語っている。




シュトゥットガルトはこの試合、再びマリオ・ゴメスなしでスタートしている・ヴィリッヒ監督はスタメンを4人変更して試合に臨んでいる。唾を吐いたことで6試合出場停止となっていたサンティアゴは再びスタメンに名を連ねている。


試合は血なまぐさい展開となる。開始20分にはシュトゥットガルトのバートシュトゥーバーとカバク、そしてウニオンのアンダーソンが空中で衝突したのだ。その結果バートシュトゥーバーとカバクが頭に包帯を巻いてプレーする事態となっている。


試合はシュトゥットガルトの方が良かったが、本当のチャンスはほとんどなかった。後半は発煙筒の煙のために2分間開始時間が遅れている。

後半チャンスを得たのはベルリンだった。アブドゥラヒが2度もゴールポストを直撃している。


試合はウニオンが0点を守り切り、昇格を決めている。これで来シーズンはベルリンダービーが見られることになる。




以上です。



アオゴの得点シーンの映像を見ましたが、これはディフェンダーがひどすぎますね。どうしてフリーキックのボールをける前にあんなに一人だけ下がっていたのでしょうか…。明らかにオフサイドなので取り消しはしょうがないですね。フリーキックが直接決まる事なんてそうはないのに、本当にこれは残念ですね・・。



[ 2019/05/28 19:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(5)
まぁ恐らくGKの視界を塞ぐ目的であの位置まで下がったんでしょうね
それによりプレイに関与したと判断されオフサイドになったと
普通はオフサイドポジションにいてもプレイに関与しなければオフサイド取られないですが流石にあれはアウトですね
[ 2019/05/28 20:18 ] [ 編集 ]
さすがに意味不明すぎたw
実際関与しているとは思わないが
視界を塞いだととられてもしょうがない位置
降格はこの試合だけでは決まらない
[ 2019/05/28 22:35 ] [ 編集 ]
こんなのは流石に初めて見ますね。
あの選手はサッカーのルールを知らないとしか思えない。


>>フリーキックが直接決まる事なんてそうはないのに

中村俊輔のせいでFKは決まりやすいという錯覚を日本人は持ちすぎですねw
普通はあんなに決められないということを思い出さないと
[ 2019/05/29 05:04 ] [ 編集 ]
あれオフサイドなるんだ
勉強になった
[ 2019/05/29 14:48 ] [ 編集 ]
確かに中村俊輔以降は壁ドンか大宇宙がデフォ
[ 2019/05/29 14:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。