ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!フランスのレジェンド、リリアン・テュラムの息子を獲得か?《ドイツの反応》

【Sportbuzzer】

BVB次なる補強を計画!フランスのレジェンドの息子と会談!


guinga.jpg


ブンデスリーガのボルシア・ドルトムントはブラント、シュルツ、アザールの獲得の後で、さらなる補強に動いている。どうやらドルトムントは現在ガンガンでプレーするマルクス・テュラムに興味を持っているようだ。



スポンサーリンク



ワールドカップチャンピオンのリリアン・テュラムの息子であるマルクス・テュラムがドルトムントの注目を集めている。フランスのレキップ紙のジャーナリストであるベルトラン・ラトゥーが報じたところによると、どうやらBVBはこの21歳の獲得を考えているようだ。



さらにユーロとワールドカップで優勝した彼の父も、息子がドルトムントでプレーする事を望んでいるようだ。すでにクラブ幹部とマルクス・テュラムは会談したとされている。


この192センチの左サイドは今シーズン、フランス1部で32試合に出場し9ゴールを挙げている。彼はガンガンと2020年まで契約しているが、クラブ残る可能性は低いとみられている。


BVBはシュルツ、アザール、ブラントを獲得することで、バイエルンとの優勝争いを宣言している。




以上です。

今シーズンフランスリーグでブレイクし、市場価格も900万ユーロまで上がってきていますが、ポジションが左サイドのアタッカーなので、それが少し気になるところですね。獲得するのであれば、ラーセンをどうするのかはっきりさせてほしいですね。それともドルトムントも若い選手を獲得してから、いきなりローンで他のクラブに移籍させる、とかどこぞの大きなクラブのような事をするのでしょうか・・。



[ 2019/05/29 10:00 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(3)
あのテュラムの息子がもう21歳というのに驚きを隠せません笑
父親みたいに会見の時は眼鏡をかけて知的アピールしてほしいです。
[ 2019/05/29 10:58 ] [ 編集 ]
ラーセンもそうだけど長身の左サイドってヴォルフもそうじゃなかったっけ?
ヴォルフはSB扱いなんかね
それにフィリップだって左サイドなのに、今居る選手を信用しないのか
[ 2019/05/29 13:04 ] [ 編集 ]
ヴォルフはユーティリティ枠
フィリップは売却
ラーセンはレンタル
が順当なのでは?
[ 2019/05/29 13:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。