ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

元ドイツ代表!バイエルン・ボアテンのドルトムント移籍を勧める!《ドイツの反応》

【ビルト】

エッフェンベルクのアイデア!

ボアテンがいればドルトムントも優勝できる!



boateng.jpg


バイエルンではもはや必要とされていない。ではドルトムントならどうだろうか?


元ドイツ代表のシュテファン・エッフェンベルクの考えでは、ジェロム・ボアテンはドルトムントに完璧に合うとのことだ。そしてそれによってボアテンのドルトムント移籍を勧めている。


スポンサーリンク



彼は“Tオンライン”のコラムにおいて、“ブンデスリーガだったらドルトムントが唯一候補となるクラブだろう。”とエッフェンベルクは語っている。

いったいエッフェンベルクはどうしてそう思ったのだろうか?“ドルトムントには経験豊かな選手がまだ欠けている。特にセンターバックにおいてね。BVBは本気でボアテンを考えるべきだね。“とエッフェンベルクは語っている。


エッフェンベルクがボアテンの獲得を勧めている!


ウリ・ヘーネスはボアテンに関して、“彼にクラブを去る事を勧めるよ。”と語っていたが、もはやバイエルンにおいて将来はないと見られている。彼の市場価格はトランスファーマルクトによると3000万ユーロだ。最近ではインテル・ミラノが候補に挙がっていた。


エッフェンベルクによれば、ボアテンがいれば、優勝争いにむけて大きな補強になるとのことだ。“彼ならチームを安定させるにおいて完璧だろうね。優勝争い、それどころか優勝するために。”とエッフェンベルクは語った。





以上です。


まあないとは思いますが、バイエルンからドルトムントに移籍したら面白いですね。移籍金はなんとかなりそうですが、給料がさすがに無理そうですね・・・。


それにしても経験豊富なセンターバックは魅力的ですね・・・。



[ 2019/05/30 10:22 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(7)
新加入のおもりさせられるだけだからやめたほうがいいと思う。
優勝狙ってないチームに行くかな?
[ 2019/05/30 10:31 ] [ 編集 ]
後ろは何やってもダメなんだから獲れるものなら獲らないとね。
ピシュチェク、シュメレもケガがちでフルシーズンはもう望めないからディフェンス陣はリーダー不在でもある。ボアティンなら頑丈だし経験値もあるからフルシーズンリーダー任せられるし、リーダー無くしてディフェンス再構築はできんわな。ちゃんとやれるのなら長谷部でうまくいったフランクフルトみたいになれる。あそこはディフェンスだけでもお金取れるよ。
もっとも、ファブレは、やたら細いわりに約束事がデタラメっぽいし、自分の言うこと聞かない人は冷遇するから合うとも思わんけどね笑
[ 2019/05/30 11:52 ] [ 編集 ]
バイエルンからのお勧めってローデにゲッツェと何か裏があるとしか思えない
[ 2019/05/30 13:32 ] [ 編集 ]
ボアテングいいと思うよ。ちょっと前までCBの最高峰の一人だった選手。なんでここまで評価を下げたのかさっぱりわからん。どちらにせよドルを最後の移籍先と考えてくれる選手は欲しい。
[ 2019/05/30 21:06 ] [ 編集 ]
元とはいえ再びドイツ代表だらけのドルトムント化待ったなし!
[ 2019/05/31 04:15 ] [ 編集 ]
バイエルンのおさがりは訳あり物件
おさがりテロで何年苦労したことか
もういらない
[ 2019/05/31 09:45 ] [ 編集 ]
下からは引っこ抜き上からお下がりを貰うドルトムント
悪くない補強ではあるが一生バイエルンの日陰になります宣言感は拭えないな
[ 2019/05/31 13:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。