ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》内田 今シーズン終了! 放射線療法で治療へ 独キッカーの記事より

内田選手に関するキッカーの最新記事になります。





シャルケはこれからも緊急策のヘヴェデスで

内田の今シーズンは終了

2015050605142942a.jpg


この前の土曜日、3:2で終了したシュトゥットガルト戦の後で、内田篤人は控室を訪ねた後で、足を引きずりながらヴェルティンス・アレーナへと階段を登ってきた。それは見る人にとっては明らかだった。:この日本人をここ2週間ほど安静へと追いやった膝の問題がまだ良くなっていないということだ。それどころか、内田が今シーズンはもう出場しないことが明らかになった。


バスティアン・シュバインシュタイガーの時のように、元バイエルンの医者、ハンス・ヴィルヘルム・ミュラー・ヴォールファールトが、このシャルケの右サイドバックに対して、特別な放射線療法にあたっている。それによって十分な安静時間を取らなければならないのだ。しかい長所は:可能な限り手術を避ける事が出来る事。


日本サッカー協会の医者が外科的な手術を薦めていたのに対して、シャルケは最初から保存療法を押していた。そしてそれは内田篤人を説得したようだ。それに対して膝に対する危険は明らかに少なくなる。


スポンサーリンク


それによって今シーズン終了までベネディクト・ヘヴェデスが最終ラインの右側でプレーすることが明らかになった。その解決策に関してはディ・マッテオ監督自信も、緊急策と語っている。このキャプテンはもう一度文句も言わずに右サイドでプレーすることになるだろう。

しかしシュトゥットガルト戦では見て明らかだった。:ヘヴェデスは右サイドバックでは彼のクオリティーを中央のように発揮する事はできない。そして彼がディフェンダーのボスとしてそこにいない事が痛いほど悔やまれる。

唯一の代案は;ディ・マッテオは若きマルヴィン・フリードリッヒを右で起用し、その代わりにマティップかナスタジッチを犠牲にしなければならない。

良いニュースはマルコ・ヘーガーが月曜日にチームトレーニングに合流したことで、彼はまもなく出場可能となるだろう。





以上です。


ここの所出場していなかった内田選手ですが、早めのシーズン終了となりました。現在放射線療法で治療中との事ですが、早く怪我を直して良いプレーを見せて欲しいですね。

それにしても日本側とチーム側で治療の方針が違うというのは興味深いですね。医学の技術においては日本もドイツも世界最先端だと思いますが、スポーツに関してはどうなんでしょうか?

管理人もドイツに来てからだいぶ病院には通いましたが、日本との大きな違いは、ドイツの診察室は必ず個室だということです。しっかりとプライバシーが守られており、話を外から聞いたりすることはできません。それは歯医者も一緒で、最初に行った時はある意味感動しました。患者に対する医者の態度なども随分とドイツの方が進んでいるような感じがしますが、ここ10年で日本も代わったのでしょうか?


【おまけ今日のドイツ】

IMG_1544.jpg

ブレーメンのシュノアー地区
この一角は可愛いお店やおしゃれなカフェがあって散歩に丁度いいです。
[ 2015/05/06 06:15 ] 内田 シャルケ | TB(-) | CM(10)
No title
この人内田に厳しい記者だったら笑うな。いつも内田ディスってるシャルケ担当の記者がキッカーにいたはず。
[ 2015/05/06 06:38 ] [ 編集 ]
No title
本来なら休むところずっと出続けたんだから当然
[ 2015/05/06 06:57 ] [ 編集 ]
No title
とにかく無事を祈る
[ 2015/05/06 08:58 ] [ 編集 ]
No title
満身創痍だな
[ 2015/05/06 15:12 ] [ 編集 ]
No title
もっと早く治療に専念すべきだったよ。まだまだ、若いんだから(カズに比べたら)
[ 2015/05/06 19:16 ] [ 編集 ]
No title
少しホッとした、きっとまたパワーアップして帰って来てくれるはず。シャルケは反省してくれ、もっと早く練習を中止して休養して治療してればよかったのに。
[ 2015/05/06 22:33 ] [ 編集 ]
数年前の内田選手のTVドキュメントで、試合に出られない状況に「どれだけ我慢できるか」が勝負と話されていました。当時より背負うものが増えていると思いますが、何とか堪え抜いて欲しいです。
[ 2015/05/06 22:43 ] [ 編集 ]
No title
解説者の戸田も内田はオーバーホールが必要って言ってたな
[ 2015/05/06 22:58 ] [ 編集 ]
No title
欧米は個室が多いよな。イギリスでもそうだった。
日本は単純に作業の効率化だろうな。看護師・医者が部屋を行き来しやすいように。
だから、軽い病気ならいいけど、欧米はやたら待たされる。場合によっては数日間(笑)
[ 2015/05/07 13:11 ] [ 編集 ]
No title
W杯前、日本代表は手術が必要とされた内田に保存治療を薦めて酷使。W杯終わって足の状態が悪くても親善試合に出場させながら手術を勧める。内田は代表に壊されたようなものだよ。
治るといいなぁ。
[ 2015/05/07 18:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。