ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

【EL決勝】アーセナル・スター・エジル!全く目立たず途中交代!非常にがっかり!《ドイツの反応》

【Sportbuzzer】

全く目立たず途中交代!アーセナルのスター、ヨーロッパリーグ決勝でがっかりさせるパフォーマンス!

oyil.jpg


メスート・エジルはヨーロッパリーグの決勝戦で、たった40回のボールコンタクト、そして対人勝率25パーセントとパフォーマンスを発揮できなかった。チェルシーに1:4とされた時点で途中交代させられている。




スポンサーリンク



たった40回のボールコンタクト、そして通したパスは26本だけ。さらに対人勝率は25パーセント。チェルシーとのヨーロッパリーグ決勝戦はメスート・エジル抜きで行われたようなものだ。その結果ウナイ・エメリ監督は77分に彼を下げ、その代わりに19歳のジョー・ウィロックを投入している。その時点でアーセナルは1:4で敗れていた。




試合中にはメスート・エジルのプレーに落胆した多くの視聴者からコメントが寄せられている。もちろん公平に言えば序盤を除いてアーセナルはみな最悪の一日に当たってしまったわけだが・。それでもチームを率いるような選手にはもっと期待したいものだ。



以下、エジルに対するネットの反応

・エジルはまたフィールド上をのろのろと歩いている。

・エジルはバイエルンだったらセカンドチームにも入れない。

・エジルはプレーしてたっけ?

・負けているのにそんなにだらだら交代に時間をかけるなんて、それがすべてを表しているよ。

・これがアーセナルで彼の最後のプレーとなるだろう。





以上です。

昨日の試合は後半途中から見ましたが、あっという間に2:0にされて、これはチェルシーか勝つかな、と思ったらすぐに3点目、4点目が入りちょっと拍子抜けしてしまいました・・。

それだけにチェルシーとも良い戦いを繰り広げたフランクフルトが決勝に行けなかったのがなんだか余計に悔やまれました。

エジルはベンチ外にされるなど、起用されないときにはドイツで随分話題になっていましたが、来シーズンはどうなるでしょうかね・・。



[ 2019/05/30 21:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(10)
エジルは週給に満足しちゃってるのかプレイに手抜き感を感じちゃうんですよね。気分でプレイしてるとも言う。早々に売って、若手獲得した方がいですよ。エジルの年棒で有望な若手をたくさん買えます。
[ 2019/05/30 21:54 ] [ 編集 ]
大事な決勝でこのパフォーマンス+態度はなぁ…ラムジーやムヒの分まで奮起すると思ってたのに
放出されても仕方ないし残留するとしても減俸させてもらうべき

アザールがチェルシーへの最後の置き土産として躍動してただけに余計に際立ってしまう
[ 2019/05/30 23:50 ] [ 編集 ]
ムヒは使えないしエジルはサラリーにまったく見合わないプレーするし、CL出場権は逃すしでアーセナルは散々だったな
[ 2019/05/31 01:35 ] [ 編集 ]
エジル売るのは賛成だが若手ばあり求めるのも違うな
転売クラブではなくタイトル欲しいガナに最も必要なのは若手じゃなく経験あるそれなりのベテラン選手だ
25〜29くらいでタイトル撮り慣れてる中盤が望ましい
[ 2019/05/31 04:11 ] [ 編集 ]
クロップ・リバプールの躍動がまさに象徴的で、現代サッカーは質よりも運動量が勝る時代になっている。
サッカーに芸術性を求める私は、最近のセカセカしずぎるサッカー、過剰なまでのスピードサッカーを見るに、
「クロップなんて居なければ良かったのに」とさえ思ってしまうよ…
スポーツだから仕方がないけどもね。
[ 2019/05/31 06:06 ] [ 編集 ]
若手とかアーセナルは転売クラブじゃないんだから
必要なのは経験豊富な選手だろ
[ 2019/05/31 13:22 ] [ 編集 ]
2012頃のクロップはトランジション速いだけじゃなく芸術性もあったけどね
だからこそクロップは人気物件になったしリバポにも行けた
クロップ本人も11-12のチームを5年率いていれば1〜2回はCL取るチャンスあったって言ってたでしょ?
[ 2019/05/31 22:28 ] [ 編集 ]
なんか質とか、芸術性というのが具体的に何なのかよー分からんけど質を言うならリヴァプールは敵陣でのボール回収率やらポゼッションに関するデータはシティに全て次いで2位だし。ただカウンター関連のデータは全部一位だからクロップ色は出てるがそれでも質重視にシフトされてるよ。チーム走行距離ランキング見ればわかるけど二桁後半あたりの順位だしリヴァプールはもうあんまり走ってないサッカーしてるよ。jリーグでも運動量重視する長谷川東京が首位だけど走行距離ランキングは二桁であんまり走ってない。現代サッカーは質と量の二輪というか。真のトータルフットボールというか。

だからエジルの場合はもう質が低いのか。質があれば違いを見せれる筈。シティとかきたらどうなるのか見てみたいなぁ
[ 2019/06/01 12:29 ] [ 編集 ]
芸術性というのは誰が見てもペップ・グァルディオラですね。
クロップはそれとは対極ですね。
皮肉にも。
[ 2019/06/01 15:35 ] [ 編集 ]
対極?いやクロップもシステマチックにやってるけどね?逆にペップもカウンターを取り入れてはいるし、どちらの色が強いか中心にしてるかってだけで、効率的にゴールを狙うやり方に違いはないと思うけど
[ 2019/06/02 05:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。