ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ紙が、香川らドルトムントのローン移籍の選手の移籍を査定!《ドイツの反応》

【Sport.de】

ドルトムント!ローン移籍の選手を査定!


kagawa80.jpg


香川真司

非常にがっかりさせられた昨シーズンにおいて、香川はBVBにおいて継続的にパフォーマンスを発揮した選手だった。しかしルシアン・ファヴレにはこの日本のプレーメーカーの使い道がなかった。その結果冬にローン移籍でボスポラスへと移籍する事になったが、そこでの成績は可もなく、不可もなく、といったところだった・・・。

この日本人は最初の数週間で力強いプレーを見せ、14試合で4ゴール2アシストを記録しているが、ベシクタシュで代えの利かない存在となる事はなかった。香川はこの夏ドルトムントに戻ってくるとみられている。

採点3


スポンサーリンク



アレクサンダー・イサーク


新たなイブラヒモビッチとされていたイサークであるが、ファヴレの下では役割を担わなかった。この19歳はオランダ1部リーグでその力を証明するチャンスを得たが、そのチャンスを見事にものしている。彼はヴィレムⅡでプレーし18試合で14ゴール7アシストも決めているのだ。それでもこの夏、ドルトムントがこの若い選手を起用する可能性は低い!


採点1


アンドレ・シュルレ


シュルレはプレミア・リーグのフルハムに移籍し、そこで6ゴールを挙げている。さらに月間最優秀ゴールにも輝いている。しかしシーズン終盤に彼はポジションを失い、さらにクラブの降格を防ぐことができなかった。

クラブは下から2番目として2部リーガに降格が決まったが、シュルレのフルハムとのローン契約はこれで解消となる。それでも彼がBVBに戻ってくる可能性は限りなく低い

採点 3.5


ゼバスティアン・ローデ

控えからキープレーヤーに。ローデはドルトムントからフランクフルトに移籍し、変化を成し遂げた。アディ・ヒュッター監督の下でレギュラーとなったのだ。一方ファヴレの下では彼は一度もBVBのベンチに入っていない。彼がこの夏どうなるのかはまだオープンだ。


彼はヨーロッパリーグの準決勝チェルシー戦で膝を負傷している。そのため再び数か月の離脱が必要とされている。それでもアイントラハトは彼を正式に獲得するつもりだ。


採点 1.5



フェリックス・パスラック


彼はノーウィッチ・シティに移籍したが、昨シーズンのホッフェンハイムと同様にローン移籍先でも彼は定位置を獲得できていない。この右サイドバックはノーウィッチで448分しかプレーしていないのだ。BVBで大きなタレントとされていた彼にとってはこれは少なすぎる。パスラクがこの夏以降どうなるのかは本当に未定だ。


採点 5



ジェレミー・トルヤン


トルヤンがどうなるかもまだわからない。このユーロ21の優勝者はセルティックでは説得力のあるプレーを見せている。監督が代わったにもかかわらずだ・・。
チームマネージャーのブレンダン・ロジャーズはセルティックからレスターに移籍したが、ロジャーズの後継のニール・レノンもトルヤンを起用したのだ。しかしそれがBVBでの起用につながるかどうかはわからない。


採点 3.5


デニス・ブルニッチ


ブルニッチはファヴレの下で一度もプロチームに入らなかった。その代わり彼は下部チームでプレーしている。しかしドレスデンでは違う。そこでこの20歳はレギュラーとなっているが、最も好む守備的な中盤の位置ではない。彼はその代わりに左サイドハーフや左サイドバックでプレーすることが多かった。ディナモは彼を正式に獲得したがっている。


採点 1.5





以上です。

ローン選手の査定が載っていましたが、イサークの活躍はすごいですね。半年だけで14ゴール7アシストは本当にすごいです。ドルトムントでも活躍してほしいですが、もう一年同じクラブでプレーしてからドルトムントに戻る方が良いかもしれないですね。当然買取オプションはつけないのが条件になりますが・・。






[ 2019/05/30 19:07 ] 香川18/19 | TB(-) | CM(9)
イサクの数字やペルシの数字をみると、オランダリーグはゴールを比較的量産しやすいリーグのようですね。2人とも連係ができるタイプの選手でアシストも得意だから、攻撃的な足元がうまい選手が活きるのかな。それにしてもイサクの半期で14ゴールは凄い。

彼ももしかすると誰かの犠牲者だったとか。。。。
[ 2019/05/30 23:18 ] [ 編集 ]
オランダは若者の勢いに乗ったプレーに寛容だから、レンタルに出すならベルギーやブンデスリーガ内より絶対的に良いな
イサクはドルトムントなんかに残ってキャリアを無駄にするよりもっと良いチームに行くべきだし、パスラックは何年も酷い目に合ってるから早くBVBを抜け出すか、残るなら次はオランダだな
[ 2019/05/31 01:40 ] [ 編集 ]
試合数より出場時間でのポイント効率にして換算して欲しい
こういうところって競技人口一位の割にクリケットバスケテニスその他球技各種と比べて遅れてるよなサッカー
[ 2019/05/31 03:28 ] [ 編集 ]
オランダリーグと比べて、ベルギーリーグで活躍してもあまり評価されないのは何故でしょうか。
[ 2019/05/31 05:59 ] [ 編集 ]
ドルトムントに必要とされそうなのはイサクくらいか
あと1年レンタルもありかも
[ 2019/05/31 07:56 ] [ 編集 ]
出場時間でのポイント効率持ち出してもスーパーサブとしてはいいかもねくらいじゃないですかね
そういう指標はたいてい出場時間も長く効率も良い選手でつかわれるものなので
逆にそういうものを積極的にもちだすメディアやサッカーみてる人はそんなにみないですが
[ 2019/05/31 20:33 ] [ 編集 ]
サッカーでは長時間稼働することも選手を図る指標の1つだから得点効率がいいからといって必ずしもいいFWとは言えない(先発で使うと良くない選手、怪我が多い選手、スタミナがない選手等)
それよりも時間がかかろうとも多くの試合に出て試合毎に仕事をすることの方が大事だから試合数を目安にしてるんじゃないかな?
得点率も計算はされてはいるけどそれが持ち出されるのはパコアルカセルや香川のようにチームからスーパーサブの役割を与えられた選手の貢献度を図る時くらい
[ 2019/06/01 06:45 ] [ 編集 ]
現代フットボールではハードワークが当たり前、どの上位クラブも週2試合以上は当たり前でTO必須なのにスーパサブならいいかとか笑うわ
ポイント効率良いスーパサブとか現代じゃ寧ろ利点じゃん
[ 2019/06/02 05:20 ] [ 編集 ]
リバポがCL優勝出来たのもサラーファンダイクら主力だけじゃなく出場時間短い控えのオリジらのおかげでもあるしね
ゲッツェだってW杯や全盛期はスーパサブだったのに衰えて効率悪くなってても未だ擁護されてるって不健全な状態が続いてるのは効率より試合数に重きを置いてた結果だろう
スーパサブを軽視するチームは勝ち上がらないよ
[ 2019/06/02 17:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。