ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

グリースマンとバルセロナ!アトレティコに無断で交渉を開始しFIFAの規則に違反か?《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

グリースマン、とっくにサインしていた?

グリースマンの交渉をめぐる騒動!

gres.jpg


アントワーヌ・グリースマンはすでにアトレティコからの退団を明言しているが、将来については多くの噂が語られている。スペインのラジオ局“Cadena SER”が報じたところによると、このワールドカップ優勝者の移籍はとっくに決まっているとのことだ。

スポンサーリンク



その報道によると、この28歳はすでに3月の時点でバルセロナとサインしているとのことだ。どうやら編集部は確かな証拠を握っているようだ。しかしそれだけではない。ジャーナリストのマヌ・ガレノによると、グリースマンはすでに2018年の11月にバルセロナと交渉を開始したようなのだ。そしてこの交渉はFIFAの規則に反している。なぜならグリースマンはアトレティコとまだ長期契約を結んでいるためだ。


すでに一年前にも彼のバルセロナ移籍が噂されたが、当時はマドリッドでの契約を2023年まで延長している。そしてその契約解除条項の金額が2億ユーロとされていたが、1億2000万ユーロに下がっている。



アトレティコは、この出来事に対しては、非常に不満であり、FIFAに対して提訴するつもりのようだ。なぜなら残り6か月でクラブとの契約が切れる選手を除いて、交渉するにはクラブの許可が必要だからだ。


グリースマンがこうした事で話題となるのは初めてではない。最近“Sport”が報じたところでは、グリースマンが昨年の夏に繰り広げた出来事が原因でバルセロナではグリースマンを歓迎していない人もいるようだ。





以上です。


最近はバルセロナが獲得を見送るとかいう報道もありましたが、サインした証拠があるとの情報も出ていますし、どうなるでしょうかね。さらにFIFAの規則に触れている可能性もあるとのことなので、いろいろはっきりするまではもう少し時間がかかりそうですね。
[ 2019/06/01 06:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(4)
タッピングでしたっけ?
[ 2019/06/01 12:09 ] [ 編集 ]
ドルトムントがアザールと行った交渉もクラブ間合意が成されてないときにやってましたよね
それが出来るのは契約切れ半年前からじゃなかったんでしたっけ?
制度を曖昧にし形骸化させたり、穴を付いたりするのが欧州の常なんでしょうか?
[ 2019/06/01 14:51 ] [ 編集 ]
当たり前だけどみんなやってます。
[ 2019/06/01 20:16 ] [ 編集 ]
グリーズマンが何回断ればバルサは諦めるんだろ?そんな新しい中心が欲しいならメッシ売れば良いのにね、メッシに点取らせるためにグリーズマンに組み立てさせるの?
[ 2019/06/02 05:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。