ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

クロップ・リヴァプール!トッテナムを下しCL優勝!!!《ドイツの反応》

【ビルト】

チャンピオンズリーグ決勝!

クロップ!!幸せのあまりクラクラ


kliva.jpg


FCリヴァプールとリヴァプールが2019年のチャンピオンズリーグ優勝者となった。トッテナムに2:0で勝利したのだ。試合開始直後のハンドPKからこの赤い、魔法の夜が始まったのだ。


スポンサーリンク



ユルゲン・クロップはリヴァプールに14年ぶりとなるCLのタイトルをもたらしている。そしてこのドイツ人監督は個人的な決勝のトラウマに打ち勝ったのだ。彼は決勝で6回連続で敗れていたのだが、ようやく解き放たれた。


彼の最初の反応:まずはトッテナムのポケッティーノ監督との握手だ。そしてその後満面の笑顔だ。


キーパーのアリッソン・ベッカーは試合後に、“今シーズン成し遂げたことのすべてを自分の子供たちに語りたいね。信じられない気持ちだよ。”と語っている。



クロップは涙ぐんで声も出ない。彼は試合後“DAZN”に対して、“今日の試合はトッテナムにとっても我々にとっても最高のものではなかった。でも我々が勝利している。これは選手達と私の家族のためのものだ。私の家族は私の血そのものだ。私の家族は私よりも苦しんできた。”と語っている。



表彰式ではクロップが最初に台に上っている。そしてチームと祝っている。最後はキャプテンのヘンダーソンが優勝カップを受け取っている。そしてそのごスタジアムは“You'll Never Walk Alone”の大合唱だ。


試合は開始1分からクロップにとっては落ち着ける展開となった。23秒にマネがPエリアの角から浮かせたパスを出すと、それがシソコの腕に当たったのだ。ボールは最初は胸にあたったのだが、その後腕にも当たり、審判はすぐにPKを与えている。これはかなり厳しい判定だが、理解できる範囲だ。ブンデスリーガでもこのようなPKはたくさんあった。


そしてそのPKをサラーが決めている。これはCLにおいて歴史的なゴールとなっている。これはここ14年以来チャンピオンズリーグ決勝で最も早いゴールとなったのだ。そしてそれを決めたのはよりによってサラーだ。


彼は昨年の決勝でレアルのスター、ラモスに倒され、肩を負傷してしまったのだ。ようやく彼とリヴァプールがリベンジのチャンスを得たのだ。


その後は試合はあまり動かない展開となっている。トッテナムはハリー・ケインが2か月ぶりに復帰したにも関わらず、あまりぱっとしなかったのだ。


ケインはほとんど効果がなく、リヴァプールのファン・ダイクに完璧にマークされていた。元ブンデスリーガのフンミン・ソンだけが唯一勢いをもたらしていたのだ。



ポケッティーノ監督は、ケインのために準決勝の英雄、ルーカス・モウラをベンチに置いたが、どうやらこれが間違った決断となったようだ。試合終盤になってからトッテナムはソンとアリがチャンスを得たが、最終的には同じく準決勝の英雄オリギが87分に2:0となるゴールを決めている。



決勝が準決勝のような熱い展開にならなかったのは残念だ。リヴァプールは0:3からバルセロナを相手に逆転し、トッテナムも3点差をひっくり返したのだ。


でもリヴァプールのファンにとってはこれはどうでも良い。5万人ものクロップのファンが街に駆け付けたのだ。そしてその多くはチケットを持っていなかったのだ。試合前の混乱は非常に大きなものだった。


リヴァプールが優勝を手にしたが、これでヨーロッパにおいて6度目のタイトルとなっている。そしてこの監督の下ではまだまだチャンスがあるだろう。



クロップがヨーロッパのキングになったのだ!




以上です。


クロップ、リヴァプールが優勝しましたね!!クロップには本当に優勝してほしかったのでうれしいです。今日は期待したような、激しい展開にはなりませんでしたが、リヴァプールはしっかりと勝つことが出来ましたね。クロップはいつものスタイルだけでなく、強者のサッカーもできるようになったなと感じました。


クロップはこれでCLで優勝した3人目のドイツ人監督だそうです。あとの二人はヒッツフェルトとハインケスですね。意外とドイツ人少ない・・・。クロップはまだ若いですから、さらなるタイトル獲得に期待したいですね。



[ 2019/06/02 06:50 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(14)
クロップリバプールおめでとうございます!
チケットが無いファンが50,000人は凄いですね
[ 2019/06/02 07:23 ] [ 編集 ]
完勝だった。
PKの後はボール持たせてゲーゲン一辺倒。スパーズには何もやらせなかった。後半30分過ぎまではシュートを枠にすら打たせなかった。最後の15分は少し足が止まって枠内シュートもあったけど全てアリソンの範囲内。1点あれば楽勝だったドルトムントで勝ったころのようなゲーム展開だった。
それにしてもクロップとリバプールはやっと勝ったな。今か今かと待ちわびていたけど、いやーホントに長かったですね。
おめでとうさんです。
[ 2019/06/02 07:48 ] [ 編集 ]
クロップおめでとう
強者のサッカーが出来るようになったという管理人さんのコメント通りですね

さて数週間前のこちらのコメ欄でクロップを過去の人扱いのコメントをした方がいたけど、お元気でしょうか?ちゃんとサッカーを見てからコメントしましょうね。
[ 2019/06/02 07:56 ] [ 編集 ]
クロップはやっぱり凄いです。どこにいってもコツコツと自分のチームを作っていき結果を残す。スーパースターがいなくてもタイトルを取るんです。そして選手達の能力を引き出し自らも成長して行く素晴らしい監督ですね。
[ 2019/06/02 08:17 ] [ 編集 ]
クロップ監督、リバプールの選手たち、リバプールに関わった全ての人たちにおめでとうと言いたいですね
CL優勝っていうのはまさに世界一のクラブになったということ!
まだ涙が止まりません!
[ 2019/06/02 11:55 ] [ 編集 ]
リヴァプールの恐ろしいほどの守備力でした
前半は相手に何もさせないほどで、後半もギリギリで守りきったと思えば、一瞬で高速カウンターですし
スパーズはプレスのかわしかた見ても綿密な準備してきたのでしょうが、ダイクとアリソンに最後は屈しましたね
[ 2019/06/02 12:17 ] [ 編集 ]
クロップの満面の笑みやオリギの嬉しそうな顔は観ていてしあわせになった
ちょっとシソコが可哀想だったけど、リバプール勝ててよかった
[ 2019/06/02 14:12 ] [ 編集 ]
クロップはトップチームに行くわけでなく低迷チームを建て直して優勝させるから本物の名将だと思う
バルサやバイエルンやらシティなら誰がやっても優勝するチャンスはあるだろうけど
[ 2019/06/02 16:14 ] [ 編集 ]
早くに先制点得たことでハイプレスショートカウンターではなく、相手にポゼッションさせ確り守ってカウンターをやってましたね
余力が残った状態のリヴァプール相手じゃ終盤の大逆転劇も出来る筈もなくって感じかな?
[ 2019/06/02 16:42 ] [ 編集 ]
クロップよかったですね。リバプールはCLとは縁のあるチームですね
[ 2019/06/02 17:04 ] [ 編集 ]
リバプールのメンツのパワーというか迫力が凄まじいですよね。
みんな強いし大きい。
あの圧には小手先の技術は通用しないです。
[ 2019/06/02 20:21 ] [ 編集 ]
クロップは、一番好きな監督なので嬉しい。そしておめでとう。レッズというクラブも味があって面白い。バルセロナ戦で、観客席のジェラードが身を乗り出して見つめている眼が燃えていた。
[ 2019/06/02 20:31 ] [ 編集 ]
リバポは小手先の技術もあるから強いんだろ、バルサ相手にだって技術ですら負けてなかったわ
[ 2019/06/03 21:32 ] [ 編集 ]
リバプールに敗けたバルサの技術は小手先ですもんね(棒)
[ 2019/06/05 05:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。