ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

CL決勝!試合中に半裸の金髪女性が乱入!!その正体は?《ドイツの反応》

【ビルト】


彼女ははクレイジーなサイトの宣伝のために乱入!

これが決勝に乱入した女性の正体だ!

clf1.jpg



チャンピオンズリーグの決勝で乱入者だ!


マドリッドのスタジアムの観客と、数百万人のテレビ視聴者は、試合開始18分にその目を疑う事となった。いきなりブロンドの女性が非常にきわどい水着を着てフィールドに乱入してきたのだ。そしてセンターサークルの真ん中で二人の警備員に捕まえられることとなった。


スポンサーリンク



このシーンはほんの数秒の出来事で、この女性が写されることはなかった。ではいったいこの行動の背後に何があったのだろうか?これは多くのファンが疑問に思う事に違いない。


ビルトの情報によると、この女性のきわどい水着には“Vitaly Uncensored”という文字が入っていた。これはいったい何だろうか?どうやらこの女性はこの性的なインターネットサイトのための宣伝をしたようだ。このサイトではエッチなでおもしろいビデオが投稿されているようだ。

clf2.jpg


そしてこの女性は決して無名ではなかった。彼女の名前はキンジー・ヴォランスキーで、22歳のアメリカ人モデルだ。

彼女はインスタグラムで33万4千人のフォロワーを獲得しており、この1時間後にはその数が50万に上昇している。そしてそれは今も上昇しているようだ。彼女のインスタグラムではこのスタジアムで見たのと同様に、その体が惜しみなく写されている。それに加えて彼女のボーイフレンドはヴィタリー・ズドロヴェツキーというのは、どうやら上記のサイトの運営者のようだ。





そしてどうやらこれは初めてではないようだ。どうやらこのズドロヴェツキーはこれまでに何度も裸で試合に乱入して、中断させているのだ。すでに2016年にはNBAの決勝にも乱入しているが、彼のその当時のメッセージは“Trump sucks”だった。彼は生活費をYoutubeで稼いでいる。



いずれにせよリヴァプールの監督ユルゲン・クロップはこの行動をまったく面白いと思わなかったようだ。彼はこの行動に対して頭を振っている。





以上です。


テレビではほとんど写される事がなかったんですが、あの女性がいったい誰だったのか、多くのメディアで話題になっていましたので紹介しました。


どうやらボーイフレンドのサイトの宣伝、そしてモデルである彼女自身の宣伝だったようですね。かなりの宣伝効果があったことは確かなようです。



[ 2019/06/02 21:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(7)
あれ?レバンドフスキー・・・?
[ 2019/06/02 21:12 ] [ 編集 ]
いやこれはスルーでしょ・・
こんなやり方で効果が出てしまったら秩序もなにもない
[ 2019/06/02 21:26 ] [ 編集 ]
宣伝効果をぶっとばす罰金刑でも受けて欲しいね
[ 2019/06/02 22:12 ] [ 編集 ]
不愉快極まりないな
[ 2019/06/02 23:32 ] [ 編集 ]
売名は潰さないと変なのが出現し続けるだろう
場合によっては犯罪者に資金提供してる企業に重い罰金刑を課さなきゃね
[ 2019/06/02 23:45 ] [ 編集 ]
これは半裸なの?水着と変わらん気がする
[ 2019/06/03 05:30 ] [ 編集 ]
乱入宣伝まかり通るとCLのスポンサーに失礼だしスポンサーから金とれなくなる
徹底的に罰しないと今後も似たような輩もどんどんでてくる
[ 2019/06/03 05:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。