ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

フランクフルト長谷部!ヨーロッパリーグの年間ベストチームに選ばれる!《ドイツの反応》

【トランスファーマルクト】


チェルシーだけが多い!


長谷部やヨヴィッチなど、フランクフルトの5人がヨーロッパリーグの年間ベストチームに選ばれる!

hasebe21.jpg


アイントラハト・フランクフルトはヨーロッパリーグの準決勝まで素晴らしい活躍を見せたが、UEFAが選出した18人のメンバーからなる、“年間ベストチーム”のメンバーにフランクフルトから5人の選手が選ばれる事となっている。

スポンサーリンク


フランクフルトからはキーパーのケヴィン・トラップ、ディフェンダーのボス、長谷部誠、そして二人のサイドの選手、ダニー・ダ・コスタとフィリップ、コスティッチ、そしてフォワードのルカ・ヨヴィッチが選ばれている。




これよりも多くの人数を輩出したのは優勝したチェルシーだけとなっている。フランクフルトは準決勝でPKの末にチェルシーに敗れているが、チェルシーからは8人の選手がノミネートされている。その他は決勝に進出したアーセナルから3人、そしてフランクフルトの準々決勝の相手であるベンフィカから2人が選ばれた。



以下選ばれた18人

キーパー

ケヴィン・トラップ(フランクフルト)
ケパ (チェルシー)


ディフェンダー

アレハンドロ・グリマルド (ベンフィカ)
コラシナツ (アーセナル)
ローラン・コシールニー (アーセナル)
ダヴィド・ルイス (チェルシー)
アスプリクエタ (チェルシー)
ダニー・ダ・コスタ (フランクフルト)


ミッドフィルダー

長谷部誠 (フランクフルト)
フィリップ・コスティチ (フランクフルト)
ジョルジーニョ (チェルシー)
カンテ (チェルシー)


フォワード

オバメヤン (アーセナル)
ジルー (チェルシー)
ヨヴィッチ (フランクフルト)
ジョアン・フェリックス (ベンフィカ)
ペドロ (チェルシー)
エデン・アザール (チェルシー)





以上です。


発表されたから3日ぐらい過ぎてしまいましたが、長谷部選手がベストメンバーに選ばれた事がドイツでもニュースになっていましたので紹介しました。


フランクフルトはELの疲労からか、リーガで後半勝てなくなってしまいチャンピオンズリーグに届かなかったのは残念ですが、来シーズンもヨーロッパリーグ入りは決まっていますし、良いシーズンでしたね。主力の流出が懸念されますが、来シーズンにも期待したいですね。


それから長谷部選手ですが、後半のキッカーランキングにも期待したいです。




[ 2019/06/03 19:08 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(3)
昨シーズンのフランクフルトがいかに良いメンバーが揃っていたかが分かりますね。
特に前線の3人はドルトムントの前線以上の決定力があると長谷部も言ってました。
サブの層さえ厚ければ決勝に行けたでしょうし、CL圏も入れたでしょう。
[ 2019/06/03 19:15 ] [ 編集 ]
バレンシアがゼロ…
[ 2019/06/03 20:05 ] [ 編集 ]
ブンデスリーガがスケジュールの調整をもうちょっと早くやってくれればEL決勝進出だったな。10日で4試合はいくらなんでもだよね。1試合フルタイムでプレッシングやっただけでも脚つりそうになるのに。こんなのスカッド2チーム分のバイエルンやドルトムントにだって乗り切るのがやっとだよ。ちゃんとしかるべき日程組んでやるべきだった。
長谷部は1人出ずっぱりだったけどこれだけでも表彰もんですよ。サッカー選手のカガミ!中盤もうどーしようもないドルトムントはすぐに獲りなさい!!
[ 2019/06/03 20:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。