ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ライプツィヒを3位に導いたラングニック監督が監督とSDを辞任!《ドイツの反応》

【ビルト】

ラングニックがスポーツディレクターを辞任!

lagni.jpg


トレーニングをする代わりに飛行機で飛び回る生活が・・。


ラルフ・ラングニックがライプツィヒのスポーツディレクターを辞任する!そして今後はグローバルなスポーツディレクターとして、主にブラジルとアメリカを拠点に活躍するようだ。すでに“Sportbuzzer”がこの件について報じているが、ビルトの質問に対し、クラブボスのミンツラフ、そしてラングニクもこれを認めている。



スポンサーリンク



これが意味することは、ラングニクはもうライプツィヒにオフィスを持たないとのことだ。さらにライプツィヒに対する決定権を持たないようである。彼の新たな契約はライプツィヒと結ばれたものではなく、レッド・ブルと結ばれたもののようだ。


彼の監督としての仕事はすでにユリアン・ナーゲルスマンが引き受けることで決まっていたが、新たなスポーツディレクターとしてはパダーボーンのマルクス・クレシェが引き受けることとなっている。


ラングニックはいわゆるレッドブルの外務大臣となるようだ。


彼はそれによってブラガンティーノとニューヨークを拠点に世界中で仕事をするようで、ライプツィヒとザルツブルクのために若い才能を運んでくることにもなるようだ。






以上です。


ラングニックは監督業はずいぶん前から辞めたがっていましたが、今シーズン自分でやったらやはり良い結果を出していますね。

今後はレッドブル全体を管轄するスポーツディレクターのような立場で仕事をするようですね。

レッドブルのこのようなやり方はドイツでは凄く批判されていますが、ライプツィヒを含むザクセン州においては歓迎されていますので、今後これらがどのように発展していくのか興味深いですね。



[ 2019/06/04 21:00 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(5)
50+1ルールが無くなったらプレミアリーグでチェルシーやマンCが躍進したようにバイエルンをも圧倒しそう
なお来期の監督
[ 2019/06/04 22:47 ] [ 編集 ]
レッドブルの取り組みは非常に面白いですね
ライプツィヒは一部昇格以降の成績も安定していますし、やってるサッカーも面白いのでファンになりました
来季のナーゲルスマンとCLでの戦いも楽しみですし、いつかビッグクラブへと成長していって欲しいです
[ 2019/06/04 22:53 ] [ 編集 ]
 出世したということですね。彼が現場から離れるのは寂しいですがそれだけ優秀な方なので、仕方ないでしょう。
[ 2019/06/04 23:37 ] [ 編集 ]
レッドブルのおかげでブンデスの沈下を防いでる気もするのでいいと思いますけどね
じゃないとバイエルン、ドルトムント以外では簡単に選手を他リーグに持っていかれる可能性がありますから
[ 2019/06/05 05:53 ] [ 編集 ]
ドルトムントも簡単に選手売ってるけどね、防いでいるのはバイエルンだけ
レッドブルの頑張りにブンデスの未来がかかってるだろう
[ 2019/06/10 00:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。