ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

バイエルン!ハメス・ロドリゲスの買取オプションを行使せず!《ドイツの反応》

【Sportbuzzer】

クラブ幹部ルンメニゲが認める。

FCバイエルン、ハメス・ロドリゲスの買取オプションを行使せず!

james90.jpg


FCバイエルンは、レアル・マドリッドからローン移籍でプレーしているハメス・ロドリゲスの買取オプションを行使しない事を発表した。クラブ幹部のルンメニゲが複数のメディアに対して語っている。

スポンサーリンク



FCバイエルンはこの27歳のコロンビア人を4200万ユーロで獲得することができたが、その権利を行使しない事にしたようだ。


“ハメスに対する決断が下された。彼が私との個人的な話し合いで買取オプションを行使しない事を願い出たんだ。”とルンメニゲはスポーツビルトに対して語っている。そのような状況で買取オプションを行使するのは意味がないことだ、ルンメニゲは続けている。最近ではすでにキッカーがハメスがバイエルンを退団すると報じていた。


ルンメニゲは“Sport1”に対してハメスの代理人がもう一度接触してきた事を明かしている。“ポジションを保証できない選手に4200万ユーロとそれに見合った給料を払うべきではない。あまり意味がないことだ。”とルンメニゲは語っている。この中盤の選手は今シーズンは時々しかプレーしていなかった。


“彼はレギュラーとしてプレーする事を望んでいる。個人的には残念に思うよ。”ルンメニゲは語っている。これによってブンデスリーガは一つの魅力を失う事になる。2014年のワールドカップ得点王はリベリー、ロッベン、ラフィニアに続く4人目の放出となる。


将来はイタリア?



ハメスはいったんレアル・マドリッドに戻るとされている。彼の契約は2021年までとなっているが、ジダンが再び監督に就任した今、レアルでの将来はないとみられている。ハメスがバイエルンに移籍したのはジダンが原因だったとされているのだ。

現在ではハメスのイタリア行が噂されている。元チームメートのクリスティアーノ・ロナルドがいるユベントスか、カルロ・アンチェロッティが監督を務めるナポリがその候補になっている。






以上です。

まあどちらのサイドも買取オプションの行使を望んでいなかったような感じですね。コヴァチにはあまり使うつもりがないようですし、ハメスもシーズン中から散々不満を言っていましたから、まあこうなるのはある意味当然の流れでしょう。

一方コヴァチ監督の続投はまだはっきりとは発表されていませんが、こちらもどうなるか見ものですね。



[ 2019/06/05 13:21 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(8)
ハメスはいい時はいいけど波あるし今はもう数字もそこまで残さないし今も昔もすぐ不貞腐れるしで高い金出して獲得する程の選手ではないな
[ 2019/06/05 13:43 ] [ 編集 ]
プレミアでーって話をよく見るけど、プレミアも変革期だから今シーズンのエジル見たくなるんじゃないのって気がする
[ 2019/06/05 16:31 ] [ 編集 ]
ハメスに4000万の魅力は感じていなかったので正直良かったです
バイエルンは両ウイングに全力でお金使って欲しいです
[ 2019/06/05 17:28 ] [ 編集 ]
サッカー詳しくないけどローマとかどうなん?
[ 2019/06/05 20:29 ] [ 編集 ]
エリクセンの後釜としてスパーズが合いそう。
メガクラブより少し落ちるクラブか中堅の王様がいいのでは。
キック精度だけはワールドクラスです。
[ 2019/06/09 10:20 ] [ 編集 ]
ローマとか無理だろ
セントラルでやるには弱すぎるし前でやるにはスピードが足りない
そもそもローマ今季6位に低迷してEL予選からだからハメスにかける金があるならDF補強するわ
[ 2019/06/10 00:27 ] [ 編集 ]
スパーズの速いカウンターについていけないだろ、ハメス
[ 2019/06/11 02:03 ] [ 編集 ]
さすがにエジルとは違いますよ。
ハメスはインサイドハーフの位置でパスも裁けるし、ビルドアップ上手いですし、走って守備もしますし、あんな風に消えたりはしません。
何よりキックの精度はワールドクラス。
チームや監督を選ぶ選手なのは間違いないですが、需要は沢山あるはずです。
[ 2019/06/11 03:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。