ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!夏休み後にマリオ・ゲッツェと契約延長の交渉に入る事を明言!《ドイツの反応》

【Sportbuzzer】

BVBが認める!

夏休み後にマリオ・ゲッツェと契約交渉の話し合い!

goetz9.jpg


マリオ・ゲッツェが移籍する確率は低いとみられている。ボルシア・ドルトムントは彼との契約を延長するつもりだ。夏休み後に話し合いが行われるようである。


ドルトムントにおけるゲッツェの契約は残すところあと1年となっている。しかしBVBはゲッツェを引き留めたがっている。ミヒャエル・ツォルクはスポーツビルトに対して夏休み後に、契約延長の話し合いに入ると語っている。“新シーズンが始まったら我々は話し合いに入るだろう。”と彼はそれを認めている。

スポンサーリンク



最近ではイングランドのプレミアリーグのクラブがゲッツェの獲得に興味を持っていると噂されていた。その噂に関してツォルクは、“イングランドからの噂はここ何年も前からあるから、我々は落ち着いているよ。我々はマリオとも彼の父親とも良い意見の交換が出来ているからね。”と語っている。



ヴァツケは来シーズンもゲッツェがドルトムントでプレーすると思っているようだが、スポーツビルトの情報によると、ゲッツェはいくらか条件面でのダウンを受け入れなければならないとされている。そこで問題となるのは契約年数と年俸だ。現在ゲッツェは1000万ユーロの年俸を受け取っているとされている。




ゲッツェの契約は2020年までとなっている。ゲッツェは後半戦にパフォーマンスを発揮しているが、それでもドイツ代表入りする程ではなかった。ゲッツェはシーズン終了後に、“The Players”において、ドルトムントは自分の人生において特別だと語っていた。






以上です。



ゲッツェと延長の話し合いとのことですが、ゲッツェ側がどのぐらいの年俸を望むかが争点となりそうですね。ここ数年のパフォーマンスがこれまでの年俸に見合っていない事は確かなので、クラブとしては減給でオファーする可能性が高いでしょうが、それを受け入れるでしょうかね。仮にアーセナルから良い条件のオファーがあれば、すんなりそっちを選びそうな気がしないでもないですが・・・。



[ 2019/06/05 21:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(10)
1トップとしては並以下、2列目としては失格レベルの成績、延長望むファンなんてそういないはずだけど
[ 2019/06/05 21:31 ] [ 編集 ]
ゲッツェに関してはツォルク、ヴァツケの更に上からの指示だわな
[ 2019/06/05 21:37 ] [ 編集 ]
減給に加え、延長交渉は新シーズンが始まってからという事が聞けて少し安心しました
色々見てるとヴァツケとツォルクはゲッツェを残したいのに対し、ザマーは慎重な姿勢という印象です
今季は活躍したので色々な意見があると思いますが、個人的には売り時だと思います
[ 2019/06/05 21:48 ] [ 編集 ]
箱入り息子には旅をさせた方が皆んなのためですよね。まあ引き取り手も居なければ移籍も出来ないし、ゲッツェにしたらドル以上に安泰な自分に超優しいクラブがあるわけないですから
この年俸でこの程度の活躍でも良しとするならドルトムントは彼にとって素晴らしく有難いクラブですね。めでたしめでたし!( ̄∇ ̄)
[ 2019/06/06 07:09 ] [ 編集 ]
ゲッツェの年俸は高すぎます。それをゲッツェ側も感じ取っていてアーセナルの噂を出して来てるような気もしますけどね。
[ 2019/06/06 08:20 ] [ 編集 ]
ゲッツェは商品にしようと思って買い戻したわけじゃないだろうし売り時は気にしてないのでは?
[ 2019/06/06 08:54 ] [ 編集 ]
後半は良くなりましたが、ストライカー補強されたら来季使われなくなっちゃいそうだけど大丈夫なんか
[ 2019/06/06 11:32 ] [ 編集 ]
ゲッツェは自己評価が結構高いですよね
[ 2019/06/06 11:38 ] [ 編集 ]
超過大評価な選手ですね
[ 2019/06/07 09:20 ] [ 編集 ]
これで自分への優遇が足りないと思ってるならアーセナル行ってしまえ。そして、二度とドルトムントに戻るな
[ 2019/06/10 01:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。