ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!サンチョ!市場価格1億ユーロ越え!ブンデスリーガ最高額の選手!《ドイツの反応》

【ビルト】

リーガトップ
サンチョ!市場価格1億ユーロ越え!


sancho44.jpg


彼の市場価格の上昇はとどまるところを知らない。


BVBのジェイドン・サンチョはトランスファーマルクとによると、リーガで最も高額な選手となっている。この新たなスターはレヴァークーゼンのハヴェルツ(9000万ユーロ)、そしてバイエルンのティアゴ(7000万ユーロ)よりも上に立っているのだ。


スポンサーリンク



信じられないことに、ドルトムントが2017年にマンチェスター・シティから彼を750万ユーロで獲得した当時、彼の市場価格はたった500万ユーロだったのだ。それがたった2年で20倍になっている。


現在サンチョは世界でも11位となっており、クリスティアーノ・ロナルドと並んでいる。これは信じられない成長だ。



BVBのマネージャーのミヒャエル・ツォルクはビルトに対して、“彼のパフォーマンスにはふさわしいと思うが、数字には興味はない。”と語っている。



サンチョは現在ヨーロッパのトップクラブの獲得候補に挙がっている。レアル・マドリッドやマンチェスター・ユナイテッドが彼の獲得を強く望んでいるとされている。しかしサンチョは2022年まで契約しており、現時点では売る事は出来ないとされている。BVBの会長ヴァツケはビルト日曜版において、“サンチョは来シーズンも確実にドルトムントでプレーする。”と語っている。



その後はどうなるだろうか?それはまだ分からないが、彼の活躍がこのまま続けばまもなく市場価格が2億ユーロに達するだろう。


▶さらにマリオ・ゲッツェの市場価格も上昇している。彼の市場価格は700万ユーロ挙がって2500万ユーロになっている。一方アクセル・ヴィッツェルの価値は800万ユーロ下がり、3200万ユーロとなっている。





以上です。


サンチョの市場価格が1億ユーロになりましたね。ハヴェルツもそうですが、若い選手の市場価値の上昇はものすごいですね。一方ヴィッツェルもダウンしましたが、同じ30歳の香川選手は200万ユーロダウンで現在600万ユーロとなっています。さすがに30歳を過ぎると市場価値は下がりますね。長谷部選手もあれだけの活躍を見せましたが、市場価格は100万ユーロとなっています。






[ 2019/06/06 19:00 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(7)
2500万ユーロの活躍…してないよー
サンチョは妥当
[ 2019/06/06 19:31 ] [ 編集 ]
過大評価だよな
[ 2019/06/06 20:38 ] [ 編集 ]
昔のジダンが2、3人買える値段かいな
活躍は目覚しいけどまだ1年目だし、そこまでのプレーはしてない気がするけど
ゲッツェはジョークだろ?
[ 2019/06/07 03:47 ] [ 編集 ]
ゲッツエは0が一つ多いのでは?
サンチョはこれからの可能性含めてですかね?いつ売られていくのやら 笑
[ 2019/06/08 00:54 ] [ 編集 ]
18.19歳で12G14Aとブンデス二連覇時の香川と同じほぼ同じスコアラーですし、当時の香川よりも3年ぐらい若い+インフレ+イングランド人なんで、妥当...なんですかね。

げっつぇが上がってヴィツェルが下がるのはよくわからないです
[ 2019/06/08 04:54 ] [ 編集 ]
 
数字はすごいがトップや監督支持じゃないの
高く売れる
[ 2019/06/08 20:51 ] [ 編集 ]
30歳超えのレヴァンドフスキは6500万ユーロですか。
[ 2019/06/09 10:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。