ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

【日本代表】「大迫フル出場の日本代表は少し疲れ気味?」《ドイツの反応》

【Meinwerder】

大迫フル出場の日本代表、苦労して0:0


osako11.jpg


日本代表はコパ・アメリカに向けて準備中だ。大迫勇也がプレーする日本代表は少し疲れているように見える。日本代表は水曜日にトリニダード・トバコと対戦し0:0に終わっている。



大迫勇也はコパ・アメリカではプレーしない。ブレーメンがそれを認めなかったからだ。そのため日本代表はこの夏トップ・スターなしで戦わなければならないのだ。大迫は現在行われているキリンカップのメンバーには選ばれているが、日本代表はそれを南アメリカで行われるコパ・アメリカの準備のために使おうとしている。



スポンサーリンク



しかしこのアジアのチームはまだきちんとエンジンがかかっていないようだ。水曜日にはトリニダード・トバコと対戦したが、苦労の末無得点の試合に終わっている。大迫勇也はフル出場を果たしているが、チームが必要とするアクセントをつける事ができなかった。


日本代表は日曜日にはエル・サルバドールと対戦し、日本のコパ・アメリカの初戦は6月18日に行われる。日本のグループリーグの対戦はチリ、ウルグアイ、エクアドルとなっている。





以上です。


大迫選手がフル出場したことで、フレンドリーマッチですが、ブレーメンの地元紙で話題になっていました。


そういえば今行われているキリンチャレンジ杯は新ルールが採用されているようですね。コパ・アメリカでも採用されるのでしょうか?


ちなみに今行われているユーロ予選では、6月中はまだ新ルールが採用されない事になっています。一方もうすぐ始まる女子サッカーワールドカップでは新ルールが採用されるようですね。同じ時期に二つのルールがあるということでヨーロッパではメディアが騒いでいます。少なくとも視聴者は混乱する可能性がありますね。

相手のパス精度は悪く、何度プレゼントパスされたことか・・
それなのに、相手を崩せずスコアレスドロー。
にもかかわらず、出場してない香川選手を貶める記事を量産し、あげくのはてに相手GKが良かったからとか、スリーバックに手応えあり悪くなかったとか・・・
はぁ?意味がわからん❗️
すみません 愚痴ってしまいました。
[ 2019/06/06 21:24 ] [ 編集 ]
そうだ!大迫は勇者だ!パないっす
[ 2019/06/06 21:49 ] [ 編集 ]
見てる方はつまらない試合でした。ただ今絶賛売り出し中のベンチ外だった久保君に日本メディアは案の定ご執心記事がわんさか、試合は香川ファンの自分はテレビを聞きながししてました 笑
これからなんでしょう森保JAPANは
次節は香川岡崎それこそ久保君のプレイが見たいです。グランダーのパスやクロスに裏抜け上手い選手のゴールが見たいかな?
カットインしてドリブルからのシュートやバイタル外からのみどるはちょっと見飽きたかも ( ̄∇ ̄)
[ 2019/06/07 07:26 ] [ 編集 ]
06/06 21:24さんの気持ちよく分かります
しかもスタメン選手達は点取らなくても批判もされずシュートを打つだけで褒められますからね
今までFWでもない選手に毎試合ゴールアシストしなければ罵詈雑言浴びせてたのに、180度変わって正直気持ち悪さを感じます
すごい守られてますから
監督も口だけで、競争融合も全くないし、こういうチームは成長しないだろうなぁと暗い気持ちになりました
こういうクラブチーム失敗してますから
[ 2019/06/07 08:22 ] [ 編集 ]
新ルール、前から思っていた問題点が改善されたので歓迎してます。
もっと早く改善されていれば、ガラタサライとのダービーで、アドリアーノが交代で入った際の失点は防げたのかなと…
代表戦でも前に有りましたしね。

そして壁についても、最近のあまりに奇策な対策よりも、シンプルな戦術同士の対決がサッカーそのものが楽しめます。
[ 2019/06/07 08:22 ] [ 編集 ]
出場していた大迫は毎度のごとく中学生でも外すのが難しいようなシュートを外しまくったけどな
それでも試合中に1点でもとれればFWとして及第点なので今までは看過されてきたが、得点で貢献できず、今回の相手のようにポストプレーする余裕を与えずに大迫をふっ飛ばすフィジカルのDFに封殺された試合では、ただのボトルネック
[ 2019/06/07 08:45 ] [ 編集 ]
そもそもシュートバリエーションない大迫には期待してなくて(特に今期は)、
中盤のクオリティをみんな期待してたんだが、何故か監督の戦術が浸透すればするほどサッカーがつまらなくなるというジレンマw
[ 2019/06/07 10:35 ] [ 編集 ]
06/06 21:24
具体的に香川選手をおとしめる記事ってありましたか?
現状の優先順位や違いを見せた選手にたいする期待までおとしめる記事というのは流石に・・・
[ 2019/06/07 10:53 ] [ 編集 ]
香川は 追いかける立場になったと いくつか書かれてますよね。
「控え」という言葉もたくさん。
これ 現状の優先順位?
大迫選手がノーゴールでも「不動」と書かれ、大迫選手、宏樹選手と一才違いなのに 香川は世帯交代の波にとか書かれ、この二人は「暫くは主力として」とか・・・
どう考えても 評価基準差がありすぎでしょ❗️
[ 2019/06/07 22:52 ] [ 編集 ]
コパに出ない選手を使っても意味がない
[ 2019/06/08 06:04 ] [ 編集 ]
06/06 21:24
それで貶めたことになるのでしょうか
現状起用の優先度やそのポジションの選手層などを考えれば今香川が控えで大迫や酒井が主力なのは正しいでしょう
香川がゴールなければ叩かれるといわれますがそれは期待の裏返しです
とにかくシュートを打ったり仕掛けたりする積極性というのが今まで日本代表でなかったからこそ若手中堅は期待が増えている状況です
彼らが名実ともにエースになったときはまさに結果がなければ批判されるようになるでしょうね
[ 2019/06/08 09:42 ] [ 編集 ]
久保はまさに日本代表の希望の星なんですが、メディアも代表ファンもヒートアップ凄すぎます。期待が大きいほど反動も大きいから香川のようにゴールがないだけで不発とメディアに書かれるようになったら可哀想ですけどね。
[ 2019/06/08 12:23 ] [ 編集 ]
三銃士や大迫だってかなり期待されてるますし、エースエースと連呼もされてますよ
でもアシストゴールしなくても批判なんてされていむません
どんなにシュートが入らなくても、積極的で素晴らしい
だから香川への批判が期待の裏返しなんてことは完全にありえません
積極的にシュートを沢山打っても香川なら叩かれまくってますよ、今までもこれからも
上の方が書いた以外にも、香川を貶める記事なんて沢山あります
気分悪くなるから内容は書きませんが、調べればすぐに出てきます
期待の裏返しとか、都合のいい言葉ならべても矛盾しているので説得力ありません
[ 2019/06/08 19:03 ] [ 編集 ]
9:42さん
冷静なご意見 ありがとうございます。
そういう考え方もあるんですね。
例え期待の裏返しでも 「記事」は「事実」が前提であり、サッカーをよく知らない人には 文面通りに(別の意味で)取られてしまうので、それが悔しくて ついヒートアップしてしまいます。
実際 香川ほどの実積を持つ選手を「ごくごく普通の選手」と思ってる周りの人達が あまりに多く 残念だと常日頃感じているので メディアにはイライラさせられます。

[ 2019/06/08 20:47 ] [ 編集 ]
香川はMFなのにゴールしないと不発と叩くけどFWはゴールしなくても突っ込まない日本のメディア。香川にはゴールだけでなくアシストして90分輝かないと評価されない雰囲気がありますよね。聖徳太子じゃないんだから求めすぎたといつも思います。しかし裏返すとそれだけ別格の選手だから勝手に期待され、思い通りにならないと叩かれるんでしょうか。トップになればなるほど大変ですよね。
[ 2019/06/09 12:35 ] [ 編集 ]
俊さんや長友みたいなプロがゴールアシストは元よりビルドアップゲームメイクプレッシングまで香川はやる事が多すぎるし負担かけて申し訳ないとまで言ってたのに
素人マスコミやら代表サポは期待の裏返しとか言って平気で批判するから面白い
積極性がある若手中堅とやらが香川のゴールアシスト記録やら勝率を抜けるか見ものだね
[ 2019/06/11 01:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。