ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

アーセナル、エジルが結婚式!トルコ大統領エルドアンが付添人に!《ドイツの反応》

【ビルト】

イスタンブールで夢の結婚式が行われた。

oetil.jpg


今日メースト・エジルとその婚約者のアミネ・ギュルセが結婚したのだ。彼らは5つ星ホテルの“フォーシーズンズ”で誓いの言葉を交わしている。


すでにアミネが自身のインスタグラムに結婚式への様子を写したビデオを投稿している。そこでは多くの音楽家とゲストに付き添われる彼女の姿が映っている。


その後結婚式場へと向かっている。イスラム式の結婚式はすでに金曜日の午前中に行われており、夕方には役所での式が行われた。


スポンサーリンク





結婚式に呼ばれた300人のゲストに関しては、公式なリストは公表されていないが、トルコ大統領のエルドアンが新郎のベストマン(付添人)を務めた様子が写真によって明らかになっている。



エジルは3月にエルドアンを結婚式に招待し、ベストマンになる事を頼んだとされている。エルドアンはスポーツ選手の結婚式に招待されるときは、ベストマンの役割を引き受けている。エルダ・トゥラン(バシャクシェヒル、バルセロナ)やギョクハン・テレ(ベシクタシュ)の時もそうだった。


▶2018年にはエジルはドイツ代表としてイルカイ・ギュンドガンと共にエルドアン大統領と会談したが、それ事が大きな議論を呼んでいた。


そのためドイツではエジルのエルドアンに対する態度が批判される事となっていたが、エジル自身はこれをアンフェアだと感じていたようだ、その後ドイツ代表とサッカー協会を批判し、代表から引退していた。その後から大統領との関係はさらに深まったようだ。



エジルとアミネと関係は2017年の12月から公になっているが、彼らはすでに2016年から付き合っていたようだ。


アミネはモデルであり、2014年のミス・トルコも務めている。さらにインスタグラムのフォロワーは190万人となっている。また彼女はトルコのテレビ番組に出演し女優としても知られている。アミネの両親はトルコ人だが、彼女はスウェーデン生まれ、スウェーデン育ちだ。現在はイスタンブールに住んでそこで仕事をしている。


トルコのスポーツ新聞、“Fanatik”が報じたところによると、エジルはラマダンが終わる木曜日に1万4千人のトルコ人と2000人のシリア難民に対して食事を寄付したようだ。


さらに彼はその際、ツイッターにおいて、支援団体である“Bigshoe”への寄付を呼び掛けている。さらに彼はこの結婚式に際して、障害のある世界中の子供達の手術費を寄付す事も明かされている。彼はすでに2014年からこのような支援団体を支持している。




以上です。

エジルの結婚式にトルコ大統領が出たことでドイツでは大きな話題となっていましたが、今回は結婚式という事で特に批判的な内容ではありませんでしたね。

エジルがエルドアンとの関係を深めていったのひは、現在トルコで活躍している奥さんの影響も大きそうですね。




[ 2019/06/08 06:00 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(5)
この前の時と違って純粋な私的な事なので批判される事ではありませんね。
でも今後エジルがブンデスリーガでプレーする事も無さそうですね。
[ 2019/06/08 08:13 ] [ 編集 ]
こういうドイツ人について現地だとどういう感じで受け止めるのでしょうかね。

慶事にアレコレ言うもんじゃないのかもしれませんが、ルーツに重きをおけば
現在所属している国家を軽んじていると思われてもおかしくないでしょうし。

[ 2019/06/08 14:47 ] [ 編集 ]
 代表じゃないからね、好きにすればってところでしょう。
[ 2019/06/08 16:09 ] [ 編集 ]
エルドアンはトルコでもオワコン扱いなのでもう関係もたないほうが良い気がします
経済が危険水準になって支持される理由が完全に失われました
[ 2019/06/08 19:59 ] [ 編集 ]
トルコ代表でサッカーしてればよかったのに
[ 2019/06/08 20:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。