ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!レアル・マドリッドのディフェンダーの獲得に動く‼《ドイツの反応》

【西ドイツアルゲマイネ】

ドルトムント!レアル・マドリッドのディフェンダーを獲得!

imago39125119h.jpg


ドルトムントはすでにホッフェンハイムからニコ・シュルツという左サイドバックを獲得しているが、どうやらもう一人左サイドバックを獲得するつもりのようだ。



スペインの“AS”が報じたところによると、ドルトムントはレアル・マドリッドのセルジョ・レギロンの獲得に興味を持っているとされている。


スポンサーリンク



この22歳は昨シーズンレアルで14試合に出場しており、何よりソラーリ監督の下でレギュラーに定着してたが、3月に監督に就任したジダンの下ではなんの役割も果たさなくなってしまった。そのためこの若い選手は放出候補となっている。


“AS”の報道によると、さらにスペイン1部のアラベスも彼の獲得に興味を持っているようだ。しかしアラベスはローンでの獲得を希望してるとされており、そのためレアル幹部はドルトムントに売りたがっているようだ。



現在レアルからローン移籍でドルトムントでプレーしているアシュラフ・ハキミとは異なった扱いだ。


トランスファーマルクトによると、レギロンの市場価格は1500万ユーロとなっており、ドルトムントにとっては問題ないとされている。


ドルトムントはすでにシュルツを獲得しているが、さらにディフェンダーを補強する可能性は決して低くない。なぜなら現在、シュルツ以外にはシュメルツァーしか左サイドバックがいないからだ。



レギロンがくれば、パコ・アルカセルとセルジョ・ゴメスに続いて3人目のスペイン人となる。




以上です。

トルヤンは放出でしょうし、シュメルツァーも怪我が多いですから、もう一人サイドバックを補強するのは悪くないですね。それより早くストライカーの補強お願いします。



[ 2019/06/08 20:00 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(1)
マドリーでは一応、一時はマルセロ追いやってレギュラーにまでなったんだからシュルツの控えでは来ないでしょ?
ドルトムントに足りないのはプレースピードの速い潰し屋のセンターバックとハーフ。あとは点取り屋。ここのとこなんとかしないと次のシーズンはかなりヤバい。
[ 2019/06/09 11:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。