ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ネイションズリーグ!ポルトガルが優勝!ロナルド!ホームで初タイトル!《ドイツの反応》

【ビルト】

ロナルド!ホームで初タイトル

彼はようやく自国でタイトルを手にすることができた!


ronaldo6.jpg


15年前のユーロ決勝でレーハーゲル監督が率いるギリシャに敗れてから(当時もロナルドは先発)、ようやくポルトガルは自国のファンの前でタイトルを獲得する事が出来たのだ。ポルトガルはポルトで行われたこの試合、オランダに1:0で勝利している。


スポンサーリンク



現在ユーロチャンピオンのプレーは優勝に相応しかった。ポルトカルは前半明らかにゴールを迫っていたが、得点にはなかなか結び付かなかった。


最大のチャンスは38分に訪れる。ベルナルド・シルヴァが18メートルの距離からシュートを放つもわずかにゴールをそれてしまったのだ。オランダはカウンターを仕掛けようとするが、全く脅威となる事はなかった。


動きがあったのは後半に入ってからだ。60分にようやくゴールだ。ゴンザロ・ゲデスがシルバの美しいヒールキックのパスからゴールを決めたのだ。オランダのキーパー、シレッセンはボールに触りはしたが、それをはじき出すことまではできなかった。



これによってオランダにプレッシャーがかかるが、65分と79分にわずかなチャンスが訪れただけだった。


これによって最初のネイションズリーグのチャンピオンがポルトガルに決まっている。キャプテンのロナルドはこのトロフィーを手にした最初の選手となった。




ポルトガルが受け取ったのはトロフィーだけではない。これによってポルトガルはUEFAから1050万ユーロの賞金を受け取る。さらにオランダも900万ユーロを受けとる事になっている。



いずれにせよ、ポルトガルはこれに優勝したからと言ってユーロ2020年に直接参加できるわけではない。彼らはユーロ予選の他に、もう一つユーロ参加に出場する権利を得ることができるプレーオフに出場する権利が与えられている。







以上です。


ネイションズリーグの初代チャンピオンはポルトガルに決まりましたが、正直なんだかよくわからない大会ですね。


現在ポルトガルはユーロ予選では2引き分け中でグループ3位になっていますが、このまま権利を逃した場合、ネイションズリーグのプレーオフでもう一度チャンスを得られるという事のようですが・・。


ユーロ予選とネイションズリーグが同じ時期に行われているというのも、少し盛り上がりに欠ける原因だと思います。



[ 2019/06/10 19:50 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(5)
正直、次の開催は怪しいと思う
国際Aマッチも他大陸に悪影響出たし、誰も得しなかった大会になった
ただでさえ他大陸中のスター選手を独占してる状態なのに代表戦まで人気低迷したら
本気でサッカー人気落ちるよ


[ 2019/06/10 22:46 ] [ 編集 ]
結局は欧州サッカー鎖国し始めたってことでしょ
スポーツもグローバルから保守に揺り戻しが起きているんだねー
[ 2019/06/10 22:59 ] [ 編集 ]
いや、普通に来年もやるでしょ
ヨーロッパ人が他大陸の悪影響なんて考慮する必要ないし、相変わらず親善試合は彼らにとってやる意味がないもの
[ 2019/06/11 09:35 ] [ 編集 ]
これのせいでヨーロッパのチームと親善試合組めなくなった
しかも大して面白くないっていう
[ 2019/06/11 10:13 ] [ 編集 ]
ポルトガルさんおめでとうございます。オランダさんもおめでとうございます。ではまた会いましょう。
[ 2019/06/11 15:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。