ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

マンジュキッチとコスタがユベントスの放出候補に!ポクバの獲得に動く?《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

マンジュキッチとコスタ!

ユベントスの放出候補に!


manz.jpg


ユベントスは昨年夏にクリスティアーノ・ロナルドを獲得したが、それでもチャンピオンズリーグで優勝するというクラブの夢は叶えることができなかった。そのためクラブの責任者たちはさらなる有名選手の獲得を企んでいるようだ。

スポンサーリンク



“コリエレ・デロ・スポルト”によると、ユベントスはポール・ポクバを連れ戻したいと考えているようだ。このフランス人は2016年に1億500万ユーロでマンチェスター・ユナイテッドに移籍している。さらに現在レアル・マドリッドも彼の獲得に動いているとされている。ユナイテッドとポクバの契約は後2年残っており、ユナイテッドとしては今売る必要はない状況だ。そのため移籍金は1億4000万ユーロになるとされている。


その金額を用意するために、ユベントスは何人かのスターを放出する必要があるとのことである。“コリエレ”が報じたところによると、マリオ・マンジュキッチ、ドゥグラス・コスタ、フアン・クアドラード、ジョアン・カンセロ、そしてマッティア・ぺリンの5人が放出候補となっている。


マンジュキッチは最近ドルトムントの移籍が噂されている。またドゥグラス・コスタは昨シーズン負傷のためリーガスタメンは7試合となっていた。



ポクバは今でもユベントスと良い関係を築いている。彼はトリノを定期的に訪れ、さらにユベントスの優勝セレモニーにも参加したようだ。



しかしポクバの移籍に関しては、監督が決まってから最終的な決断がなされるようだ。現在、アッレグリ監督の後任としてもっとも有力なのは、FCチェルシーのマウリツィオ・サッリ監督とされている。





以上です。


マンジュキッチが放出候補というニュースが出てきましたので、またドルトムント移籍の噂が過熱しそうですね。チャンスがあるなら獲得に動いて欲しいですが、会長が、ゲッツェのプレー時間を心配する発言をしてましたからね・・・。



[ 2019/06/11 10:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(2)
ゲッツェの完全復活を目論むのならセンターフォワードが不可欠なはずなんだが?あとはこいつに球出ししてくれる中盤の人。
だけどクラブはこの手のタイプのプレーヤーは売りに出したり売ったりしてる。
本来であれば、こいつの横にイサクで下に香川、ロイスでなんも問題ないんだけど、ナゼかコンビネーション作るまでに時間がかかる新しい人入れてる。
やってることがバラバラだよ。
[ 2019/06/11 11:28 ] [ 編集 ]
マンジュキッチもドゥグラス・コスタ放出すべき選手じゃないだろ・・・
[ 2019/06/11 23:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。