ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ルーニー!「メッシやロナルドにもユナイテッドを助けることはできないだろう!」《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

元マンチェスター・ユナイテッドのスターが語る!

ルーニ―:
メッシやロナルドにもユナイテッドを助けることはできないだろう。



messir.jpg





ウエイン・ルーニーは、マンチェスター・ユナイテッドが不甲斐ないシーズンを送った後で、有名選手の獲得をしないように助言している。

スポンサーリンク



“オレ(スルシャール監督)はまずはチームを作らなければならない。1億ユーロ以上する選手を買ったからと言って、それらの補強がチームの助けになるとは思わないね。”とルーニーはBBCのインタビューで答えている。


彼によるとスルシャールは、“ポテンシャルのある選手に3000万から4000万ユーロを出す方が良いだろうね。そして5、6人の選手を中心にチームを作るんだ。”とのことだ。


2004年から2017年までユナイテッドでプレーしたこのレジェンドはさらに、“ロナルド、メッシ、ラモス、もしくはベイルを獲得することはできるだろう。でもそれには3億5000万ユーロは必要だし、2年後にはいなくなってしまう。お金が無くなってしまうようなものだ。”と語っている。


最近ではユナイテッドがレアルのスター、ギャレス・ベイルの獲得に動いていると噂されていた。ベイルはレアルで放出候補になっている。またローン移籍の可能性があるともされている。




ルーニーは現在アメリカのD.C.ユナイテッドと契約しているが、何よりも彼の元クラブが若い選手を中心に新たなスタートを切るべきだと主張している。“もちろん選手達の実力は十分でなければならないし、ファンもこれから数年プレミアリーグの優勝争いはできない事を理解しなければならない。”と語っている。


マンチェスター・ユナイテッドは今シーズンリーガを6位で終えている。




以上です。


ルーニーがユナイテッドの補強について意見を述べていますが、チームを中々立て直すことが出来ませんね。プレミアは確かに競争は激しいですが、本来は資金力とブランド力は十分ですからね。ブランド力があるうちに立て直さないと大変そうですね。



[ 2019/06/11 16:10 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(5)
アルゼンチンも助けられないのに無理無理!バルサ以外だと出るとバレるから出なかっただろ?それが答え!
[ 2019/06/11 16:38 ] [ 編集 ]
ルーニーはまだ選手なんだから自分の事に集中しとけばいいよ
[ 2019/06/11 18:47 ] [ 編集 ]
選手だけじゃ無く監督も大事だね。その点リバポは大成功だったね
[ 2019/06/11 20:12 ] [ 編集 ]
 今のUTDは戦術的にチームを強化する目的で補強をしていません。戦略的な営業利益を目的に補強を行うクラブ方針です。しかし、そろそろビックタイトルを獲得しないとファーガソン時代に構築したブランド力を維持するのが難しい。

 王者のリバプールとシティ、トッテナム、アーセナル、チェルシーも力をつけている現在、UTDは今のままなら来期もプレミア6位。今夏の補強でウッドワードCEOが方針転換するかどうかによって、UTDの未来が変るかもしれない。
[ 2019/06/11 23:00 ] [ 編集 ]
シティとリバプールはあと3・4年は安泰
スパーズはどれくらい引き抜かれてかつ補強するかによる,話題になってるエリクセンも気になるところ
アーセナルは2年目のエメリがラムジーを失った中で何処までやれるか
チェルシーはアザールを失い多分サッリが引き抜かれてかつ補強禁止くらうというかなり厳しい状況

ただそれらと比較しても今のユナイテッドから浮上しそうな要素が見えてこないんだよねぇ...
[ 2019/06/12 10:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。