ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ギュンドガン!ドルトムントに復帰?ドルトムントが意味ありげなツイート《ドイツの反応》

【西ドイツアルゲマイネ】

ギュンドガンにドルトムント復帰の噂!
イルカイ・ギュンドガンがその噂についてコメント


gundogan.jpg


ドルトムントの買戻しはここ10年でほぼ伝統になっている。マリオ・ゲッツェ、香川真司、そしてヌリ・シャヒンとここ最近だけでも3人の名前が挙げられる。


そしてドルトムントは自らさらなる買戻しの噂を過熱させている。イルカイ・ギュンドガンはドルトムントに戻って来るだろうか?

スポンサーリンク



ギュンドガンは現在マンチェスター・シティとの契約延長交渉を中断していることが、この噂の元であるが、最近ではペップ・グアルディオラ監督もイルカイ・ギュンドガンの放出の可能性に言及している。そのためには赤字も覚悟のようだ。


ボルシア・ドルトムントは最近ツイッターにおいて買戻しを想像させるような写真を投稿しており、それによってファンの間では熱い議論が交わされている。






しかしギュンドガンがこの噂に関して遂に口を開いた。8:0で終わったドイツ代表対エストニアの試合の後で、彼はドルトムント復帰の可能性について質問されたのだ。彼はその問いに対して、“その事は知っているよ。でもそれに関しては誰とも話をしていないし、さっぱりわからないね。”と語っている。


彼はさらに、“夏には話し合いが行われるだろうし、まあどうなるか見てみよう。僕は決してマンチェスター・シティで満足していないわけではないし、絶対に出ていきたいというわけではないよ。クラブも延長をしたがっているしね。”と続けている。


ギュンドガンのシティでの契約はと1年となっており、移籍金を得るためにはクラブはこの夏彼を放出しなければならない。




以上です。

ドルトムントが意味ありげなツイートをしたことで復帰の噂が広まりましたが、本人はまったく知らないようですね。もちろん帰ってきてくれたら嬉しいですけど、その可能性は極めて低いでしょうね・・。

ちなみに夏に行われる話し合いとは、シティとの延長の事でしょうね。これがドルトムントとの話し合いだったら本当に驚きですが・・。



[ 2019/06/13 06:00 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(6)
ギュンの代理人(親族でしたっけ?)は銭ゲバというかがめつい交渉ができるので、まあ希望を通すでしょうね
シティでの待遇アップを引き出すためかもしれませんし、いい所の横やり待ちかもしれませんが、いい意味で受け身の交渉はしてこなかったので、どこと契約するにしろ食うタイプの代理人なので食われることはないでしょうね
[ 2019/06/13 06:23 ] [ 編集 ]
ギュンドアンが今のドルに戻りたいと思っているでしょうか?移籍して行った時もドルサポやメディアにも余り良く言われていなかった様に思います。今更感が強いですね
[ 2019/06/13 06:49 ] [ 編集 ]
ただ単にブラントとロイスのハイタッチの写真にギュンが写ってるだけかと。笑
[ 2019/06/13 08:08 ] [ 編集 ]
ギュンはエジル同様に、トルコ現大統領と親しく政治絡みでドイツは無いでしょう。
[ 2019/06/13 10:00 ] [ 編集 ]
戻るも戻らないもサラリー次第だよ。
勝ちたかったら給料上げて戻さないとな。
スカッド整理もいいけど、勝てるスカッドにしてもらいたい。そうでないとレバークーゼンみたいにズルズルになるでしょ?
[ 2019/06/13 10:22 ] [ 編集 ]
彼を欲しがるビッグクラブは沢山あります。
シティが非常に高く評価している選手ですし、移籍金も年俸も高いワールドクラスのスターです。
[ 2019/06/13 20:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。