ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

バイエルン幹部!ヴェルナー、ザネー、ハヴェルツの獲得に言及!《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

バイエルン幹部!ルンメニゲ!

ヴェルナー、ザネー、ハヴェルツの獲得計画について言及!


sanee.jpg



FCバイエルンは昨年の夏は移籍市場でそれほど積極的ではなかった。しかし今年はすでに積極的だ。今の所シュトゥットガルトのベンジャミン・パヴァールを3500万ユーロで獲得し、さらにリュカ・エルナンデスをアトレティコから8000万ユーロ、そしてフィエテ・アルプをハンブルクから300万ユーロで獲得している。バイエルンはこれまでにないぐらい投資をしているのだ。そしてそれはこれからも続くとみられている。

スポンサーリンク



バイエルンのボス、カール・ハインツ・ルンメニゲはスポーツビルトにおいてその計画について語っている。


ライプツィヒのティーモ・ヴェルナ―に関しては、“ライプツィヒはヴェルナーを2020年にフリーで出ていかせるつもりはないようだね。ライプツィヒのオリヴァー・ミンツラフと私の関係は良好だよ。今から8週間程前に彼に行ったんだよ。本当にヴェルナーを獲得するつもりがあったらやってくるとね。私はその言葉を守るつもりだ。”と語っている。



さらにバイエルンはレヴァークーゼンのカイ・ハヴェルツに興味を持っている。しかしルンメニゲはそれに関しては、“すでにルディ・フェラーとそれについては話をしたよ。彼とはドイツ代表で長い間プレーしているし、今でもクリーンな関係だよ。ルディにはレヴァークーゼンがハヴェルツをどうするつもりか聞いたんだが、彼はすでにレヴァークーゼンの理事会では来シーズンもハヴェルツが残る事で決定していると言っていたよ。”と語っている。


2020年にハヴェルツがバイエルンに移籍する可能性に関しては、“12か月も先のことを決めるのは私の好むところではないね。そんなに先のことを決めるのは簡単ではないからね。カイ・ハヴェルツは良い選手であることは疑いがないけれど、彼の契約は2022年までだからね。”と語った。


そしてバイエルンがマンチェスター・シティのレロイ・ザネーに興味を持っていることはすでに周知の事であるが、ルンメニゲはそれに関しては、“移籍は常に3者のビジネスだ。まずは選手が自分の将来について決めなければならない。”と語っている。




以上です。

メディアとしてはスター選手がブンデスリーガにとどまる事、もしくは帰ってくることを望んでいますから、ドイツではヴェルナーとザネーの移籍の噂で盛り上がっていますね。




[ 2019/06/13 16:34 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(4)
この3人のうちヴェルナーだけはいらないんだよなぁ・・・
ヴェルナーにお金を費やすなら他の2人の獲得にお金費やしてくれ・・・
[ 2019/06/13 17:03 ] [ 編集 ]
獲るなら圧倒的にハヴェルツでしょうが、いまそれやっちやリーグは終わる笑
獲ればヘタすれば無敗とか全勝すらある笑

ただし、リーグが終わればリーグ内での切磋琢磨がなくなって、ヨーロッパでおかしくなるし、現にそうなってる。最近のCLのチャンピオン見てみ。一強リーグは勝ててない。
ブンデスが勝てなくなったのはバイエルンのせいだよ。金力に任せてドルトムントいじめをやり過ぎた。
バイエルンには責任あるんだからここらちゃんとやってもらいたいよな。
[ 2019/06/13 17:27 ] [ 編集 ]
サネはドイツに戻るより国外で経験を伸ばした方が良いと思うけどね
ただマンCでの起用がイマイチだけど
[ 2019/06/13 18:34 ] [ 編集 ]
ブンデスが勝てなくなったのはバイエルンのせい?いやドルトムントのせいでもあるだろ?さんざんバイエルンを批判してたくせに金で下から監督選手引き抜き他国に売るドルトムントやファンが言えた義理じゃないわ、寧ろ他国の補強に加担してる分バイエルンよりタチ悪いと思うけども
[ 2019/06/15 06:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。