ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!イサークの買戻しには3000万ユーロが必要!!!《ドイツの反応》

【フスバールトランスファー】

買戻し権を所有!

イサークはこんなに高い!


isak4.jpg



19歳のアレクサンダー・イサークはオランダ1部のヴィレムⅡにおいて素晴らしいパフォーマンスを発揮したが、放出される事となった。レアル・ソシエダのサン・セバスティアンはこの選手の獲得を喜んでいる。BVBは買戻し権を所有している。



スポンサーリンク



ルシアン・ファヴレにとってはアレクサンダー・イサークは使い道がない。このスウェーデン人は来シーズンからスペイン1部のレアル・ソシエダでプレーするのだ。“AS”が報じたところによると、ソシエダは650万ユーロの移籍金で彼を獲得したとのことだ。さらに70万ユーロがボーナスとなるようだ。


しかしこれでドルトムントが完全にイサークを失ってしまったわけではない。スペインのスポーツ新聞によると、BVBは買戻し権を所有しているようだ。しかしこれは決して安くはない・。イサークをドルトムントに連れ戻すには3000万ユーロが必要なのだ。


ドルトムントは、“イサークがスペインで最高収めることを願っている。そして彼のパフォーマンスをこれからも追っていくだろう。”と発言していた。


当紙見解:ドルトムントはイサークを完全に見捨てたわけではないかった。しかしBVBがどうして力強いパフォーマンスの後で彼を完全移籍させたのかは疑問が残る。いずれにせよ3000万ユーロはソシエダにとっては良い数字だろう。






以上です。


どうやら買戻し権はちゃんとついていたようですが、650万ユーロで売って3000万ユーロで買い戻すというのは良いのかどうか分かりませんね。だったらもう一年ローンで移籍させたほうが良かったような気がします。監督としては使うつもりはないんでしょうが、クラブとしてはまだ成長する可能性に期待しているのかもしれないですね。

もちろん本人が完全移籍を希望した可能性もありますが・。

[ 2019/06/14 20:14 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(6)
ドルトムントがイサークに見捨てられたのでは
[ 2019/06/14 21:04 ] [ 編集 ]
ここ数年の課題である若くて使えるFWの確保のためでしょうね。難航しがちで決裂する交渉をするよりも……ということでしょう。
[ 2019/06/14 22:01 ] [ 編集 ]
4倍程度だし、買い戻し契約なんてそんなもんでしょ
成長したイサクが買い戻しに同意するかは知らんけど
[ 2019/06/14 23:11 ] [ 編集 ]
成長したら普通にビッグクラブに行くんじゃないですか?
[ 2019/06/15 02:31 ] [ 編集 ]
買い戻し条項にイサクは同意してるんだから
活躍して戻ってきたいという意思はあるんでしょ
[ 2019/06/15 09:57 ] [ 編集 ]
ファブレが使わないとなったら使わないからね
ゲッツェみたいに代用品みたいな役割受け入れるかどうか
[ 2019/06/15 14:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。