ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

バルセロナが久保建英の獲得でレアルに敗れた理由!!《ドイツの反応》

【フスバールオイローパ】

“日本のメッシ”

レアルが久保建英を獲得!

バルサがレアルに敗れた理由!


kubo6.jpg


公式に決まった。


レアル・マドリッドが日本のワンダーボーイ、久保建英の獲得争いにおいてバルセロナに勝利したのだ。


久保建英は、すでにFCバルセロナで何年もプレーしその魅力を発揮していた。この日本人はバルサで4年もプレーしていたのだ。


スポンサーリンク



しかしこの“日本のメッシ”は2015年にバルセロナを離れなければならなかった。バルセロナが未成年の移籍において、FIFAの規則に触れた事に対してペナルティが課せられたためだ。


しかし久保建英はFC東京でさらに成長し、プロ選手になっている。


久保は6月初めに18歳になったが、これでようやくヨーロッパに移籍できることになったのだ。


バルセロナはこの若い選手を連れ戻そうとし、さらにPSGやマンチェスター・シティも彼の獲得に興味を持っていた。


しかしレアルがこの素晴らしいテクニカ―をかっさらったのだ。“久保建英がレアル・マドリッドの選手となる。彼は新シーズンまずはBチームを助けることとなる。”とレアル・マドリッドは金曜日に発表している。


レアルは、この日本人が“類まれな技術”を有しており、さらに広い視野、そしてすばらしいドリブル力を有していることにも触れている。


レアルのペレス会長にとっては、久保の獲得はエデン・アザールに続くものとなる。


ではバルセロナはどうしてレアルに敗れたのだろうか?“ムンド・デポルティーボ”が報じたところによると、久保は100万ユーロの年俸を受け取るとされている。そしてどうやら彼は2020年に1部チームに昇格するという条件を契約書のなかに取り付けたようなのだ。


しかしどうやらバルサはこの要求には応じなかったようだ。


そのため久保は最初の計画であるバルセロナ行きをやめて、レアルを選んだのだ。








以上です。


移籍専門サイトのトランスファーマルクトでは、レアルは久保選手を早めに1部に昇格させるつもりであると報じられていましたが、どうやら2020年にトップチームに昇格する事が契約の条件に入っているようですね。


久保選手もそうですが、代理人もしっかりしていますね。楽しみです。

[ 2019/06/15 00:43 ] 久保 | TB(-) | CM(7)
バルサのフロントは何やってんだろうね。
同じ条件なら、たぶんバルサを選んだろうに。

なんで、代理人が提示した条件を蹴ったんだろうねぇ。
毎年、ラ・マシアに招待してまで関係をつないでたのにね。
[ 2019/06/15 06:06 ] [ 編集 ]
トップチーム入りしてもレギュラーはおろかベンチメンバー入りも厳しいでしょ流石に
早めにレンタルでそれなりのクラブに行ってもっと成長して欲しいですね
[ 2019/06/15 06:27 ] [ 編集 ]
代理人の佃氏が利己的であるとか巷では色々なことが言われていたけど、契約内容を見る限り、最善の選択をしたように思える。
個人的には、バルサの久保を見たかったが・・
[ 2019/06/15 07:50 ] [ 編集 ]
バルサが負けたかどうかは4〜5年経ってみないとわからん。久保サイドも先は不確定だからより条件のいいマドリー選んだんだろ。コケた場合の保険だよな。
まぁこの選手は素質はあるし体も出来てきた。1年前とは見違えるほど大人の体になった。軸が急速にできたな。
だけどまだ始まったばかりなので、2〜3年先に今のサンチョくらいになれればいいんじゃないですかね?
[ 2019/06/15 10:31 ] [ 編集 ]
塩漬けになる事は無さそうで何より
[ 2019/06/15 16:21 ] [ 編集 ]
今の状況で1年後にトップチームにする契約飲めなくても普通だろ
欧州でトップクラスの活躍をしたわけではなく
今後の成長次第なんだし
どんだけ有望な若手が思うほど成長できずに毎年消えていってる思ってるんだろうか
でもレアルは期待値込みでその条件を飲んだ
久保も条件が良い方を選んだ
ただそれだけなのに批判する意味が分からない
バルサのオファーは辛いものだったけど、クラブが持つ期待値の違いってだけ
本人がレアルに決めたんだからそこで活躍すれば何も問題はない

[ 2019/06/15 18:23 ] [ 編集 ]
自分を大事にしてくれるほうにいっただけですよね。レアルなら他リーグにレンタル可能

義理、人情で舐めたオファー飲み込む方が余計舐められるし、レアルに行くことでタフな選択ができる選手という事もアピールできたからよかったですね
[ 2019/06/15 19:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。