ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!本気でフンメルスの獲得に動く!!!すでにバイエルンと交渉開始!《ドイツの反応》

【ビルト】

ドルトムント!フンメルスの買戻しに動く!

hummels.jpg


ドルトムントが本気なっている。


来シーズン本気でタイトルを獲得するために、彼らは一大センセーションを計画しているところだ。スポーツビルトとビルトの情報によると、ドルトムントはフンメルスを買い戻す計画だ。




スポンサーリンク



すでにバイエルンとの交渉が始まっている。ドルトムントはフンメルスの獲得に興味がある事をバイエルンに公式に打診したのだ。バイエルンは、フンメルスの移籍の可能性についてニコ・コヴァチ監督に意見を聞いたところ、コヴァチはこれを受け入れたようだ。


移籍金は1500万ユーロから2000万ユーロになるとみられており、さらにボーナスが加算される見込みだ。フンメルスもリュカ・エルナンデスの獲得により、レギュラーが確定していない事を理解しているとみられている。



彼はドルトムントで2011年と2012年に優勝を経験している。ドルトムントにおいてフンメルスがバイエルンを倒すための重要な役割を担うべきとされている。


この2014年のワールドカップチャンピオンはバイエルンのユース育ちだが、今でもドルトムントは心のよりどころだ。彼は2008年にドルトムントに移籍し、2016年にミュンヘンに戻っていた。


フンメルスはここ最近移籍について考えている。彼がドルトムントに復帰するかどうか・・。あとはポーカーと本人の決断次第だ!


なぜならドルトムントにやってくるのであれば、彼は減給を受け入れなければならない。バイエルンで彼は1200万ユーロの年俸を受け取っているとされているが、ドルトムントでは1000万ユーロになるとみられている。




以上です。


すでに交渉が開始されたとのことですが、2000万ユーロで獲得できるのであれば、ぜひとも獲得してほしいですね。バイエルンは来シーズンはエルナンデス、ズィーレの二人を主力にするつもりでしょうから、フンメルスにとっても移籍は良いタイミングかもしれないですね。


[ 2019/06/15 17:50 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(10)
この移籍が成立したら、ますますこのクラブに対して冷ややかな目を向けますね
本当に一部のドイツ人選手だけには甘い
ゲッツェ買い戻すくらいだからやりそうですが、どんな顔して戻ってくるのか
これでは来季も優勝は無理ですね
[ 2019/06/15 18:09 ] [ 編集 ]
今の監督のドルに戻って来ますかね?
それならトゥヘルの時に移籍しなくても良かったのに、まあ性格的に選手と合わなかったイメージありますが、フンメルスはタイトル獲りたくて移籍して行ったのではなかったでしたか?
[ 2019/06/15 18:16 ] [ 編集 ]
超朗報。
実現するならシュルツが生きる。
あとはギュンに香川。
出来ればオーバもよろしく。
[ 2019/06/15 18:29 ] [ 編集 ]
ゲッツェみたく干されてる訳でもないのにバイエルンからドルに来るメリットって…
TMでもさっそく47%と意外に高いから少しは期待していいのかな?


[ 2019/06/15 19:00 ] [ 編集 ]
フンメルスももう30歳なのか、良い所に移籍するならラストチャンスかも
ドルに戻るも良し、バイエルンの時に話に出たような気もするプレミアに行くのも良し
しかし移籍金安いですねぇ
[ 2019/06/15 19:06 ] [ 編集 ]
あれ?CLリーグ取るために移籍したのでは?レギュラーじゃなくなったから戻るんですね?
[ 2019/06/15 19:18 ] [ 編集 ]
戻ってきてもファブレのことなので干す可能性もあるわけで
契約に出場確約は最低でも付けてもらいたいでしょうね
[ 2019/06/15 19:52 ] [ 編集 ]
ハハ、ナイスジョーク!
[ 2019/06/15 20:16 ] [ 編集 ]
もう最初からずっとドルに居ろよ…
[ 2019/06/15 21:23 ] [ 編集 ]
恥知らず
開いた口が塞がらないわ。
[ 2019/06/16 19:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。